サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/12/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-660871-3
一般書

電子書籍

日本破滅論

著者 藤井聡 (著),中野剛志 (著)

震災復興の遅れ、脱出できないデフレ、不毛な議論の続くTPP、否応なく巻き込まれるグローバル恐慌、橋下徹を生んだポピュリズム、「ネバーギブアップ」で導入する増税。これらの「...

もっと見る

日本破滅論

税込 847 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

日本破滅論 (文春新書)

税込 847 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

震災復興の遅れ、脱出できないデフレ、不毛な議論の続くTPP、否応なく巻き込まれるグローバル恐慌、橋下徹を生んだポピュリズム、「ネバーギブアップ」で導入する増税。これらの「危機」をもたらした犯人は誰だ? 政治家、官僚、学者、マスメディア……『公共事業が日本を救う』の藤井聡さん、『TPP亡国論』の中野剛志さん、気鋭の論客2人が日本の没落をもたらした様々な「罠」を撫斬りにする衝撃の書。

著者紹介

藤井聡 (著)

略歴
1968年奈良県生まれ。京都大学大学院教授、同大学レジリエンス研究ユニット長。著書に「列強強靱化論」等。

中野剛志 (著)

略歴
1971年神奈川県生まれ。専門は経営ナショナリズム。著書に「国力論」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

怒りの藤井聡、哀しみの中野剛志による日本経済と官僚の凋落の謎解き

2020/07/30 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:歯職人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

橋本行革、小泉改革、竹中構造改革、民主党政権、日本はどこで間違えたのか、一時は「世界第2の経済大国」と呼ばれた日本の経済的凋落の軌跡を、2012年時点で背景となった文化、政治思想を視野に入れて論じた一冊です。
 2020年7月時点で読み返すと、藤井聡氏と中野剛志氏が2019年の消費増税、2020年のコロナ禍に果敢に発言を続けた学問への姿勢と生き方に納得できる。
 反グローバリズム、反緊縮財政、MMT理論普及の先導者として両氏を知る上で、過去の言説を知るための一冊として貴重である。出版時点は、中野剛志氏が経済産業省から京都大学教員に派遣され2年間の期限終了時にあたる。
 是非お読みいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社会科学の影響

2016/06/21 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天気予報ははずれても自然の原理が崩れたことにはならないが、経済政策は誤ると社会に甚大な被害を与える。専門家はご存知かしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/08 05:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/23 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/17 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/28 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/01 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。