サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

 新規会員50%OFFクーポン ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 新潮社
  6. 新潮選書
  7. 消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い―(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/22
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • ISBN:978-4-10-603714-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い―(新潮選書)

著者 岡部伸 (著)

独ソ戦を予言し、対米参戦の無謀を説き、和平工作に砕身した陸軍武官・小野寺信。同胞の無理解に曝されつつも、大戦末期、彼は史上最大級のヤルタ密約情報を入手する。ソ連の対日参戦...

もっと見る

消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い―(新潮選書)

税込 1,584 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 4.1MB
Android XMDF 4.1MB
Win XMDF 4.1MB

消えたヤルタ密約緊急電 情報士官・小野寺信の孤独な戦い (新潮選書)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

独ソ戦を予言し、対米参戦の無謀を説き、和平工作に砕身した陸軍武官・小野寺信。同胞の無理解に曝されつつも、大戦末期、彼は史上最大級のヤルタ密約情報を入手する。ソ連の対日参戦近し――しかしその緊急電は「不都合な真実」ゆえに軍中枢の手で握り潰された。連合国を震撼させた不世出の情報戦士、その戦果と無念を描く。

著者紹介

岡部伸 (著)

略歴
1959年生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。産経新聞編集委員。97~200年までモスクワ支局長として、北方領土返還交渉や政権交代などを現地で取材。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

今日は国士、明日はスパイ

2019/01/21 23:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

瀬島龍三中佐の「幾山河」を出した産経新聞の編集委員が書いた本。産経は瀬島中佐の生前は「国士」のように持ち上げていたのに、故人になれば手のひらを返したように30年間、相も変わらぬ瀬島批判を繰り返す保阪正康の後に追ってこき下ろす姿は「死人に口無し」と卑劣さすら感じる。実際に瀬島龍三が「影の参謀総長」だったら、文中にあるようにシベリア鉄道でチェキストに毒殺されるかもしれないモスクワへのクーリエの任務を任せるのだろうか?所詮は捨て駒程度の存在だったのではないか?
 戦前の外交は外務省と軍との二元体制(もっと言えば陸軍と海軍との三元体制)なのに、瀬島がソ連にクーリエとして派遣された事に触れてクーリエを「外務省の役人がする仕事」という半藤一利の発言を引用している。岡田啓介は予備役の海軍大将、迫水久常は大蔵官僚、そして瀬島は参謀本部作戦課とバラバラなのに、姻戚関係だけで、あの陸軍と海軍がバラバラに戦争をしているような官僚的な枠を越えて任務を与えられるらしい。
 瀬島は2・26で殺された松尾傳藏大佐の娘と結婚しているので、岡田啓介の義理の甥に当たるが、彼が「わざわざ定期的に岡田と情報交換していたことを持ちだしているが、これは岡田、迫水と瀬島が係累を基本とするインナーサークルを形成して、自らが権力の最上層部で国を動かしていたことを問わず語りに示している」と書くところを見ると、戦時中は岡田啓介が「権力の最上層部で国を動かしていた」とでも思っているらしい。瀬島龍三のような毀誉褒貶が甚だしい人物の虚像化は好悪双方から進んでいたが、虚像化が進み過ぎると岡田啓介海軍大将が総理大臣経験者とはいえ、あまりにも主観的だ。保阪正康でも、ここまで変な事は書いていない。産経の記者らしくソ連防衛の為の組織に成り下がったコミンテルンが世界征服を企むショッカーのような闇の組織であるかのように書いている。
 モスクワ特派員経験者でロシア語が出来るのに「スターリングラード」に改名される前はツァリーツィンという名前だった事を知らないし、「北鉄(北支鉄道)」という正体不明の路線が出て来たが、中東鉄道(当時で言う「東支鉄道」、本文の別の箇所にある「北満鉄道」)だとすぐには気がつかなかった。まさか「北満」と「北支」が同じだと思っているのではないだろうか?
 こんな事を書いていると、いくら小野寺信・百合子夫妻が優れた情報参謀と強力な協力者であっても、他の記述の馬鹿馬鹿しさに影が薄くなる。
 NHKのドラマの原作となった本だが、ちらりと出てくる瀬島龍三は本願寺派の門徒代表で、製作に関わった訓覇圭プロデューサーは祖父が大谷派宗務総長で同朋会運動の創始者、父親が大谷大学の学長で、「あま」の製作統括だから、鈴鹿ひろ美こと薬師丸ひろ子が小野寺百合子の役で出ているのと併せて、見ていて変な気持になった。「昭和天皇実録」昭和27年10月18日条に岡田啓介の葬儀が「本願寺築地別院」(今の築地本願寺)で執り行われた事が記されているから、戦時下で「権力の最上層部で国を動かしていた」という岡田啓介も本願寺派の門徒だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/16 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/27 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/11 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/08 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/04 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/21 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。