サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

死海のほとり
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/03/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-112318-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

死海のほとり

著者 遠藤周作

戦時下の弾圧の中で信仰につまずき、キリストを棄てようとした小説家の「私」。エルサレムを訪れた「私」は大学時代の友人戸田に会う。聖書学者の戸田は妻と別れ、イスラエルに渡り、...

もっと見る

死海のほとり

税込 737 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

死海のほとり 改版 (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦時下の弾圧の中で信仰につまずき、キリストを棄てようとした小説家の「私」。エルサレムを訪れた「私」は大学時代の友人戸田に会う。聖書学者の戸田は妻と別れ、イスラエルに渡り、いまは国連の仕事で食いつないでいる。戸田に案内された「私」は、真実のイエスを求め、死海のほとりにその足跡を追う。そこで「私」が見出し得たイエスの姿は? 愛と信仰の原点を探る長編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

「光」

2004/12/03 02:48

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

>(Last Tango in Paris)

その涜神的な(性)表現ゆえに物議を醸した映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」(1972)のなかで、映画「地獄の黙示録」(1979)ではカーツ(→クルツ)を演じたマーロン・ブランドが演じる男(ポール→パウロ)は、「名前」を持たないままの関係に拘る、旧約聖書のなかの「神」のように。

『死海のほとり』を読みながら、村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』と似ていると思った。ちょっと古臭い言葉でいえば「ハレ」と「ケ」とか「日常」と「非日常」とかそんな感じの二つの世界を交互に置いている、そんな小説の構造。「解説」の井上洋治さんの言葉を借りれば、二つの別々の物語が「ちょうどフーガのように対位法的に展開」され、最後には「鮮やかに一つにとけあっていく」。そして、とても深いところで何かをシェアしているように感じる。

唐突だけれど、なんかこの二つの小説には「サーカス」とか「見せ物小屋」的な感じがすごくある。遠藤周作は生前「樹座(きざ)」という素人劇団を主宰していて、村上春樹は作家になる前ジャズ喫茶(バー)を経営していたらしいけれど、そういう場所に共通のアングラな空気が、サーカスふうな空気になって、流れてくる。そして彼らの描き出す「奇蹟物語」は一種のサーカスで、それは「ケ」とか「非日常」の側にあるのではなくて、ハレとケの、日常と非日常の「間」にあって、点と点をつなぐ「ロープ」のようなものなのではないか。『死海のほとり』を書いた遠藤周作、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を書いた村上春樹は、サーカス団長なのではないか。

>

これは、林海象の映画『二十世紀少年読本』(十年以上前に見た)とコラボレートする形で書かれた川西蘭の『サーカス・ドリーム』(最近読んだ)の一節なのだけれど、『死海のほとり』と『世界の終り〜』を読み終わったときに僕が感じていたことにすごく近い、というより、そのもののような気さえする。(川西さんの書いたこのフレーズが心に響いてくる人には、ふたつの小説の「サーカス」っぷりを味わってみてほしいと思う。)

ついでに、ふたりの作家はどこが似ているのだろうと考えてみるに、ふたりとも関西人ふうのやわらかさがある。村上春樹はたしか神戸のあたりの出身だったと思うし、遠藤周作は東京生まれみたいだけど、幼年時代を旧満州の大連で過ごしたあと十一歳で神戸に戻ってきたらしい。阪神淡路大震災や少年Aの連続児童殺傷事件があったりしてあまりいい印象がないかもしれないけれど、神戸というのはいい街だと思う。海と山がすぐ近くにあるというところがいい。六甲山には羊がいるし。

もう一つの共通点は「ユング」かもしれない。遠藤周作は日本を代表するユング学者の河合隼雄さんの『影の現象学』(文庫本)のあとがきで絶賛評を書いているし、村上春樹は河合隼雄に会いにいったし、どっかで赤坂真理(彼女の「響き線」という短篇はすごくいい)に「村上さんはユングの読みすぎなんじゃないかなって感じがする」と批判されていた(たしか斎藤環と赤坂真理の対談記事で)。でもオカルトではない。

>(「Deep River」)

宇多田ヒカルが遠藤周作の『深い河』にインスパイアされて作ったという歌を聴きながら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/15 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/26 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/09 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/26 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/02 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/29 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/25 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/30 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/27 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/23 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/31 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。