サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

【特集】2022年上半期ランキング ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/01/04
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610180-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

海賊の掟(新潮新書)

著者 山田吉彦 (著)

ギリシア神話の昔から、大航海時代のキッド、ドレーク、あるいはカリブの海賊たち、日本でも藤原純友、倭寇、水軍、そして今日のマラッカ海峡に出没する略奪者に至るまで――古今東西...

もっと見る

海賊の掟(新潮新書)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 2.2MB
Android XMDF 2.2MB
Win XMDF 2.2MB

海賊の掟 (新潮新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ギリシア神話の昔から、大航海時代のキッド、ドレーク、あるいはカリブの海賊たち、日本でも藤原純友、倭寇、水軍、そして今日のマラッカ海峡に出没する略奪者に至るまで――古今東西、海のあるところ常に存在した海賊。国家や法律などの枠組みから抜け落ちた成らず者集団であったが、一方で必ず独自の掟を設け、驚くほど民主的な共同体を作り上げていた。映画やアニメの世界などでは窺えぬ、本当の“奴ら”の実態。

著者紹介

山田吉彦 (著)

略歴
1962年千葉県生まれ。学習院大学卒業。日本財団に勤務。東海大学海洋学部非常勤講師。著書に「日本の国境」「海のテロリズム」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代の海賊の実像を含めた、海賊史概説書

2008/09/12 18:46

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いえぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

海の上で数々の悪行をなし、歴史的にも少なくない役割を果たした海賊たちを題材にした物語は、欧米などではもちろん、この日本においても、海洋冒険的要素と、ピカレスク・ロマンを兼ね合わせた性質を持っていることもあり、確固たるジャンルを形成していると言えます。「ワンピース」などがその代表例ですが、主人公たちが単なる泥棒ではなく、冒険者や探求者としての側面を、では持たせることができるために、過度に荒涼とした展開に陥りにくいのも「海賊もの」が好かれている一因かも知れません。

本書「海賊の掟」は、物語上ではなく、実在した海賊がどのようなものだったかを、紹介している一冊です。まず、現代に暗躍する海賊の実態を報じた上で、海賊史全般の解説へと移るという流れが取られており、いわゆる「大航海時代」の大海賊たちだけではなく、海賊の起源や衰退についても言及されており、日本の海賊についての記述もしっかりとなされています。有名な海賊たちのエピソードだけではなく、往時の海賊生活や規則についてなど、まんべんなくバランスの取れた知識を得ることができるでしょう。ただ、本書のタイトルでもある「海賊の掟」に関する部分については、他の項目と同じように、概説的にさらりと述べられているのみで、かつての海賊の膨大な航海手記や、元海賊によるルポタージュなど、「掟」に関する特別にディープな情報が記されているわけではありません。本書については、「海賊概説」とでもタイトル付けしてあった方が、実態を表しているように、個人的には感じられました。

とは言え、古今東西の海賊に関する基本的知識について、全方位的に知ることができるという意味で、本書は概説書として非常に優れていると言えます。文章のテンポも良く、読んでいて疲れることなく、自然な形で覚えていくことができるのもポイントです。その上、価格としてもリーズナブルなので、これから海賊のことについて知りたいという方に、安心しておススメすることができる一冊だと言えます。入門書としてはもちろん、「海賊もの」の書籍やゲームなどを読む際の副読本として読んでいくのも面白いのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/26 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/21 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/18 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/21 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/18 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。