サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. 国家なる幻影
  8. 国家なる幻影(下) わが政治への反回想
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/11/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-712805-0
一般書

電子書籍

国家なる幻影(下) わが政治への反回想

著者 石原慎太郎 (著)

不毛の一語に尽きた40日抗争は、初の衆参同日選挙を生み、大平首相は急死。後継の鈴木内閣で中川一郎擁立を図るが、中曾根政権が誕生する。そして中川の自殺、フィリピンの友人ベニ...

もっと見る

国家なる幻影(下) わが政治への反回想

税込 607 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

国家なる幻影 わが政治への反回想 下 (文春文庫)

税込 607 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不毛の一語に尽きた40日抗争は、初の衆参同日選挙を生み、大平首相は急死。後継の鈴木内閣で中川一郎擁立を図るが、中曾根政権が誕生する。そして中川の自殺、フィリピンの友人ベニグノ・アキノ暗殺に、政治の世界の地獄絵を見る──総裁選出馬を経て平成5年、自民党が下野するにいたるまでを追想する。それはまさに人間を見据える文学者にしか描けない、権力をめぐる者たちの生々しい情念のドラマ。石原氏が、自らの25年間の政治生活のすべてを描き切った回顧録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「国政への決別の書」

2002/08/20 08:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:富澤 正太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

  この書籍を読んだのははじめてであるが、書いてあることの一つ一つが新聞で「特ダネ」になりそうなことばかりである。たとえば、
○ マルコスフィリピン大統領の公然とした、「ワイロ要求」
○ 河野洋平氏のあまりにもお粗末な政策
○ 大韓航空機撃墜の真相
○ 暗殺の予告をされていたアキノ氏
○ 中川一郎氏の死の原因について

などなど、戦後政治史のポイントとなる事件を独特の表現でうまく伝えている。上巻に引き続き、下巻もわくわくしながら読ませてもらった。
 政治の裏側というものも、結局、私たちと同じような原理原則で動いている、いやそれ以上に低レベルな原理で動くものであることがわかった。しかしそれにしても、石原氏であるがゆえにこのような文章にするとどぎつく感じることも、一種抽象的な表現でまとめているところが、読み物として充実した印象を持たせる。
 ところで、この書籍はいったん政治の場から引退した後に執筆されたものである。最終章では、衆議院議員を辞任するとき、なぜそういたったのか、そしてそうした結果、なんと在職25周年の記念の演説時にその発表をする、という破天荒さ。最後にはその演説が詳細に掲載されている。おそらく彼としてはこの演説に自分の想いを託しているに違いない。これを読むと、当時、本当に政治の場から引退したかったに違いない、と感じられる。
政治はどうなるか分からない。いったん引退をしたが現在でも国政に大きな影響を与えてはいる。しかし、直接自らが復帰することはあるのか、まだまだ流動的であると思う。
 この手の書籍にしばらく会わなかっただけに堪能させてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/22 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。