サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 早川書房
  6. 天冥の標
  7. 天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)
天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/01/31
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-030969-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)

著者 小川一水 (著)

謎の疫病の感染源は、出自不明の怪物イサリだった。太古から伝わる抗ウイルス薬で感染を食い止めたカドムだったが、臨時総督府にイサリを奪われてしまう。一方、首都オリゲネスの議員...

もっと見る

天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)

税込 648 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

天冥の標 1下 メニー・メニー・シープ 下 (ハヤカワ文庫 JA)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

謎の疫病の感染源は、出自不明の怪物イサリだった。太古から伝わる抗ウイルス薬で感染を食い止めたカドムだったが、臨時総督府にイサリを奪われてしまう。一方、首都オリゲネスの議員エランカもまた、ユレイン三世の圧政に疑問を抱いていた。彼女は自由人の集団《恋人たち》と知りあうが、ユレイン三世はその大規模な弾圧を開始する。新天地を求めて航海に出た《海の一統》のアクリラは、驚愕すべき光景を目にするが……

著者紹介

小川一水 (著)

略歴
1975年岐阜県生まれ。著書に「臨機巧緻のディープ・ブルー」「導きの星」「天冥の標」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

謎がいっぱい、というか、何が謎なのかもまだよく分からない

2009/09/20 23:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 セナーセー市がついに臨時総督に叛旗を翻すも、軍警の圧倒的物量の前に敗北してしまう。地下に潜って革命活動を続けるアクリラ、カドム、エランカは、ラゴスやイサリの助けを借り、その他の市を巻き込みつつ、軍警の内部分裂、そして臨時総督の捕縛を目指すのだが。
 …という感じで、人間が争う感じで話が進んでいくなあ、と思っていると最後に話はとんでもない方に向かう。本を読むにしても、自分が人間だという前提からはなかなか脱却できないものだと痛感した。描写の割合とかを考慮に入れれば、単なる脇役で終わるはずはないんだよね。

 情報の断片は無数にあるとしても、それを再構築しストーリーを作るのは個人であり、そのストーリーは個人の常識の幅に依存せざるを得ない。例えば、遺跡を掘り返して何か人工物が出て来たとして、それが何に使うものかを推測するのは考古学者である。そして、その推論がある程度確からしいと考えられるのは、それを利用したのが自分たちと同じ種族であり、同様の思考形式を持つという前提があるからだと思う。どんぶりの様な土器が出てくれば何か水ものを入れたのだろうと想像するのが人間で、それ自体が食糧だったとは考えもしないだろう。
 全10巻の予定で、2巻も3巻も話はあさっての方に飛ぶらしいので、全くどういう物語になるのかは分かりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小川一水のライフワーク、スタート!

2016/10/18 04:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこまで読んだんだっけ、と上巻をぱらぱらめくるだけのつもりだったが、しっかり読んでしまったよ・・・<ライフワーク>と帯に書かれると期待は高まるのだが、同時に「いつ終わるんだろ、そもそも終わるんだろうか」という不安も同時に。 これは田中芳樹と栗本薫の後遺症です。
そんなわけである程度続きが出てから読もうかなと思い、ため込んでおりましたが・・・思いのほか順調に続きが出ているんですよ!
だからもう手をつけてもいいかなぁ、と手に取ったらもう引き返せない。

物語の舞台は西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープ。
今年で入植300周年となるが、臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に植民地全域に配電制限などの弾圧をし、住民たちは反感を強めていた。 そんな折、東の端セナーセー市に住む医師カドムは、<海の一統>である親友のアクリラから緊急の呼び出しを受ける。 ある地域で謎の疫病が蔓延しているというのだが・・・というのが話の冒頭。

そもそも何故移民船シェパード号がこの地に来ることになったのか、地球からどれくらい離れているのかなどについては一切不明。 まぁそれは続巻で過去が描かれることになるようだからいいのですが、そういうことを差し引いても、読んでて何度も「うひゃーっ!!」ってなりました。
これはなんなの、今度も登場人物にあまり感情移入してはいけないってこと?
メニー・メニー・シープの政治体制はどことなく同じ作者の「復活の地」を思い出させるものがあって懐かしかった。 単純な悪役や正義のヒーローが登場しないのもよい。

だがしかし、「ここで終わるかー!」というところで終わる。
作者あとがきにも、
<「ちょ、おいィ!?」と叫んでいただけましたか。 これはそういう本です。>
とあって、はい、出た言葉は違うけど叫びましたとも・・・。

ちなみにこの本を買ったのは2009年9月、発売してすぐです。 いくらある程度続きが出るまでためておこう、と思っていたとはいえ、すごく出遅れ感が・・・リアルタイムで読んでいた方が新刊が出るたびドキドキ・ワクワクできたんだろうか?!
耐えられなくて、引き続き「天冥の標2 救世群」を読んでしまっている・・・(2013年12月読了)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/31 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/23 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/22 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/04 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/02 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/02 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。