サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/22
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-719224-2
一般書

電子書籍

小説の周辺

著者 藤沢周平 (著)

北斎晩年のやり場のない鬱屈を鮮烈に描いた処女小説「溟(くら)い海」は、執筆当時の作者の自画像であったという。当代随一の時代小説の書き手であるこの作家は、これまで自身を語る...

もっと見る

小説の周辺

税込 503 4pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.0MB
Android EPUB 6.0MB
Win EPUB 6.0MB
Mac EPUB 6.0MB

小説の周辺 (文春文庫)

税込 638 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北斎晩年のやり場のない鬱屈を鮮烈に描いた処女小説「溟(くら)い海」は、執筆当時の作者の自画像であったという。当代随一の時代小説の書き手であるこの作家は、これまで自身を語ること稀であった。郷里鶴岡と幼年時代、師や友、創作秘話、日常身辺などを簡潔に綴る、作品と併せ読むべき興味津々たる一冊。藤沢ファン待望の名エッセイ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

藤沢周平の人となりが伝わってくる、落ち着いた語り口で小説と同じ呼吸で読めるエッセイ集。

2010/05/25 19:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和五十年~六十年代にかけて、さまざまな誌面に書かれたエッセイをまとめた作品。
落ち着いた語り口に小説と同じ呼吸で読むことができるエッセイなので、藤沢作品が好きな人には違和感なく読める。

内容は、過去のこと、身の回りのこと、郷里のこと、読書日記、歴史上の人物のこと、自身の作品のこと、俳句のこと、など多岐に渡り、藤沢周平ファンでなくとも存分に楽しめる。
いくつかのエッセイでは、店の人でなく店自体を言うのに”床屋さん”、”本屋さん”、”歯医者さん”など、”さん”をつけて語っており、藤沢周平の温厚な人となりが伝わってくるようである。

どれも魅力的なエッセイばかりだが、『碁の個性』、『読書日記』、『ミステリィ読書日記』、『芝居と私』に、特に興味を持った。

『碁の個性』では、著者が出場した週刊ポスト主催の囲碁大会において、対局した相手の碁の個性を述べている。
その対戦相手のなかでも目を引いたのが星新一。
対戦相手の中にこの名前を見たときに、私のお気に入りの作家二人が相対しているのだ、という感動が沸き起こった。
という感情とともに、SF小説と時代小説、未来と過去、ドライとウェットなど、作品の作風やジャンルが正反対とも言える二人が顔を合わせている思うと、本来出会うはずのない二人が出会ったような奇妙な感覚も覚えた。
生まれた年は一年違いなので、顔を合わせていてもおかしくないのだけれど、彼らの作品ばかり読んでいると、まるで著者の住む世界が違っているような錯覚を感じてしまう。

『読書日記』、『ミステリィ読書日記』では、読んだ本についての簡単な概要や感想などが述べられており、読書好きの著者の嗜好や本に対する所感が楽しめる。

『芝居と私』では、先日読んだ「橋ものがたり」にまつわるもので、著者曰く『目立たない地味な小説集「橋ものがたり」』が芝居化された、喜びと新鮮な感動が綴られている。

藤沢周平ファンならお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/21 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。