サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

夏への扉(ハヤカワSF・ミステリebookセレクション)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 308件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

夏への扉

著者 ロバート・A.ハインライン (著),福島正実 (訳)

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、...

もっと見る

夏への扉

594 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より205おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

夏への扉 新装版 (ハヤカワ文庫 SF)

799(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から2番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ! そんな時、〈冷凍睡眠保険〉のネオンサインにひきよせられて……永遠の名作。

掲載中の特集

sf小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー308件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

何回でも読めるんですよ

2014/01/12 18:58

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やすみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだのは今から、うん十年前(笑)

それ以降、5〜6冊は買って配ったなぁ
みんな、面白い!と気にいってもらえました

かくいう私も、本棚の整理で手に取るたびに最初の
ページを読んじゃって、気がつくと読みふけってしまっているという・・・
少なくとも十回は読んでます
一年あいたら読み返せますよって、私が忘れっぽいだけ?( ´ ▽ ` )ノ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2016/08/13 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまぜみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書中に駅を乗り過ごしたことのあるおもしろい作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心が暖かくなった

2016/11/06 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おがちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕の心は凍えていたのだ。夏なのに。 主人公の「僕」と同様に心に悩みを抱えながら生きていたときだった。ある本に出会った。 題名を見てみる 「夏への扉」。 SFなんて読んだことのない僕には新鮮であった。 とりあえず読み進めていく。ほぉ、コールドスリープかぁ。
ただ寝ているだけで幸せな世界にいけるなんてとんでもない。 目が覚めたときには新たな世界が広がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

IT社会を予見

2017/03/14 07:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よし - この投稿者のレビュー一覧を見る

フレキシブルフレディーやハイアールガールは
iot技術の普及で実現しそう。
それは、愛すべき家庭用アンドロイドかれらのバージョン2.0なのか?
楽しい空想が楽しめるロバートAハイLラインの日本でも人気の名作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来の旅を想像豊かに表現している本

2017/03/26 16:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

金曜日の本屋さんの本を読んでたときに、夏への扉が紹介されていて、この本を手に取りました。昔のSF小説かなと思いましたが、個性豊かな発明ロボットや冷凍技術、タイムマシンなど読んでいて引き込まれました。運悪く策謀に巻き込まれた主人公が冷凍睡眠後よみがえった未来で、予期せぬまま失われてしまった過去を取り戻し、自分の愛するネコと女性を救います。ネコのピートが主人公を罠にはめた相手に対して大暴れするところもハラハラしながらスカッとする思いで読んでいました。SFものは初めて読みましたが、また読んでみたいくなるお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の卵に影響されて

2017/10/17 22:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

村山由佳の『天使の卵』に出てきたのがきっかけて読みました。後半の逆転ストーリーとでもいう展開がとても爽快でした。そして、実現したもの、していないものを考えながら読んでいたことも楽しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SFの名作はハートフルだからこそ輝きを放ち,不変の価値があるのです。

2010/11/02 10:37

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村山由佳さんの「天使の卵」の作中で,主人公が愛読書として上げていて興味を持った。主人公は,夏への扉がきっかけで彼女と仲良くなっていくわけだが,そもそも小説の中で重要な道具として紹介されていることが心に残った。本屋で探したら,なんとSFだった。しかもSFの名作に分類される啓示的な作品らしい。

 主人公は発明家のダニイ。親友のマイルズと作った会社で,文化女中器(hired girl)と名付けた自動掃除機のヒットを出した。そして,商売下手な二人にベルという秘書が現れる。ダニイはベルの奸計にはまり会社と発明を乗っ取られる。
 ダニイは,ベルから精神的に離れるべく,失意の底で冷凍睡眠により三十年の時間スキップに打って出る。マイルズの娘リッキィに自分の大事な株券を渡し,財産を横取りされないように注意を払う。
 三十年後の世界から運命が二転三転し,ダニイは自分の大事なものを取り戻していく。そんな物語だ。

 SFの仕掛けで,実用化されているものは,窓拭きロボット,CAD,自動掃除機,自白剤。電子新聞や,手伝い用万能ロボットは,部分的に形を変えて実現しつつある。五十年も前の作品なのに,類まれなる先見的アイデアの数々で,既視感がある。
 そして,最も愛される理由は,SFという枠組みの中で展開される人間ドラマだろう。さすがにオーソドックスな流れだが,読んでいて安心感がある。

 SFというと,オタクの香りとみなして敬遠している人がいないだろうか。カラクリに固執し,物語の本質を見失ってはいけないと思う。推理小説でも,歴史小説でも同じだろう。ジャンルという枠組みは,おもちゃ箱みたいなものではないだろうか。話を整えるために箱がある。箱が格好いいのに越した事はないが,大事なのはその中身である。ジャンルという箱は,中身をうまく作動させるための仕掛けだと思う。SFの箱は,最も煌びやかであるために,誤解されやすい気がする。

 私は,最近SFをあまり読んでいなかった。それでも,子供の頃読んだHGウェルズの宇宙戦争に親しんだ事は鮮明に覚えている。夏への扉は,そんな郷愁にも似た気持ちを十分満足させてくれた。もう一度,SFの扉を開けてみたくなった。

 補足だが,訳者の福島正美さんの仕事も見逃せない。翻訳にありがちな表現がなく,とても自然だ。外国ものだからといって,敬遠しなくても大丈夫だ。
 私の手元にある版は,買った直後に絶版となったようだが,新装版が出たのでこちらに書評を書く事にした。また,小尾芙佐さんの新訳も発売されているようで,まだまだ息は長そうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男(ヒト)と男(猫)の、ホットな友情!!は、ことしも読み継がれていく。

2011/05/19 16:27

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、じつは去年の初夏に読もうと思っていたものだったが、
タイミングを逃して夏をとうに過ぎてしまったので
再び巡り来たこの季節に読んでみた。

SFはあまり得意ではないので、
万能家事ロボットを発明した技術屋の主人公が
タイムトラベラーとなり・・・・・・。
という感じのこの話が通読できるか不安だったが、
読み心地のよさに、安心してページを進めることができた。
作中の未来描写もユーモラスで魅力的だった。
主人公ダンがつくったロボットの記述に
自動で掃除をして、自動で充電し、かえってくる・・・
というようなくだりがあり、『ルンバ』という商品名が浮かび
くすっとしてしまった。

そして、ラストが近づく318ページでは涙がこぼれた。
ダンの、真摯な思いが凝縮されたようなシーンだったからだ。
ピートへの、リッキィへの、言葉にならないほどの思いが
伝わってきて、胸の奥がじんとなってしまう。
彼は、たとえ時代が変わろうが世の価値が変わろうが
自分にとっての最優先事項を変えることはない。
それゆえ、彼は強くいられる。

ダンの根底にある健全さから、ふたつの言葉を思い出した。
それは、
自分の幸福を恐れる者は、幸福になれないこと。
最高の復讐とは、自分自身が幸福になること。
のふたつである。
どこで読んだかまたは聞いたのかは忘れてしまったが、
ダンには、これらの点がぶれておらず、
また、その覚悟がしっかりできているように思えた。
だから、彼は過去にしがみつかない。
彼の目線にはいつも未来があり、読む者に爽快感を与える。
334ページで語られる作者の未来賛歌。
この数行に辿りついたとき、読んでよかったと素直に思った。

猫のピートには、助演男優賞をあげたいくらいだ。
彼がいなければ、この物語は成り立たない。
「夏への扉」は、ピートへの友情を軸としたダンの、
ハードボイルドな時間旅行ともいえるのではないか。

男どうしの友情に、ヒトと猫との垣根はない。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

懐かしい!

2015/09/21 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若かりし頃に読んで、最高に感動したSF。タイムトラベルものの古典で、自分の子どもに「最高だったから、読んでみな」と勧めるために買ったが、自分でも再読してみた。やはり、年を取るとアラが見えてくるのはしょうがないか。本当にこんなことがあってほしいと思った結末も、ちょっと引いてしまう自分がいる。でも、やはり読んでほしい作品だと再認識。心がきれいな時期なら、とても感動できるのは間違いなし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

SF好きならこの本

2015/11/20 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みかみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

70年代に生きる主人公の発明品としてでてくるお掃除ロボットが現代のルンバそのままだったりするのが面白いです。その他にもさまざまな夢溢れる発明品がでてきます。古典SFでコールドスリープやタイムトラベルとか好きな要素詰まっていて楽しめました。猫好きな人にもおすすめできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い

2017/10/06 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gachimura - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章の見せ方もうまいし非常にユニークなキャラクターが繰り広げる会話のあや、テンポの良さで一気に読めました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/29 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/08 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む