サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

われ日本海の橋とならん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/03/08
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-01647-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

われ日本海の橋とならん

著者 加藤嘉一

中国でもっとも有名な日本人、加藤嘉一氏の最新作。中国で疾走する日本の若者としての考え方や中国の内部に踏み込んだものしかわからない中国人とのつきあいかた、中国の政治のしくみ...

もっと見る

われ日本海の橋とならん

1,296 (税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.2MB 無制限
Android EPUB 8.2MB 無制限
Win EPUB 8.2MB 無制限
Mac EPUB 8.2MB 無制限

われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本−そして世界

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国でもっとも有名な日本人、加藤嘉一氏の最新作。中国で疾走する日本の若者としての考え方や中国の内部に踏み込んだものしかわからない中国人とのつきあいかた、中国の政治のしくみ、ビジネスのやりかた、中国人の生活を解説します。そして、そこから見えて来るのは世界のなかの日本なのです。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

日本海の橋とならんことを期待して

2011/12/01 22:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T_Mizutani - この投稿者のレビュー一覧を見る

自称「中国で最も有名な日本人」、加藤嘉一氏の著書である。
中国ではかなり有名だそうで、「年間300本以上の取材を受け、200本以上のコラムを執筆し、100回以上の講演を行い、毎年2~3冊のペースで書籍を出版している」(7ページ)そうだ。
日本ではまだ最近活動が増えてきたばかりであるためか、彼のことを知っているのはもとから中国に興味があった人に限られているという印象である。

その彼の、日本での評判をネットで見てみると、いまいち芳しくないようだ。
主な批判は、彼が二枚舌であるとか、日本社会を知らないとかいうものだ。
そもそも「中国で最も有名な日本人」という肩書を自分で名乗ってしまうくらいビッグマウスなので、叩かれる素養は元から充分にある。
加えて、日本のネット空間では中国の話題はあまり歓迎されない。
中国と聞いて、条件反射で叩いている人も少なからずいるのだろう。
彼に対する批判の中でも最もクリティカルなものは、「中国共産党にいいように使われている」というものである。
彼の中国での活動を見ている人が、よくこのような批判をしている。
「中国において、個々の政策を批判することはタブーでもなんでもない」(21、22ページ)という記述が出てくるが、やはりかなりの程度の制限があると考えた方がよさそうである。

彼に関して評価すべき点は、日本と中国の間に立ち、1.中国で、2.中国語で、3.中国人に向けて、4.日本人として、発信していることである。
そして、最近では、日本で、日本語で、日本人に向けて発信する機会も増えてきた。
このポジションで活動できる日本人は、過去にいたかどうかは寡聞にして知らないが、少なくとも現在ではいない。
彼がまさに「日本海の橋とならん」として活動していることがうかがえる。
彼の主張や活動を精査することは必要であるが(そして現在それをできる立場の人間がいないのは問題だが)、この立場を確立したことは称賛すべきである。
思えば、これまでは、中国に関することは、中国マニアが、中国マニアに向けて、マニアックに発言していたという状況ではなかったか。
私は現代中国の状況を概観できる本を探したことがあるが、なかなか手ごろな難易度のものが見つからなかった経験がある。
もしその時にこの本を見つけたら、迷わず手に取っていた事であろう。

本書には、加藤氏についての批判によくあるように、考察が浅いと感じる部分が確かにある。
しかし、あるテーマについて深掘りするタイプの本ではない以上、その点についてはあまり批判できない。
むしろ、現代中国をとりまく状況を広範にカバーしながら、「日本人よ、外を向け!」というメッセージに帰着させている点を評価すべきである。
中国社会を考える第一歩として有用であるが、日本の社会もしくは個々の日本人の在り方を考えるきっかけにもなるだろう。
例えば、

 選挙制度があり、投票することさえできれば、それで自由なのか?
 あなたは自由を行使していると、胸を張って断言できるだろうか?
 少なくとも中国には、自由な空気がある。いくつかの明確なタブーにされ触れなければ…能力のある人間が登用されていく。(24ページ)

との記述は、無言の圧力の中で日々を生きる日本人に痛く響くのではないだろうか。

今後筆者に望むことは、彼に寄せられる批判を、あるものはスルーし、あるものには反論し、クリティカルなものについては改めることである。
彼がまさに日本海の橋とならんことを期待している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/01 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/30 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/15 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/20 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/12 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/24 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る