サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/28)

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 183件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-100503-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

刺青・秘密

著者 谷崎潤一郎

肌をさされてもだえる人の姿にいいしれぬ愉悦を感じる刺青師清吉が年来の宿願であった光輝ある美女の背に蜘蛛を彫りおえた時、今度は……。性的倒錯の世界を描き、美しいものに征服さ...

もっと見る

刺青・秘密

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.6MB
Android EPUB 6.6MB
Win EPUB 6.6MB
Mac EPUB 6.6MB

刺青・秘密 改版 (新潮文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

肌をさされてもだえる人の姿にいいしれぬ愉悦を感じる刺青師清吉が年来の宿願であった光輝ある美女の背に蜘蛛を彫りおえた時、今度は……。性的倒錯の世界を描き、美しいものに征服される喜び、美即ち強きものである作者独自の美の世界が顕わされた処女作「刺青」。作者唯一の告白書にして懺悔録である自伝小説「異端者の悲しみ」ほかに「少年」「秘密」など、初期の短編全七編を収める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー183件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

「刺青」

2020/06/19 21:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雄ヤギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷崎潤一郎の傑作が多く収録されているが、中でも「刺青」は最高。男が女性の美の肥やしになるというのは、谷崎の王道だが、彫り師が見込んだ女を無理矢理というのがミソだと思う。なんでも女に従順のいうわけでなく、無理矢理美を施す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

、「秘密」「少年」「刺青」の考えようによってはただの変質者の話を純文学に昇華させてしまうものすごい人

2019/01/29 22:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

刺青など短篇7作が収められている。「秘密」は岩波文庫の短編集で既読であった。ここにある作品は明治後期から大正初期、すなわち彼の初期の作品をあつめたものである。「幇間」は文字通り太鼓持ちになった男の話なのであるが、「異端者の苦しみ」を彼自身の自伝的作品とするのであれば、まさしく「幇間」の主人公は学生時代の彼そのもののようだ。「友人などいらない、でもひとりでいると寂しいからまじわっている」という彼のスタンスは当時、自然主義が大手を振っていた他の作家の作品と一線を画す作品群となっている、「秘密」「少年」「刺青」の考えようによってはただの変質者の話を純文学に昇華させてしまうものすごい人だと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たった10ページの短編小説

2001/01/22 13:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:remi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 谷崎潤一郎の初期の短編を集めた本です。本書には、表題作の「刺青(しせい)」、「秘密」など7作品が収められています。
 「刺青」は、たった10ページの小説ですが、「谷崎らしさ」をよく感じられる小説です。
 清吉という刺青師は、腕利きとして知られており、多くの人間に刺青を施してきた。そんな彼の夢は、自分の理想とする女に刺青をすること。しかし、なかなかそんな女には出遭うことはできない。ところが、ある日、理想の女が偶然清吉のもとを訪ねてくる。「刺青」はそんなストーリーです。
 ちなみに本書は、「新潮文庫20世紀の100冊」に選ばれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入門編

2016/07/17 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷崎潤一郎の初期作品が収録された短編集。

収録されている作品の中でも、「刺青」・「少年」・「秘密」の3作は、「春琴抄」の土台とも言える耽美的で倒錯した世界観の萌芽を感じさせます。他の作品は谷崎作品の独自性がやや薄いかなと感じました。

上記3作を気に入ったらぜひ「春琴抄」を読んでください。より濃密な読書体験ができると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ややマニアックでついて行けない部分もあります

2016/02/18 13:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:crest - この投稿者のレビュー一覧を見る

刺青の方は彫師清吉が偶然刺青を施すに完璧な足を持つ女に出会いその女を説得し自分の魂を込めた刺青を彫るという、いわば画家が最高のキャンバスを見つけ一心に描き上げるといったようなものでしょうか。絵画でなく刺青であることで何かしらマゾヒスティックなモノが感じられる作品です。秘密の方はひょうんなことから女装、そしてかつて関係を持った女との再会、密会を重ねるも相手の素性を知りたくなりついに暴いてしまうことで関係が終わってしまうというかぐや姫を彷彿とさせるストーリーです。男女の中に秘密はスパイス、暴いてはいけませんよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美の極致

2002/04/16 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然主義流行の当時、谷崎の小説は軽視されていた。SMやレズビアン、更には盲目の少女と奴隷青年、と。結局のところ、当初は変態扱いされていたのである。
 ところが時代が一気に「売れ筋」を求めたとたん、谷崎は瞬く間に文壇の中心へと躍り出たのである。
 『刺青』。この作品は谷崎の処女作である。題名からして痛々しさを想像させられるが、しかしその肉体的恐怖がいつの間にか耽美なものへと変わっていく点に、読者は圧倒的なまでのカタルシスに遭遇するだろう。
 谷崎の多くの作品は、当時では志賀直哉、あるいは最近では町田康がそうであったように実験小説である。結局、伝統を学び、そして伝統を「壊した」者こそが最後には勝つのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

耽美にして妖艶

2001/03/02 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7777777 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 谷崎潤一郎の初期の作品を集めた作品集。
 「刺青」という作品は彼の一番最初に書いた作品である(発表されたのは二番目だが)。そして、彼が第一作にして独自の妖艶で耽美な世界を構築していることは驚きである。
 特に「刺青」は単行本10ページと短いながらも、主題や文体ともに異様な世界を作り出している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 03:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/15 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/11 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/09 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/23 06:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/04 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。