サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. ケンブリッジ・シックス
ケンブリッジ・シックス

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/28
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-041275-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ケンブリッジ・シックス

著者 チャールズ・カミング (著),熊谷千寿 (訳)

キム・フィルビーら5人のケンブリッジ大学卒業生がソ連のスパイだったことが発覚し、英国は大打撃を受けた。だが彼らのほかに、もうひとり同時期に暗躍していたスパイがいたという。...

もっと見る

ケンブリッジ・シックス

972 (税込)

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ケンブリッジ・シックス (ハヤカワ文庫 NV)

1,080(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
10%OFFクーポン
「電子書籍ストア 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

キム・フィルビーら5人のケンブリッジ大学卒業生がソ連のスパイだったことが発覚し、英国は大打撃を受けた。だが彼らのほかに、もうひとり同時期に暗躍していたスパイがいたという。歴史学者のギャディスは親友の女性ジャーナリストからこの人物に関する本の共同執筆を提案されるが、その女性が急死し、彼は後を継いで調査を開始する。が、やがて国際情勢を左右する事実が明らかに! 巧妙に構築されたスパイ小説の力作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

盛り上がるまでが長い(ノンフィクションとフィクションが混在)

2016/03/13 08:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

調子に乗ってまたスパイ小説を読んでしまいました。
しかも<ケンブリッジ・ファイブ>という事実(ケンブリッジ大学の卒業生のうちでもかなりのエリート5人が、洗脳されソ連のスパイであったことが発覚した事件)がベース。
実はスパイは5人ではなくもう1人いたら?、というのが本作のメインストーリーである。
諜報業界(?)には「歴史にIFは通用しない」が通用しないから恐ろしい。


ソ連・ロシア史が専門の歴史学者サム・ギャディスはUCLの講師をしているが、離婚した元妻から幼い娘の養育費と教育費を請求されており、そのうえ税金も滞納していた。 早急に金が欲しい彼は、旧知のジャーナリストシャーロット・バーグが持ち込んだネタ(6人目のスパイ)で本を書くとエージェントに交渉。 出版の約束を取り付けるが、その矢先にシャーロットが心臓発作で突然死亡する。 仕方なくサムは一人でネタを追うことになるが、行く先々でおかしなことが起こり・・・もしやシャーロットはひそかに殺されたのでは、と気づいたときにはもう遅く、サムはSIS・FSBからしっかり監視されており・・・という話。

イギリスと旧ソ連(現ロシア)との長く続いている複雑な関係を丁寧に解説してもらって、「うわっ、ヨーロッパはやはりめんどくさい」としみじみする。 しかしサムの言動があまりにおバカすぎて(素人なんだからそれで普通、と言われたらそれまでですが)、なんだか心からハラハラできないのであった。 イギリス人ってもっと実直で融通がきかない人が多いんじゃなかったの?!、と言いたくなるくらい、魅力的な女性を見ればふらふらするサムは「イタリア人か!」というくらい情けない(多分、同じことしててもイタリア人男性のほうがもっとチャーミングに見えたりするんだろう)。

そんなわけですごく長く感じてしまった印象(550ページもないんですけどね、サムはダメな割にいろいろな面を間一髪の幸運ですり抜けたりするのがどうも取ってつけたようで、ノンフィクションばりに書き込まれた部分とのバランスがあまりよろしくない)。
いや、多分サムが最後まで好きになれなかったので、そのせいかも。

大変地味な作品ですが、その地味さ加減が逆によかった。
引退したスパイは扱いづらい、ということがとてもよくわかった・・・引退したスパイたちを集めて村をつくってそこで生活してもらう、というアイディアに信憑性を感じました(一人で事実上の軟禁状態にでもしてたら、ろくなことになりませんよ、ほんと)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/25 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/09 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/06 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/19 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/21 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/30 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 03:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/01 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/16 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/30 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む