サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

KADOKAWA ライトノベル全品ポイント50倍(~5/5)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエスト
  5. 新フォーチュン・クエスト(14) 蘭の香りと消えたマリーナ<下>
新フォーチュン・クエスト(14) 蘭の香りと消えたマリーナ<下>(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新フォーチュン・クエスト(14) 蘭の香りと消えたマリーナ<下>

著者 深沢美潮 (著),イラスト:迎 夏生

マリーナが行方不明になったという知らせを受けて、ブセナランの町にやってきたパステルたち。 マリーナの足跡を追って超ゴージャスなオペラ歌手、パメラ・クィーンの屋敷に見事潜入...

もっと見る

新フォーチュン・クエスト(14) 蘭の香りと消えたマリーナ<下>

551 (税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ 下 (電撃文庫)

551(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.5MB 無制限
Android EPUB 16.5MB 無制限
Win EPUB 16.5MB 無制限
Mac EPUB 16.5MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マリーナが行方不明になったという知らせを受けて、ブセナランの町にやってきたパステルたち。 マリーナの足跡を追って超ゴージャスなオペラ歌手、パメラ・クィーンの屋敷に見事潜入成功! ……できたはいいものの、捜索中になぜかパステルひとりだけが変な穴に落ちてしまった!? しかも、落ちた先でスケルトンとはち合わせしてしまって……。 えっ、武器は置いてきちゃったから、丸腰だよ!? 大ピンチのパステルは一体どうなっちゃうの? マリーナをめぐるドッキドキの大冒険、待望の第2弾がついに登場です!

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ほぉ~ら「うかつ」な冒険者ぁ~…

2008/03/04 20:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「どぉ~してあんたは、そうウカツなのよぉ~っ!」
…と、前巻ラストを読んで地団太を踏む読者も少なくはなかったとか(誰に聞いたんだ?)。
彼女の「うかつさ」加減は、もはや冥界落ちです…、いや、殿堂入りです。合掌(何で!?)。
世に言う「強い男」的には、「守ってあげたい」とか思うんだろぉなぁ…。
ん?だから「意外にも」モテるのか?
そういうところが「母性」を刺激してしまうが故に、彼女の親友も放ってはおけなかったんでしょう。
 その「親友」も、今回ばかりはなんだかキャラが違う感じ。
これまでの彼女は、「フォーチュン…」シリーズの中では数少ない「安心キャラ」だったのに。
こととしだいによっては押さえがきかないタイプだったのね…。
 それにしても、レギュラーメンバーは大暴れです。
その行動に若干の計画性はあるものの、上を下への大騒ぎ。
思えばそのむかし、「フォーチュン…」シリーズを読む前はこのくらいの大騒ぎ小説を期待したものでした(そぉだったの?)。
しかし、ことゴトに読者の思惑なんぞ気にも留めずウラをかいてきた(勝手に決めるな)ものだから、ここまでいくともう「フォーチュン…」の味がしないかも?
もしかして、まさかの「新境地」開拓なのか!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話を纏めきれずあらすじのよう

2008/01/12 10:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

大して物語は展開しないし、旅も食事シーンもないのになぜかページが進んでいる怪奇現象
上巻でまるで意味の分からなかったストーリーに理由をつけて説明し決着をつける形ですが、上巻からの流れが押してしっかり纏め切れていない感じ
伏線も何もなく、お助けキャラにおんぶに抱っこ
マリーナの話だけど、マリーナがまるで主体になれていない
パーティのメンバーも敵キャラもメインを張ったマリーナさえも見せ場がない、あらすじのような雑さでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/03 13:13

投稿元:ブクログ

消えたマリーナの続きです。

なんとまぁ・・・懐かしい人たちが、いや、人じゃないけど!
ここで出て来るとは思いませんでしたよー。
あの4巻の感動は何処へ!・・・とは思いませんけど、でもフォーチュンの中ではそんなに時間経ってないんですよね。

マリーナと再会したパステル達。
そしてマリーナの両親の事。
毎回フォーチュンっていきおいで読んだ方が面白いのでじっくりというより、ホントいきおいだけで読み進めました。
パステル達の人生もそうだと思うな、うん、いきおい(笑)

なんだかんだで話は終わり、ちゃんとハッピーエンド。
実際、マリーナの事まできちんと終わらせてくれるとは思っていなかったので、嬉しかったと同時に、次にル−ミィの話になりそうな予感。

パーティーの一人一人の話が決着が付き、後残っているのは、ルーミィ・・・かな?
トラップは今イチ謎があるのか解らないし(笑)
パステルは、小説自体がパステル目線で進んでいるので、両親の事とか、おばあ様の事とか結構書かれてきたので、どうなのかなぁ。
そう考えると、やっぱりルーミィの話に重点が置かれますよね。

それと謎の行商人。

アンドラスから手紙を受け取ったトラップも気になるし!
まだまだ終わらない事を願って。

あとがきに書かれてましたが、フォーチュンは今年で20年目だそうで(笑)
途中から読み始めた私ですが、確かに最初に読んだのは小学生か中学生か・・・その頃でしたもんね。
子供の頃はわくわくして読んでて、まぁ大人になった今でもわくわくしてますが、昔とは違った視点で見る様になったなぁと。
冒険者って羨ましいです。

パステルがだんだん幼く見えてくるのは気のせいでしょうけど(笑)

2008/02/19 02:38

投稿元:ブクログ

なんという読みやすさ!トラップはもしかしてパステルの恋愛ごとはもう当分いいやっていう空気を読んでるの?

2008/08/18 17:54

投稿元:ブクログ

昔よく読んだなぁ〜
多分8巻くらいから読んでないような・・・
このシリーズはマジでオモシロイですヨ

2009/10/30 00:01

投稿元:ブクログ

フォーチュンマリーナ話、後編であります。
うむ、フォーチュンの上下巻構成はほぼ後編が面白いですハイ。
ネタ振りに終始した上巻の謎の数々がちゃぶ台返し。
懐かしい(マジで20年近くぶり?)レディ・グレイス姐さん達というサプライズ・ゲストも。
アンデッドとも友達になったり共闘したりってあたりは、「ときめきトゥナイト」みたいで良いなぁv

マリーナの出生の秘密も良かったです。
彼女の詐欺師という職業から想像もつかない、でも彼女の風格からは納得!て感じ。
パメラ・クィーンと彼女が似てるのは直接は関係ないですが;
自分の秘密を知るために詐欺師をしていた彼女は詐欺師から足を洗うことになりそうですが、今後はどうするのかな?
アンドラスとの関係は勿論続きそうだけど。

それにしてもパステルとマリーナの会話は前よりグンと赤裸々(笑)になって、2人の成長が伺えます。

ちゃ~んと次巻へのネタ振りもあるので、次回も気になるところ。

2012/04/14 00:31

投稿元:ブクログ

レディ・グレイス美しい。
レザーのビキニにピンヒールのロングブーツにマント姿でダンベル運動してるって、意味が分からないかっこいい。

マリーナの謎が一件落着。クレイとどうなるんだろう。楽しみだな。

2012/08/09 17:13

投稿元:ブクログ

もうシリーズ始まって20年だそうです。私は今年24歳、年女なんですが。読み始めたのは多分小3か小4の時だったんじゃ無いでしょうか。この辺あやふやです周りに知ってる子がいなくて、皆に広めたのを覚えてます。

当時ははるか年上だった主人公達も今や年下...時の流れってヤツは

内容ですが、13巻と上下セットになってまして、サブタイトルは「蘭の香りと消えたマリーナ」。近年のFQは事件解決までがサラっとしてる気がします。ヒヨッコ冒険者から成長したと言うことなのか。皆心身ともにちょっとずつ強くなってます。それでもやっぱりドタバタしますが。私が大人になったせいか、色々物足りなさを感じてしまう。ツッコミを入れたくなってしまう。でもラストシーンは好きです今回のラストは綺麗。

女同士の友情も良いなぁ

と思えました。

今回恋愛モードは弱かったな~。

2012/09/21 23:51

投稿元:ブクログ

「すまんな。 わしは……こういうのは苦手なんじゃ。
 それに、おまえさんにはちゃんとした本当の両親がいる。
 わしの役目はもう終わったよ。」

2015/11/07 15:24

投稿元:ブクログ

マリーナの生まれも明かされ(お嬢様だった!)、両親とも再会し、全部がうまくいった終わり方。
私的にはマリーナが苦手なので、あっさりと読み進めてしまった。
久しぶりのレディ・グレイスたちの登場はうれしかったな。
また再会できそうな感じだし、こんな風に今まで出会ったメンバーと再会するのも面白い。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む