サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

ロードムービー(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 280件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/10/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-277063-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ロードムービー

著者 辻村深月

運動神経抜群で学校の人気者のトシと気弱で友達の少ないワタル。小学五年生の彼らはある日、家出を決意する。きっかけは新学期。組替えで親しくなった二人がクラスから孤立し始めたこ...

もっと見る

ロードムービー

税込 660 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

ロードムービー (講談社文庫)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

運動神経抜群で学校の人気者のトシと気弱で友達の少ないワタル。小学五年生の彼らはある日、家出を決意する。きっかけは新学期。組替えで親しくなった二人がクラスから孤立し始めたことだった。「大丈夫、きっとうまくいく」(「ロードムービー」)。いつか見たあの校舎へ、懐かしさを刺激する表題作他、4編(「街灯」/「道の先」/「トーキョー語り」/「雪の降る道」 )収録。(講談社文庫)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー280件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

よく知ったあの人がいる!

2018/06/30 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:avocado - この投稿者のレビュー一覧を見る

「冷たい校舎の時は止まる」の登場人物が出てきて本当にびっくりしました。辻村さんの頭の中では、登場人物や、彼らがいる世界がしっかり構成されていて、人生のこともしっかり考えられているんだなぁと感心してしまいました。
人物相関表を作りたくなってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会

2018/11/05 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

単発で読んでも良いが、帯の裏にある通りの順番で読んだ方が一層面白い。
懐かしい、大好きだったあの人物に再会できる。あそこで終わりではなかったと、物語は続いているんだ、と思えることが嬉しかった。
刺激のある内容ではなかったが、ほんわかする物語だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

5つの孤独

2017/10/17 05:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

居場所を探して彷徨い歩く、子供たちの寄る辺のなさが伝わってきました。それぞれのキャラクターたちの、その後の人生が浮かんできました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み続けてきたから感慨深いみたいな

2016/11/03 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの小説で登場した人物のその後やそれ以前の話の短編集 個人的に一番好きなスロウハイツのその後はぐっときた。松永君の物語もほろっとするし、天才におとずれた青春も素敵だ。つながっていくということをあとがき?で浅井リョウさんがかかれていた。あとがきを読むとまた頭が整理されてすっきり。読み終わった後の余韻が心地よい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピンオフ

2016/04/22 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

冷たい校舎の時は止まるのスピンオフ本。辻村さんならではのそうだったのかそこに繋がるのか!この子があの子だったのかがたくさんあって2倍楽しめる感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

その後

2015/08/29 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

『冷たい校舎の時は止まる』のその後を垣間見ることができます。それぞれが自分の道をがんばって進んでいて、読んでホッとしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピンオフ短編集

2012/02/08 02:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとる - この投稿者のレビュー一覧を見る

全く前知識なしに読んだのだが、『冷たい校舎の時は止まる』のスピンオフ短編集とのこと。
しかし1名以外は気付かずに読んだのだが楽しめたので未読の人でも大丈夫なはず。
こういった他作とのリンクを探すのも辻村作品の楽しみである。
収録作としては、表題作は話のひっくり返し方が見えてしまう。しかし、『雪の降る道』と合わせて、比較的初期の辻村作品に感じた子供を描く上手さの感じられる作品になっていると思う。
最近の辻村作品では縁遠くなった、あたたかくも現実と隣り合わせのままならなさもあるエピソードが楽しめてよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まあまあの短編集

2018/05/04 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ロードムービー』は、『街灯』、『ロードムービー』、『道の先』、『トーキョー語り』、『雪の降る道』の5編を収録した短編集です。中でも『街灯』は特に短く、映画のワンシーンのようです。「ショートショート」の部類になるのかも知れませんが、その割にはその短い中で完結しているようには思えないので、そう呼ぶには少々抵抗を感じる作品です。

『ロードムービー』は小学5年生のトシとワタルが家出する話です。その理由やそれまでに二人に起こった出来事は家出の旅路の合間合間に少しずつ語られます。人気者のトシと嫌われ者の気の弱いワタルが同じクラスになって友達になった途端に変化するクラスの力関係。クラスで力を持つアカリがトシに相手にされないことを恨んでか、トシの追い落としにかかります。そのクラスでの出来事と家出は全然関係ないのですが、まあ、【友情】のお話しですね。

『道の先』は大学生で、「明和学院」という塾の講師を務める主人公と塾の生徒で中学3年生の大宮千晶の物語。千晶はお金持ちのお嬢様で塾でも一目置かれている大人びた子で、「先生いじめ」を趣味としているのですが、語り手である先生だけはすぐに「合格」を出し、恋愛的な好意を抱くようになります。先生の方はその気持ちの方は相手にしませんが、彼女の具体的に語られることのない悩みや痛みを汲み取って受け止めようとします。そして最後は『道の先』というタイトルに相応しく、どちらも(別々に)旅に出る。。。感じです。メッセージは「大丈夫。いつかこうして立てる日がくる。歩ける日がくる。」という励まし。

『トーキョー語り』は、各学年に1クラスずつしかないような田舎の高校生・さくらと東京から来たという転入生の物語。東京に対する憧れや妬みや劣等感がよく表られている作品で、そうした感情がクラス内の人間関係にも影響する様子がよく描かれています。さくらは気が弱く、いやだと思っても黙って受け入れてしまうところがあるのですが、事情のある転入生をめぐるクラスメートたち、特に中心人物である一美に反発を覚えて、行動に出るに至る成長が微笑ましいです。

『雪の降る道』は、小学2年生の「みーちゃん」と「ヒロちゃん」という近所のお兄さんの死がショックで熱を出して学校を休み続けている「ヒロくん」の物語。みーちゃんは毎日ヒロくんのお見舞いに行き、なにかしらお土産をもっていきますが、ヒロくんの方はその好意を素直に受け入れられず、自分の悲しみにとらわれてしまっています。そしてある日ヒロくんの吐いた暴言のせいでみーちゃんが雪が降る中行方不明になってしまいます。彼女はどこへ行き、何をしようとしていたのかー?
みーちゃんの素直さとヒロくんを思う気持ちがとてもけなげで、どうかそのまま成長して欲しいと願わずにはいられない、ほっこりするエピソードです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冷たい校舎の時は止まるを読んだ方なら、必見の短編集!

2018/02/15 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっぱちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月さんの、「冷たい校舎の時は止まる」という作品があります。そこに出てくる、
八人のキャラクター。そのうちの何人かのサイドストーリーがおさめられています。文庫だけの特別編「トーキョー語り」も収録。本音を言うと、思ったより、八人が出てこなかったのですが、まあ、普通におもしろい作品です。ただ、冷たい校舎の時は止まるを読んでから読まなければいけません。読んだほうがいいのではありません。読まなければいけません!
 ぜひ、冷たい校舎の時は止まるとともにどうぞ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

万人が騙される短編

2015/03/26 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピンオフだと分かっていたのに全然伏線が読めんかった。特に表題作には えぇっ!?ってなりますよね。万人が騙される短編でしょう。好きなのは『道の先』、でも『トーキョー語り』の遠山さんには一発で惚れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/23 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。