サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/01/04
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610301-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

中華美味紀行(新潮新書)

著者 南條竹則 (著)

あるときは「小林秀雄の蟹まんじゅう」を求めて揚州の小路に入り込み、あるときは杭州の高級料理店で満漢全席の至福に身をゆだね、またあるときは変わりゆく北京下町のもつ煮屋で浅草...

もっと見る

中華美味紀行(新潮新書)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.5MB
Android XMDF 1.5MB
Win XMDF 1.5MB

中華美味紀行 (新潮新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あるときは「小林秀雄の蟹まんじゅう」を求めて揚州の小路に入り込み、あるときは杭州の高級料理店で満漢全席の至福に身をゆだね、またあるときは変わりゆく北京下町のもつ煮屋で浅草を思う――。中華文化圏がその懐深くに抱く、千変万化の食文化。その魅力にとりつかれた作家が、縦横無尽の食べ歩きを通じて出会った「ホンモノ」の数々を綴る十五章!

著者紹介

南條竹則 (著)

略歴
1958年東京生まれ。東京大学大学院英語英文学修士課程修了。作家、翻訳家。学習院大学非常勤講師。中華料理をこよなく愛し、中華文化圏を幅広く食べ歩く。著書に「美人料理」「酒仙」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

「点心」より、もう少し気取らないのが「小吃」

2009/06/02 12:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7ひきのこぶた - この投稿者のレビュー一覧を見る

 中国には「小吃」という言葉がある。「小吃(小食という言い方もある)という言葉の意味するところは、日本語で「軽食」「おやつ」というのに一番近いだろう。重たい本格的な料理ではなく、ちょっと小腹を満たすためにたべるものが小吃だ。内容は何でも良い。(中略)これを我が国の食べ物に当てはめれば、汁粉も、桜餅も、たこ焼きも小吃なら、鮨もおでんも、その一品一品は小吃。(中略)その昔屋台で売っていた頃は小吃だった」。
それと意味が近い言葉に「点心」がある。ただし同じではない。餃子とか饅頭(まんとう)のように、小吃の中でも、いくらか手間ひまをかけて作られるものは、点心と呼んでもいいが、「生の大根をサッと切って小皿に盛ったものは、小吃とは言っても、点心とはあまり言わないだろう」。本書は、著者が旅先で出会った小吃を軸に記したものである。

 《一 小林秀雄の「蟹まんじゅう」…揚州》《二 汁そばいろいろ…南京、杭州、蘇州》《三 高級宴席の点心、街角の小吃…杭州》《四 甘くても「主食」…南京、南潯》《五 冒菜、蒸菜、焼菜、涼菜、炒菜…成都》《六 臭豆腐と毛沢東…長沙》《七 パンちぎりの技…西安、北京》《八 蕎麦を見つけた!…成都、西安》《九 巻く、くるむ、包む…山東省》《十 伝統の発酵飲料…北京》《十一 下町の「煮込み」屋…北京》《十二 老舗料理店の楽しみ方…開封》《十三 関羽の巨大パン…成都、洛陽》《十四 小吃天国の「肉円」…台湾》《十五 砂糖か塩か…台北、無錫、昆陽》

 著者は、いわゆる“グルメ=美食家”ではないだろう。“グルマン=食いしん坊”と評したほうがふさわしい。能書きを垂れることなく、挑戦三昧。本当に中華料理が好きなんだろうなあと、感じさせる本であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中国に行って,たべたくなる

2011/03/12 19:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が中国各地でたべたおいしいものについて書いている. そのなかには高価なものもあるが,まちなかで売っている庶民的なたべものもある. やすいたべもののなかにも,おいしいものがある. 著者はそういうものをたくさん紹介している. 私も中国のあっちこっちに行って,たべたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/24 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/30 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/23 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。