サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

SS 双葉社 ポイント50倍CP(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエスト
  5. 新フォーチュン・クエスト(19) うれしい再会と人魚のおつかい<下>
新フォーチュン・クエスト(19) うれしい再会と人魚のおつかい<下>(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新フォーチュン・クエスト(19) うれしい再会と人魚のおつかい<下>

著者 深沢美潮 (著),イラスト:迎 夏生

豪華客船で新大陸へ渡るはずだったのに、謎の紫の霧と海流に邪魔されて船は航行不能に。さらに巨大海洋モンスターの襲撃で、クレイとカシアスが海に投げ出されて行方不明になってしま...

もっと見る

新フォーチュン・クエスト(19) うれしい再会と人魚のおつかい<下>

594(税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

新フォーチュン・クエスト 19 うれしい再会と人魚のおつかい 下 (電撃文庫)

594(税込)

新フォーチュン・クエスト 19 うれしい再会と人魚のおつかい 下 (電撃文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 17.8MB 無制限
Android EPUB 17.8MB 無制限
Win EPUB 17.8MB 無制限
Mac EPUB 17.8MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

豪華客船で新大陸へ渡るはずだったのに、謎の紫の霧と海流に邪魔されて船は航行不能に。さらに巨大海洋モンスターの襲撃で、クレイとカシアスが海に投げ出されて行方不明になってしまった……。ふたりを捜しに上陸した島で、サルのような人魚のような、謎の種族と遭遇! そのおサル人魚を追いかけて海へ潜ったトラップがいつまで経っても戻って来ない。次々仲間がいなくなる大ピンチと、謎の種族と島の秘密に、パステルはどう立ち向かうのか!?

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

う、海が…、海が死んでしまう(そんなに煽るんじゃねぇよ)!

2012/04/18 22:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやぁ、いーところですな、この「海底神殿」。
こういうところは、ヘタな「人間」に知られると、観光開発とかされちゃって、荒れることが多いんですよ。
因縁の深い「商魂ブラザーズ(「保険屋」と「シナリオ屋」のことか?)」には、知られないようにしたほうがいーのでは…。
 むー…、トラブルの大元は、どぉやらここには無いご様子。
原因究明は、やっぱり専門家に尋ねるのが一番ですね。
どっかの「宇宙漫画家」張りに胡散臭い研究家には、相当な開発能力もあるようです。
その「水中バス(?)」の姿かたちと名前には、見覚え、聞き覚えがあるという方も少なくないかと思われます(「名前」のほうは、別の人じゃね?)。
 アイテム採集の障害は、本人たちはもちろんだろうけれども、うっとうしくてしょうがない。
武装は無いのか?「火力」を整えんと対応できんぞ(そこに期待すんなよ!)!
 このパズルに封印された「財」は、秘蔵の酒(「封印」ってなんだ!?)。
じゃ、パズルタイムの始まりだ(オィ!)!
 この事態の元凶を断つためには、どうやら「ドラゴン」と対峙しなければならない模様。
と、言うわけで―…、「ドラゴンファイト」ぉ、れぇでぃぃぃ、G(やめんかっ!)!!
オレのウタをきけぇぇぇ(くたばりやがれっ!)!!
 あー…、いわゆる「扉」を気にしない人はともかく、この巻は「あとがき」を最初に読むことをお勧めします。
いったい誰者様へのオマージュなのかと下手の勘繰りは、しないですむほうがよいでしょう(他人事を心配しているばやいではナイ…)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長いお話です

2015/10/18 18:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:waltz - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供がずっと買い続けています。もう何年続いているお話なのでしょう…さすがに部分部分に古臭さは感じますが、子供が買い続けているのできっと面白いんだろうなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 17:49

投稿元:ブクログ

中学生のころから読んでいるライトノベル。本の中では何年も経っていないのに、パステル達の成長が著しく、読んでても不甲斐なさにイライラするようなことが減ってきた。純粋に冒険要素を楽しめるようになって良かった。まだまだ続きそうなので先も楽しみ。

2011/12/17 13:40

投稿元:ブクログ

本屋で見かけて、思わず買っちゃった。
毎回新刊が出るたびに『これで最後にしよう』と思うのだけれど、結局また買っちゃうんだよな。

もう、中学生の頃からずっと読んでるからなぁ。
あの頃は年上だったパステルも、いまやこんなに年下に。
あこがれから共感になり、バカじゃねーのという長い嘲笑期間を経て(笑)、もう大人になった今は母親目線というか(笑)。
恋愛っぽい雰囲気が出てきてからちょっと…と思ってたんだけど、思ってても読みたくなるのはパステルがほんとがんばっててパーティがみんないい奴らだからだろうなぁ、と思う。

パステルの悩んでいることは、立場や形は変わるけれど子供から大人までみんな持ってる悩みなんじゃないかなと思う。
それを乗り越えよう乗り越えよう、ちょっとダメかもだけど乗り越えよう!とがんばっている姿がなんだかこっちまで元気になるんだよね。

話の中は、いつも通りドタバタ冒険小話。間に謎解き(というかパズル)があったり料理があったり、そらもういつも通り。最近トラップが露骨なのもいつも通りに思えてきたし(笑)。
最近こういうの、珍しいんじゃないのかな?
どろどろしたもの、ダークなもの、殺伐としたもの、スタイリッシュなものが多いような気がする昨今。たまにはこういうのがあっていいんじゃないかなー。ほのぼのしてるコメディでも、結局人がいて悩んでいるのは一緒なわけだけれど。

新ドラゴン登場。
この世界のドラゴン、地味に好きなんだよー。ほのぼの。
これだけドラゴンと知り合いなパーティってすごいんじゃねーの、と思うのだが。あくまでへっぽこ家族的なままなのがいいなー。

2011/12/22 21:06

投稿元:ブクログ

気がつくと20年以上つきあっている作品ですが、変わらず安心して読めるシリーズです。今回は海の中の冒険となり、さらにフォーチュンの世界は拡がった感じです。
デュアンとも連動するように見えていた黒い影は今回は現れず、いい感じにフォーチュンらしい長編に仕上がっていると思います。次はいよいよ新しい大陸へという流れでしょうから、ますます拡がっていきますね。

2012/02/23 09:52

投稿元:ブクログ

前編からの続き。パステル達は霧で動けなくなった船の為に、原因の霧を晴らすためにとある島に上陸する。
そこで、出会った島(海?)の住民から頼みごとをされて。。
今回もいつものように他のお使いが発生w!無事に霧を止め、船を再び動かす事ができるのかっ?!
そして、トラップのヤキモチは落ち着くのかw!?くぅっ楽し過ぎますねっ!!

2011/12/23 11:23

投稿元:ブクログ

青年になったカシアス・ロッパとの再開。瞳を輝かせて冒険を夢見ていた少年は、様々な経験を経て少し屈折した青年になった。パステルたちに比べたら、ってだけで、それでも充分真っ直ぐで素直で可愛いものに思えるけれど。

2012/01/03 22:07

投稿元:ブクログ

フォーチュンは読んでいて安心します。生きるか死ぬかのドキドキハラハラは似合わない!
えっちらおっちらと、これからもみんなでがんばって欲しいなー。
カシアスは今後パーティに入るのかしら。個人的には、入らないで欲しいな。。。

2011/12/15 22:16

投稿元:ブクログ

わーい、新刊だ~!
っと、再会相手カシアスだけだったのかあ。
なるほど。
でも私と同じように思った人いっぱいいたのだな、
あとがきで深沢さんが断ってるとこみると。

カシアス、どんな人?
とか思ってたけど、共に戦えば仲間なのね。
すっかり打ち解けちゃって、よかったよかった。

ドラゴン!?のあたりはわくわくでした。
いやーほんとパステルたち人脈ならぬドラゴン脈広くなってるよなあ。
例の怪しい商人との対決にあたって
力強い味方になってくれるといいなあ。

ブルードラゴン、是非イラストでみたかった~。
JBとコボルト、元気してるかなあ?
ゲームしてるかなあ?

パステルの悩みはよくわかる。
でもさー大部分の人はそーなのだと思うのよ。
特別すごい能力があるわけでもない。
でもさ、それでも、どんなときでも一生懸命でみんなのこと想って
頑張ってるパステルが、
だからこそ好きだなあって思う。
いっぱい悩んで、落ち込んで、立ち直って、
そーゆー彼女の冒険に、もう殆ど保護者気分で付き合ってるとこあるかも。
いやー読み始めたときは同年代だったのになあ。
ははは。

さてさて、大陸につくまでもなく、とりあえずここで下巻終了。
目的地での冒険はまた次巻へ、とゆーことなのだな。
なにが待ってるのやら。

2012/02/16 10:09

投稿元:ブクログ

このシリーズは短編を含めて全部読んでいるほど好きです。特にこのパーティーのほのぼのとした雰囲気が大好き。

下巻ではパステル大活躍です。今回から彼女が始めたあることによって物語があっという間に収束してしまう(笑)ぐらい、いい働きをしています。ただパステルのこういった頑張りが読めるのは嬉しいけれど、物語が終盤簡単に収まりすぎてちょっと物足りない感じ。もう二転三転してほしっかった。


ところでパステルはあれ飲んだのに気絶しただけで終わらせるんでしょうか。この冒険で再開した彼もいることだし、やっぱり次巻の伏線ですよね?

2012/02/01 22:38

投稿元:ブクログ

【NDC(9)】 913.6 
【請求記号】 913.6/フ-1/2-19 
【登録番号】 1001011398 

2012/03/05 16:16

投稿元:ブクログ

小学生のときに出会ってかれこれん十年読み続けているシリーズ。わくわくするストーリーなだけにひとつひとつのエピソードがすこし雑な気がして残念。
パステルの悩みも今更すぎてクエスチョン。昔はかわいそうといいながらミミウサギをさばいたり、方向音痴とののしられながらも懸命にマッピングしてパーティに貢献してた。パステルは勝手にパーティで自分の居場所をなくしたと思い込んでるけど、そんなこと、昔はしっかりやってたのにね。
「落ち込んじゃってさ、どうしたの私?ためいきばかり、らしくないでしょ!」

迎さんのイラストは相変わらずかわいいな~

2012/08/06 03:12

投稿元:ブクログ

Amazonさんでポイント使用して購入しました(*・ω・)ノ

久々に冒険らしい冒険をしている感じですが、やはりFQの醍醐味はドタバタ×ほのぼの×青春と言いますか、主人公パステルをはじめ、等身大な少年少女の目線、キャラクターにあると思います。

なので冒険、クエストは今回もやっぱり運良く拍子抜けする程あっさりクリアしてしまうんですが、パステルの読者目線でのツッコミ、疑問、葛藤、成長などなど、そちらを身構えず気楽に楽しめば良いと思います。

暫く謎の行商人絡みでシリアスな展開が続きましたが、今回は比較的フラット。
劇的な展開と言うのは無かったような気がしますね。

ドラゴンもあっさり書かれていたし。もっとシロちゃんの変化に対するアレコレ訊けると思ったのに。多分成長期だろうけど。

カシアスも何かあるかと思ったんですが、裏切りとかって急展開はありませんでしたね。船に残るって言った時何かあるんじゃないかと身構えたんですが…

まあでもクレイがちゃんと活躍してくれて良かったです(笑)

ルーミィの喋り言葉も段々しっかりしてきたと言いますか、単なるかわいい赤ちゃんでは無くなってきましたね~。ちょっと淋しい気もします。

今回一番お気に入りのシーンは男性陣が人魚姿のパステルを想像してしまうシーンですね(笑)

確か一カ所リオルをリアルと誤植してました。

次回は(恐らく)新大陸突入ですね!楽しみです(^^)

2015/11/13 07:24

投稿元:ブクログ

最初の辺りのやり取りは正直ふんふんと読み進めて、最後のドラゴンあたりから面白くなったかなぁと。
今までになくパステルが大活躍で違和感を覚えたほど(笑)
確かに今のパーティでパステルは何の役割も持っていないと思う(詩人やマッパー的にね)
かといってパステルが考えてるムードメーカー的なものになれるかというとそこも違う気がする。
そういうのってなろうと思ってなれるものじゃなく、自然に身についているものと思うから・・・
この役割の話は今後話が解決していくのだろうか・・・と思いつつ、まだカシアスともお別れしてないし、次巻でまた話があるのかもしれない。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む