サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/05/15
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-133427-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ため息の時間

著者 唯川恵 (著)

愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ──。完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。妻が化粧をするのを許さなかった原田。婚約寸前の彼女...

もっと見る

ため息の時間

税込 528 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 404.2KB
Android XMDF 404.2KB
Win XMDF 403.9KB

ため息の時間 (新潮文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ──。完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。妻が化粧をするのを許さなかった原田。婚約寸前の彼女がいるのに社内で二股をかけた洪一。仕事のために取引先の年上女性に近づく孝次…。裏切られても、傷つけられても、性懲りもなく惹かれあってしまう、恋をせずにいられない男と女のための恋愛小説9篇。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー78件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

男性を主人公としたある意味唯川さんらしくない作品集ですが…

2004/09/30 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

唯川さんの作品だから女性が主人公だと当然の如く思われるだろうが、本作は男性が主人公の恋愛短編集である。

どの篇もほぼ“自業自得”的な男性が次々に登場。
唯川さんの“恋愛フルコース”が堪能出来る。
ひどい仕打ちを受ける男性主人公が滑稽と言えば滑稽だし、哀れとも捉えることが出来る。
やはり女性のしたたかさが随所に現れているのが唯川さんらしいかな。
個人的にはどの篇にも“別れ”が描かれているので、少ししんみりしてしまったような気もする。
出会いがあって、別れがある。だから、人生ってドラマティックだ。

どれか一篇を選べと言われたら最初の「口紅」かラストの「父が帰る日」を上げたい。
「口紅」は従来の唯川ワールドが炸裂しており女性の本性が剥き出しにされていて素晴らしい。
少し唯川節を引用しますね。

結婚するなら見合いだと最初から決めていた。遊ぶ女と結婚する女はまったく切り離して考えていた。結婚は生活だ。その中に甘っちょろい感傷など持ち込むつもりはさらさらなかった。
恋愛めいた関係を持つ女も何人かいたが、恋しい、と思う気持ちが消えた後の、あのとてつもなく鬱陶しい感覚を繰り返すくらいなら、最初からそんなものを感じない相手の方がよかった。女と妻はもともと種類の違う生き物だ。
女に妻を求めないと同様、妻に女を求めるつもりもない。男と女の多くがそれを間違えて、人生を面倒なものにしている。

対照的に「父が帰る日」は父と息子の三十年ぶりに対面する姿を描く名作である。
唯一恋愛小説のジャンルに入らない毛色の違った作品であるが、感動度は高い。
唯川さんの場合、文章が読みやすくて万人受けするのだから、恋愛以外の作品を書かれても面白いのかもしれない。

いずれにしても男性を主人公に据え、視点を変えることによってより唯川さんの作風が広がったとは確実に言えそうですね。

話自体はドロドロして少しひとりよがりに陥ってるきらいはあるのですが、男性が主人公の為に悲壮感は漂っているが悲惨さはないのである。
読後感はさっぱりしているような気がするので“息抜きの読書”には最適だと言えそうですね。
ちなみに私はあんまり“ため息”は出ませんでした(笑)

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/31 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/09 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/14 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/03 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/01 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/07 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/13 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/17 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/19 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/04 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/30 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/04 06:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。