サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/05/15
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-329611-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

たそがれ清兵衛

著者 藤沢周平 (著)

下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。領内を二分する抗争をよそに、病弱な妻とひっそり暮らしてはきたものの、お家の一大事とあっては、秘めた剣...

もっと見る

たそがれ清兵衛

税込 616 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 704.7KB
Android XMDF 704.7KB
Win XMDF 704.4KB

たそがれ清兵衛

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。領内を二分する抗争をよそに、病弱な妻とひっそり暮らしてはきたものの、お家の一大事とあっては、秘めた剣が黙っちゃいない。表題作のほか、「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「日和見与次郎」等、その風体性格ゆえに、ふだんは侮られがちな侍たちの意外な活躍を描く、痛快で情味あふれる異色連作全八編。

著者紹介

藤沢周平 (著)

略歴
1927~97年。山形県生まれ。山形師範学校卒業。71年「溟い海」でオール読物新人賞、73年「暗殺の年輪」で直木賞を受賞。著書に「又蔵の火」「闇の梯子」「市塵」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もののふ達の帰る場所

2004/10/28 01:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「24時間戦えますか」というキャッチコピーがかつて流行した。失業者が多く残業の多い昨今、あまり笑えないコピーである。さて、現在の武士(もののふ)達はといえば、城をオフィスビル、刀をパソコンに置き換えて、24時間とはいかないが、やはり長時間働いている。そして仕事が終わればだんだんと、心の鎧を解いてゆき、家に着いた時にはすっかり緊張を緩める。もちろん戦闘服も脱ぎ捨てる。

ところが江戸時代、家に戻っても働き続けた24時間男がいた。井口清兵衛がその人だ。彼は下城の太鼓が鳴るが早いか、同僚達ともつき合わず、家にまっすぐ帰る。ついた綽名が「たそがれ清兵衛」。しかし彼は、家でのんびりしたいから早く帰るのではない。夫の助けがないと一人で厠にも行けない病身の妻がおり、飯の支度から掃除、洗濯をするのだ。原作で彼を「たそがれ清兵衛」たらしめているこの設定が、映画では幼い子供の世話がいる家族構成に置きかえられ、それによって命令を受ける経緯も違えてある。原作では、午後六時からの上意討ちを最初命じられた時、「受けてしまうと、その時間厠に行きたい妻を待たせてしまう」と、清兵衛は断る。こんな武士が今までいたろうか。私事で殿の心を煩わすなど恥と考え、「ははっ、ありがたき幸せ」と平伏して受けるのが今までの武士なのに。仕事を辞めて介護を選ぶ人達がようやっと受け入れられたのは、最近になってからだ。江戸時代ならばどんな目で見られた事か。それでも清兵衛は運がいい。命じる側が、妻をもっといい医者に見せると請け合い、女房の世話をしてから七時に出向く事を了承してくれたのだから。

藩よりも家庭を優先させた清兵衛を「馬鹿な奴」「武士の風上にもおけぬ奴」と見る向きもあるだろう。でも、藩は一体どこまで清兵衛の面倒を見るつもりだったか。成功すればもちろん清兵衛の望みは叶ったろうが、もし失敗したら、藩側は、全ての責任を清兵衛にかぶせて頬かむりしたのではなかろうか。それに対して彼が成功しようと失敗しようと、家は変わらずそこにあり、無条件の愛と信頼を向けてくれる。時には邪見に扱う事もあっても、おいしい料理を供してくれる。
うらなり、だんまり、ごますり、ど忘れ、かが泣き。短編集に登場する、いずれ劣らぬ奇癖を持つ剣士達は、一刃を振るいここ一番の活躍を見せる。しかし彼等達が最後に戻る場所は、仕える殿の御前ではなく、剣を鍛える道場でもなく、愛する家族と安らぎのある、唯一無二の家なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

仕事か家庭か

2021/04/29 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

主君への忠誠か家族かの二者択一を迫られる清兵衛は、現代のサラリーマンと変わりありません。いつの時代にも組織の不条理に振り回される、宮仕えの世知辛さを感じてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/16 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/14 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/23 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/25 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。