サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~12/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

賢者はベンチで思索する(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/11/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-771603-5
一般書

電子書籍

賢者はベンチで思索する

著者 近藤史恵 (著)

ファミレスでバイトをしているフリーターの久里子。常連には、いつも同じ窓際の席で何時間もコーヒー1杯で粘る不思議な老人・国枝がいる。ある日、公園で毒入りの犬の餌がまかれると...

もっと見る

賢者はベンチで思索する

税込 628 171pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

賢者はベンチで思索する (文春文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ファミレスでバイトをしているフリーターの久里子。常連には、いつも同じ窓際の席で何時間もコーヒー1杯で粘る不思議な老人・国枝がいる。ある日、公園で毒入りの犬の餌がまかれるという事件が連続して起こり、久里子の愛犬・アンも誤って食べてしまう。幸いアンは一命をとりとめたが、犯人はいったい誰なのか? 事件の解決に乗り出したのは、意外なことにあの国枝老人だった……! 人と人のつながりの不思議を独特の筆致で描く、日常を見すえた新感覚ミステリー。

著者紹介

近藤史恵 (著)

略歴
1969年大阪府生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。93年「凍える島」で鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。「サクリファイス」で大藪春彦賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

今を生きにくいと感じているのは、決して自分だけではない。

2008/09/16 21:43

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ファミレスで働くフリーターの久里子は、気になる客がいた。それは、毎日同じ席で何時間もすごす老人。彼女の愛犬が巻き込まれた事件をきっかけに、彼女は老人と親しくなっていく。

 いわゆる「日常のミステリー」という部類にはいるのだろう。で、謎を解くには老人で、久里子はその助手のようになって動く、といういわば王道。
 しかしながら、それだけではないひっかかりがある。
 
 主人公の久里子は、専門学校を卒業したものの上手く就職できずファミレスでアルバイトをしている。弟は、高校で挫折し、引きこもりのような浪人生活を送っている。そして、老人も…。誰もかれもが生きにくいとあがいている。
 誰も特別ではない。
 ミステリーといういわば非日常の世界を描きながら、そこにあるのは、同じように悩み同じように傷ついているという人の普遍的な姿なのだ。
 そして、その閉塞から脱却することを、それは久里子だけに当てはまったことなのかもしれないけれど、特別なことは何もなく、ただきちんと前を向いて地道に生きていく彼女には光を感じる。
 その光には、老人の力が少なからず関与しているのだけど。
 彼女は、老人と出会うことで変わり、彼女が変わったことで弟も変わっていく。世界はビリヤードの玉のように、ぶつかり合うことで変わっていく。そこに光がある。

 楽しく読んだ後、漠然と「優しい世界」を希求する自分がいた。
 人は誰もが違う。けれど、誰も同じように悩み苦しんでいる。そういうことを皆がそれぞれに受け止められる、そんな優しい世界。
 だから、非日常(ミステリー)なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知的で粋な老人がカッコいい

2019/05/21 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:如月 弥生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

躍動感ある笑顔のエンディングが強く印象に残ります。伏線が最高に生きてます。「久里子ちゃん、良かったね」と地下鉄の中で一人口角を上げてしまいました。

大げさな表現もなく、奇をてらった展開もない物語なのにお気に入りの小説になりました。誰かが特別に不幸になったり、痛めつけられることもないので、心穏やかに読み続けられます。だからと言って退屈ではありません。

最後まで謎に包まれたままの老人がキーパーソンです。普段はボケ老人のような素振りをしていますが、実は世の中をよく観察し、常識をわきまえているので、警察に追われるようなことをしていても平然と生活しています。冷静沈着な老人、妙にかっこいいです。

主人公の女性はいたって普通。特別な能力や野心など、カケラほども持っていません。思う通りの就職ができず、アルバイト生活を続けることに不安を感じる毎日。美人というわけでもなさそうです。ちょっと冴えないです。

そんな老人と二十歳そこそこの女性が、日常生活の中で遭遇する謎を解いていきます。少しばかり刑事さんも登場する事件もありますが脇役です。

とにかく、予感にときめき、駆け出すシーンのエンディングが大好きです。とても可愛い飛びっきり笑顔の久里子ちゃんが想像できて幸せです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

派手じゃないけど面白い!

2015/08/28 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Matthew - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は今どきのフリーター女子。引きこもりの弟がいたりありきたりな設定ながら、よく練られたミステリーにはまります!ありそうな設定だからこそ、自分の周りでも起きそうな説得力のあるミステリーだと思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近藤史恵の「日常の謎」

2016/11/23 12:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

この著者の作品はデビュー作に始まり、今泉のシリーズやサクリファイスシリーズなど読みましたが、そこはかとなく影を感じました。これは希望のあるラストで、雰囲気が違いますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/18 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/24 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/08 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/28 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/11 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/14 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。