サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-129401-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

寺内貫太郎一家

著者 向田邦子 (著)

〈貫太郎のモデルは、私の父向田敏雄である。よくどなり、よく殴り、5年前に亡くなった。お線香代りに、ちょっぴり「立派な男」に仕立て直してお目にかけた……〉。口下手で怒りっぽ...

もっと見る

寺内貫太郎一家

税込 539 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 663.9KB
Android XMDF 663.9KB
Win XMDF 663.6KB

寺内貫太郎一家 (新潮文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

〈貫太郎のモデルは、私の父向田敏雄である。よくどなり、よく殴り、5年前に亡くなった。お線香代りに、ちょっぴり「立派な男」に仕立て直してお目にかけた……〉。口下手で怒りっぽいくせに涙もろい、日本の愛すべき“お父さん”とその家族をユーモアとペーソスで捉え、きめ細かな筆致で下町の人情を刻み、東京・谷中に暮す庶民の真情溢れる生活を描いた幻の処女長編小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大黒柱があった時代

2004/01/24 23:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミケ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いわずと知れた、向田邦子の処女長編小説。
昭和49年にTVドラマ化されて、お茶の間で大人気になった。
当時私はまだ小学校3、4年生だったが、なんとなくこのドラマのことを
覚えている。でも詳細はあまり覚えていない。
最近、「阿修羅のごとく」の映画化で向田邦子ブームが起きているようだ。
今迄一度も向田作品を気に留めたことがなかったが、ここにきて
私も世間に感化され、ちょっと手に取ってみた。
エッセイ集「父の詫び状」と、この「寺内貫太郎一家」。

さて、この「寺内貫太郎一家」を書いた向田邦子はこんな言葉を残している。

<貫太郎のモデルは、私の父向田敏雄である。
よくどなり、よく殴り、5年前に亡くなった。
お線香代わりに、ちょっぴり「立派な男」に仕立て直して
お目にかけた…>

東京の下町を舞台に、人情味溢れる人間模様を描いている。
この作品が発表された当時でさえ、多分貫太郎一家のような家庭は
既に「古きよき時代」の家族像になりかけていたのだろうと思う。
あの目まぐるしく世の中が変わっていった高度成長期にこのドラマが
世間の支持を得たというのが、今思うとなんとも切ない。
前に進むことしか出来ない、留まることや後戻りすることができない
そんな哀しい性を背負いながら、私たちは昔を懐かしむのだ。

当時の日本の縮図を貫太郎一家に見るようだが、
今ならドメスティック・バイオレンスだの子どもの虐待だの、
人権無視だのと、色んなところで槍玉にあがりそうなことだらけだ。
それでも、何度も何度も目頭を押さえながら読んだ。
何故って、そこには確かに愛があるからである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

寺内貫太郎

2019/11/15 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

向田邦子さんのお父様を、「ちょっと立派に」したという寺内貫太郎。今だったらDVだのなんだのと問題になりそうですが、昭和のおおらかさを感じられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/23 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/29 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/18 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/10 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/14 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/10 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/31 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/07 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/24 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/04 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。