サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 214件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/01/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-211341-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―

著者 モンゴメリ,村岡花子/訳

ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エ...

もっと見る

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―

799 (税込)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

赤毛のアン (新潮文庫 赤毛のアン・シリーズ)

767(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく――。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー214件

みんなの評価4.6

評価内訳

電子書籍

無邪気さもありながら、感受性の強い年頃の少女アンのお話

2017/08/03 08:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4,5年という期間での彼女の変化を描いている物語ですが、終わりの方では、本当に凄い成長が感じられる一方で、前と変わらない(いい意味での)子供っぽさも残っていますね。

私は男性ですが、この本のアンぐらいの年だった頃は、他人になかなか理解してもらい難い自分の世界観、あるいは哲学を持っている、といったら大仰かもしれませんが、やっぱりそんなところがあって生きづらさを感じるタイプでした。
だから、アンとは多かれ少なかれベクトルの違いはある(もちろん、作者のモンゴメリ氏も女性の方ですし、その違いも主に「性差」に起因するものといえるかもしれませんね)ものの、彼女には共感できる箇所が多かったです。

もう一つ、性格的なところを言えば、私自身、「生きづらさを感じるタイプ」というのは今もそうなのかもしれません。
ただ、当時は学校の勉強はそこそこ好きでも本を読むのは嫌いで、夏休みの読書感想文なんかは苦行以外の何ものでもありませんでしたが、そんな私が社会人になった今ではhontoでレビューを書いているくらいですから、「根本的な人格は変わっていなくても、どこかしらで精神的に成長している」というのは彼女とも通じるところがあるなあと思うんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西洋文学の代表作

2016/03/26 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:受験のプロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな子供から大きなおとなまでみんなが楽しめる本です。
それぞれの登場人物の気持ちになって、何度も読むことでまた違った味わいが楽しめる最高の傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一生読める作品

2015/11/12 00:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Lilypiano - この投稿者のレビュー一覧を見る

「赤毛のアン」は子供の頃にアニメから入った為あらすじは全て知っていましたが、成人してから文章で読みたいと思い、本書を手にとりました。
アニメにはなかった“おばけの森”のエピソードとの出会いや、文章で読むことでより登場人物の心理を知ることができたことによって、改めてこの作品の素晴らしさを感じました。

訳者による違いについては私はあまり詳しくないので良し悪しの判断はしかねますが、個人的にはアンがマシュウのことを『マシュウ小父さん』と呼んでいる事に違和感を感じたものの、他は特に気になるようなこともなく、とても読みやすかったです。
※違和感は私がアニメから入ったからであって、最初に本から入った人だったらまた違うかもしれません。

赤毛のアンの作品そのものは、子供の頃にはアン目線で、大人になったらマリラやマシュウ目線で・・と、その時その時でいろいろな視点から考えたり感じることの出来る、一生楽しめる作品だと思います。

続編の「アンの青春」、「アンの愛情」も読んでみる予定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力たっぷりの女の子

2002/06/08 18:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MIKANCAT - この投稿者のレビュー一覧を見る

器量よしではないけれど、いのちあふれる魅力でまわりの人間をとりこにするアン。ストーリーはアンが巻き起こす様々な騒動で展開されていきますが、この本のいちばんの魅力はこれから理想の女性へと成長していくアンの姿そのものなのだと思います。「赤毛のアン」は読んだことがあってもその後に続くアンシリーズを読んだことがない人は多いと思いますが、1巻で出会ったこの少女がどんな女性、母親へと成長していくのかぜひ続刊で追ってみてください。自分はどんな大人になりたいのか、何を大切に生きていきたいのか、自分の人生について深く考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2001/08/01 12:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこいらず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは「愛」をめぐるお話であり、涙も笑いも感動もすべてそろっている。『母をたずねて三千里』とおなじく、『火垂るの墓』の高畠勲によるアニメもすばらしかったが、もちろん面白さでは、やはりかなわない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前向きなアン

2001/10/06 03:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗斗実 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 赤毛のアンというと、空想好きでおしゃべりなおてんば少女がいろんな騒ぎを起こしつつも周囲から愛される、という印象をもってしまう。しかし、本文にもあるように、彼女がグリーンゲイブルスにやってくる前の十年余りの彼女を考えると、そのたくましさに胸がいっぱいになる。
 彼女は決して恵まれた環境にはいなかった。どこへ行っても居場所はなく、誰からも欲しがられず、愛情というものを受けたことがなかった。それでも空想の世界で幸せだと自分に言いきかせながら生きてきたアン。彼女のその、どんな状況に置かれようとも前向きでいた姿勢に、私は見習わなければならない点があると思った。
 そのもって生まれた才能とでも言うべき性質によって、彼女はその後のシリーズでも幸せに生きていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画やアニメとはちがう

2017/07/30 16:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CORE - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある程度ストーリーを知っている方なら難なく読めるが、まったく知らないとなると読みづらいかと思う。
アンのおしゃべりの内容についていけない笑
話してる途中で何度も話題が変わるから、頭が混乱してしまう。
そして話し方(謝罪)もわざとらしくて読んでるこっちが恥ずかしくなる。DVDは何度も見てすごく好きだけど、この本の中のアンは好きになれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代をこえて、世界中の読者を魅了し続けるアンの物語

2000/08/16 16:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金原瑞人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カナダの片田舎アボンリーで、ある老兄妹が、畑仕事を手伝ってくれる男の子をひきとることを決めた。そこに手違いでやってきた女の子が、赤毛のアンだ。アンは、おしゃべりで空想好きな、風変わりな女の子。老兄妹はともに独身で、子育ての経験もなく、アンの人なつっこさに戸惑いながらも、いつしかアンが、かけがえのない家族になっていることに気づく。アンは、アボンリーの豊かな自然につつまれて、いろんな騒動を起こしながらも、愛情に満ちた幸せな人生を歩んでいく。
 
 『赤毛のアン』から始まるアンブックス(『アンの青春』、『アンの愛情』、『アンの友達』、『アンの幸福』、『アンの夢の家』、『炉辺荘のアン』、『アンをめぐる人々』、『虹の谷のアン』、『アンの娘リラ』)は、やせっぽちでおてんばな女の子だったアンが成長していく過程を軸に、美しいカナダの自然と、そこで生活する平凡な人々の日常をいきいきと描いた名作だ。作者モンゴメリは、繊細な観察眼と抜群のユーモアセンスで、人間をあたたかい目で見つめている。料理や畑仕事、勉強や遊びといった日常生活のひとコマから、恋愛や結婚、誕生や死に至るまで、人生のあらゆる断片がみずみずしい筆致で丁寧に描かれ、アンを始めとする登場人物ひとりひとりが確かな存在感を持っている。
 
 『赤毛のアン』が世に出た一九〇八年から、百年近い歳月が流れている。それでもアンのファンは絶えることがない。インターネットには、数千件に及ぶアン関連のホームページがあり、日本での翻訳書も、既に十人以上の訳者によって、完訳や抄訳が次々に出されている。それほどまでに人を惹きつける理由が、この本にはたしかにある。思い込みが激しく失敗も多いが、楽天的で行動的なアンは、これからも多くの読者に愛され続けるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/20 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/24 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/14 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/01 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/23 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む