サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 182件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 販売開始日:2012/12/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-100121-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

古都

著者 川端康成

捨子ではあったが京の商家の一人娘として美しく成長した千重子は、祇園祭の夜、自分に瓜二つの村娘苗子に出逢い、胸が騒いだ。二人はふたごだった。互いにひかれあい、懐かしみあいな...

もっと見る

古都

税込 539 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.4MB 無制限
Android EPUB 3.4MB 無制限
Win EPUB 3.4MB 無制限
Mac EPUB 3.4MB 無制限

古都 (新潮文庫 か-1-16)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

捨子ではあったが京の商家の一人娘として美しく成長した千重子は、祇園祭の夜、自分に瓜二つの村娘苗子に出逢い、胸が騒いだ。二人はふたごだった。互いにひかれあい、懐かしみあいながらも永すぎた環境の違いから一緒には暮すことができない……。古都の深い面影、移ろう四季の景物の中に由緒ある史蹟のかずかずを織り込み、流麗な筆致で描く美しい長編小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー182件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

花も木も、祭りも工芸も、言葉も仏も、史蹟も人の縁も、気質も情も、女性の色香も老いの孤独も、すべてその腕に包みこんでしまう古都の魅力と誘惑。

2002/07/02 00:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずいぶん昔の話で恐縮だが、川端康成の『古都』といえば、昭和を代表するアイドル山口百恵の主演で映画化されて話題になった。そのお陰で、町の大店のお嬢さんと北山杉の里の素朴な娘が実は双子だった…という設定は知っていた。しかし如何せん「川端康成の顔が嫌い」「屈折した性が好みに合わなそう」という次元の低い理由でずっと食わず嫌いをしていたから、今回読んでみて、「ああ、不覚だった」と痛感させられる破目になった。

 年も重ねて大人になってきたのだし、苦手なものはひとつひとつ克服していこうという発想で手に取る——まあ何とも変な動機の読書ではある。新潮文庫のカバー袖には、やはり相変わらず好きにはなれない作家の顔写真が掲載されている。正直言ってキモい。
 でも、「屈折した性」の方は、時代もここまで来て屈折したものがすべて出尽くしたかという感も否めない。少しずつ読んでいる『みずうみ』なんて、ストーカー小説である。あっぱれ大した先駆者ぶりだと感心してしまう。読了した『片腕』に収められている3篇も、死体愛好症の傾向が読み取れるが、今ちまたにあふれているホラーやミステリーに登場するそれとは段違いである。圧倒的な美意識に貫かれていて見事だ。

 さて、肝心の『古都』であるが、ここでは性の嫌悪からくる屈折の陰はほとんど消え失せている。わずかに、主人公・千恵子の父親の昔の遊蕩、その残滓という形でエロっぽい場面が差し挟まれてはいるものの、ふたりの若く美しい女性たちの聖域に落とす陰はない。結婚前のけがれひとつない乙女らの物語は、どこまでも清く澄んでいる。
 この小説は、睡眠薬ジャンキーの状態で書かれたらしい。あとがきに明らかにされているが、眠り薬が書かせたようなもの、「私の異常な所産」だという告白、にわかには信じ難い。詩人のアンリ・ミショーが、幻覚剤メスカリンを用いて実験的に描いたデッサンのような「執拗」とは無縁に思える。だがあるいは、古都を美しい要素の総体として描こうとしたことのこだわりを、薬による執拗さの発現と取ることも可能かもしれないとは思う。

 結婚相手の話題が取り沙汰される年頃に達した呉服問屋の一人娘・千恵子は、赤子のときに両親がさらってきたという話が信じられず、自分では捨て子だったのだと解釈している。
 女友だちの誘いで高雄にもみじの若葉を見に行った日、北山杉の里で、自分そっくりのひな姿の娘を見かけるが、あまり気には留めない。しかし、祇園祭の夜、偶然出くわした娘と言葉を交わすうち、自分が娘と双子の姉妹であることを認識するに至る。
 千恵子と苗子という名のその娘は、互いの生活にしっかり根を張っているため、相手の世界を侵さないよう尊重し合いながら交流を深めていく。

 春のすみれのエピソードに始まり、淡雪降る早朝に終わるこの小説には、京都の移ろう四季の景色や史蹟、祭りや暮らしが贅沢に織り込まれている。「不覚だった」という思いは、何回も京都を訪れていながらこの小説を読んでいなかった悔いとして湧いてきた。一生のうち1年でいいから住んでみたい土地だと前から願っているのだが、その思いを改めて深めさせられた。
 娘たちの身に起きたドラマよりも、その娘たちすら古都の点描でしかないという扱いが見事である。私もまた、小さな点のひとつとして、あの町に存在して溶け込ませてもらいたいのだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

柔らかく切ない物語

2019/07/30 04:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pixel - この投稿者のレビュー一覧を見る

美しく切ない物語。恥ずかしながら川端さんの作品を初めて拝読したのですが、日本語ってここまで美しいのか…と心に沁みわたるような文章でした。
旅行でたびたび訪れた京都の風景が思い起こされます。この本を読んでいたら違った風景で京都を歩いたように思います。

物語の続きはどうなったのか…とついつい気になるのでした。

(睡眠薬でほぼ記憶がない作品だとあとがきで知り、びっくりです)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

美しい京都の情景が浮かぶ

2017/03/26 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品は難解なイメージがあるが、それほど難解ではなく、京都の春から始まり冬までの四季や祭に沿って物語が進むので読みやすい。美しくせつない物語であるが、50年以上も前に書かれたため、理解しにくい場面や単語も出てくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都の描写

2015/12/05 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

川端康成は京都に暮らしてこの作品を書いたといわれています。
京都の魅力と姉妹の運命の描写が素晴らしいと思います。
BSーTBSの番組で本作品が紹介されていて、川端康成を久しぶりに読んだのですが、やはり文豪ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ただただ美しい

2016/05/13 01:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都の自然と祭事の記述が、とても美しい。それに京ことばが彩を添えていて、自分なりに黙読している声に、肩の力が抜ける感じがした。色々と京都について楽しく学べるというだけでも、この本は一読の価値があると思う。物語の展開も、遅すぎず早すぎず、丁度いいと感じた。古風な中にも、現代に通じる恋愛模様。現代調の作品に飽きたら、ぜひ、息抜きにどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同じ顔を持ちながら

2020/10/12 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

対極的な道のりを歩んできたふたりが出会う祭りの夜が幻想的でした。京都の四季折々の美しさと、運命の皮肉とのコントラストも秀逸です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/20 04:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/21 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/16 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/26 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/16 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/05 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/12 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。