サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

小学館BOOK全品ポイント60倍(~6/2)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエスト
  5. 新フォーチュン・クエスト(20) フレンツ・メーロス二世の受難
新フォーチュン・クエスト(20) フレンツ・メーロス二世の受難(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新フォーチュン・クエスト(20) フレンツ・メーロス二世の受難

著者 深沢美潮 (著),イラスト:迎 夏生

豪華客船での思いがけない冒険を経て、ようやく新大陸・トゥルースへ到着したパステルたち。さっそくヒュー・オーシの依頼を果たすため、大貴族フレンツ・メーロス二世の屋敷へ! し...

もっと見る

新フォーチュン・クエスト(20) フレンツ・メーロス二世の受難

594 (税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

新フォーチュン・クエスト 20 フレンツ・メーロス二世の受難 (電撃文庫)

594(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 17.7MB 無制限
Android EPUB 17.7MB 無制限
Win EPUB 17.7MB 無制限
Mac EPUB 17.7MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

豪華客船での思いがけない冒険を経て、ようやく新大陸・トゥルースへ到着したパステルたち。さっそくヒュー・オーシの依頼を果たすため、大貴族フレンツ・メーロス二世の屋敷へ! しかし、当主であるフレンツ二世は死霊に取り憑かれて寝込んでいるらしく、会うことも、話をすることもできず……。 陰謀渦巻く大貴族のお屋敷で、パステルたちは呪いに苛まれるメーロス家を救うことができるのか? 新大陸が舞台の第20巻です!!

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「ウワサ」だけなら、おなかいっぱいの「英雄伝説」なのに…

2012/09/04 18:49

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

当「フォーチュン…」ワールドにあっては、もはやかなり有名どころなハズのこの連中に「通称」ってないのかな―…と、疑問に思うことってありませんか?
リーダーは「クレイ」なんだろうけれども、「クレイ一味(ちょっとコレ…)」とは絶対呼ばれないでしょう。
もしそういう事がありえるとすれば、「竹アーマーの一党」ってなことになりそうだし(そこまで「へたれ」にしなくても)…。
冒険記だか小説だかで名を馳せているとすれば、「パステル一味(だから…)」ということになるんでしょうかね?
そこへ持ってきて、「大所帯」になりすぎると物語の進行もやりづらい(そういうことを露骨にハき出すんじゃない!)?
いや、なにしろ「安心キャラ」が減りつつあるから心配で…。
 ところで―――国土の半分が領地―――ということは、事実上の王様ってことですよね?
これまでも、政治体制についてあまり詳しく読んだ記憶はないですけれど、支配統制等々において、兄弟親戚筋ですらこれほどこじれるのであれば、地方領主間においてそれほど平和的に統治できるもんなのか…、気になるところです。
まぁ、あんまりリアルな社会情勢は、「フォーチュン…」には似合いませんけどネ。
しかし、だとすれば、今回も「一国の危機」を救った―…と言う「武勇伝」につながるんでしょうなぁ。
 さて、この「フォーチュン…」シリーズの読者の皆様におかれては、「あとがき」から読まれる方も多いとか、いつぞやの「あとがき」にもありましたように存じます。
ですが、この度「あとがき」の「ニュース」は、本編を上回るサプライズかもしれないので、最後に読んだほうがいいかもしれませんよ。
じゃないと、物語そっちのけで気になっちゃうカモです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/28 16:57

投稿元:ブクログ

むーん。
閑話休題的な?
盛り上がりも盛り下がりもなかったな。
伏線がありそうな感じでもなかったし。


次が来年の春に出るのはまぁ嬉しいけれど
またレーベル変わるのか。

村に帰るか先に進むか曖昧なまま終わってるのもなんだかねー。

ここまで来たら完結まで付き合うよ。うん。
最初に読んだのは小学校の頃だった。たしか4の呪われた城あたり。
長い付き合いになったもんだー。
折角児童文学として出てるんだから読めるようになったら子供にも読ませてみたい。
新装版もいいけどセロテープで貼りあわせたボロボロの表紙の
今はなきスニーカー版でもいいじゃない。


ブクログのタグwww
ギャグとシリアスが同居してて
バトルもので家族ものってなにどういうことwwwだいたいあってるけどwww

2012/09/01 08:44

投稿元:ブクログ

フォーチュンにしては珍しいシティアドベンチャー。モンスターとの戦闘が1回もない巻というのは非常に珍しいかも(故に巻末のミニ図鑑もない)。
ストーリー的な必然ではありますが、パステルたちのパーティの到着が早すぎても遅すぎてもこの領主は死んでたのかなぁとか思うと、純粋な悪意が見えてしまうあたりはちょっとだけフォーチュンらしくないかなぁとも思いました。

2012/09/09 08:28

投稿元:ブクログ

内容はさて置き
こんなに長期的に買っているシリーズがないので、買わないって事が出来ないよ。

次巻から新章スタートって事は、そろそろ冒頭の彼らの目的…ができて、完結に向かってくれるのかな??それを期待
それともラノベのサザエさん的なものを狙ってる?それでも良いか…

2012/10/08 00:51

投稿元:ブクログ

まさかのモンスターが一匹も出ない!
こういうのもFQっぽくていいなぁ。
新章が楽しみ!
まさかの大展開?!

2012/08/04 14:29

投稿元:ブクログ

新大陸に到着した一行は、ヒュー・オーシの依頼を果たすべくフレンツ・メーロニス二世に会いにいく。
メーロニス家の人間たちと話の展開の薄っぺらさに驚いた。

カシアスとも別れちゃって寂しい。きっとまた再会するんだろうけれど。

次巻から、新章スタート。らしい。
子供の頃から読み続けているし、ちゃんと完結できないままに終わって欲しくないから買い続けているけど、もうちょっとキャラクターとかストーリーとか練ってくれないかな。

最近はクレイがひときわ紳士だな。

2012/08/14 20:29

投稿元:ブクログ

読み始める前に、20巻という数字に驚きました。スニーカー文庫から電撃文庫にうつってから、こんなたくさんの冊数出たんだな、としみじみ。
いやはや、長い。

ドキドキワクワクよりも、えっちらおっちら、ひいひい言って、失敗してもバカみたいに笑うのがフォーチュンだと思っています。冒険の中にもほのぼのがあって、何があってもどうにでもなるよと背中を叩く感じ。

みんな成長してきたのか、だんだん失敗しなくなってきたような。特にパステルは直感力が働きだして、それを元に物事が良い方向に動いてる。
だからか、山も谷もない物語になりつつある気が。話がうまくいきすぎるんです。


実は、同じ顔したお姫様と入れ替わる話までしか、内容を覚えていないんですよね。
細かいエピソードは覚えているんです。クレイの兄ふたりが竹アーマーを加工したり、ルーミィがさらわれそうになったり。だけど、一冊丸々のお話を覚えているかと言うと、答えはノーです。それまでのお話はきっちり覚えているのに。


ってか、今回のは限りなく外伝寄りじゃないかと思います。

読んでる間は、フォーチュンの世界だなって噛みしめていましたし、楽しかった。
だけど何も残らない。
このお話もあっさり忘れてしまいそう……。

2012/08/30 23:21

投稿元:ブクログ

【NDC(9)】 913.6
【請求記号】 913.6/フ-1/2-20
【登録番号】 11520
【資料ID】 1001011520

2012/08/13 08:23

投稿元:ブクログ

大人になってしまったからなのか、ちょっと物足りない。次巻からは新しくなるというシリーズだが、このシリーズの最後を飾るにはちょっと残念。

2012/08/12 12:52

投稿元:ブクログ

ついに新大陸上陸!
なんですが、あまり満喫できないままに、らしいと言えばらしいですが、事件に巻き込まれます。

貴族ならではの謎解きミステリー…と言いますか、推理もの?犯人探し?でもメインは内側から元気に家族愛!って感じでしたね。

私自身先月末に父を亡くしまして、自宅療養、介護頑張るぞ!って張り切ってすぐのことだったので。未だに実感無いのですが妙にこの貴族家族に移入してしまいました。羨ましい面も。

チラチラと燻るパーティ解散の影=シリーズ完結の影がまた気になりますが、フォーチュンシリーズはでも続けて行くぞ、って前向きなところでドタバタと終わってくれると信じてます。解散で完結は無いよね?

あとがきにも新シリーズの話出てましたし、これはまだ続くと言うことですよ!

本作だけで言えば、やっぱフォーチュンシリーズは食べ物の描写が好きだな~。パステルの視点がずっと(年齢はとっくの昔に追い越したし、恋愛面はうぶ過ぎるけど)一緒って感覚が良い!
しかし食材名はいじるのやめたのかな?トマト→マトマとか。食卓の騎士たちでかなり馴染んでるからちょっと淋しかったりして。

作中の時間にするとほんの短い期間でしょう?無印1巻からここまで。目まぐるしいよね!

お馴染みのアイツも登場して、やっぱりイイ奴、と言うかイイキャラだった(笑)一緒に何かクエスト解決しないかな~?

本編の謎解きは呆気なかったけど、フォーチュンてクエストそのものよりキャラクターの成長や日常のきづき、ほのぼのを楽しむ作品だと思っているので、まあOKかな。逆にそこ本格的過ぎたらフォーチュンじゃない気もするし(爆)

今回はそんなにトラパスだ、クレパスだって騒ぐとこは無いんだけれども、やはり公式はトラパス推しですね!まあ今更クレパスは無いかあ…マリーナいるしなあ。

あとはルーミィの魔法が気になるくらい。何でも無いかも知れないけど、何かの伏線かも?

ちょっぴりデュアンシリーズとのクロスもあり、そこも美味しいです!

2013/02/21 16:25

投稿元:ブクログ

小学生の時から読んでいるシリーズ、今回発売に気づくのが遅く、18巻〜20巻迄一気読み。この3巻の中では20巻が1番好きだった。ドキドキハラハラのモンスター撃退やダンジョンの話も好きだけど、シティものって、フォーチュンってことをすごく感じる。パーティーの連携プレーは勿論、ほのぼのするやりとり、食事のシーンはいつも美味しそうだし、ルーミィとシロちゃんにはほっこり。パステル達も大人になっていって考えることや言動が変わって行くことも、わかっていてもなんだか寂しく感じてしまうのは、私も大人になったからなんだろうなぁとおもったりして。次からまた新たなシリーズと銘打ってのフォーチュン。また仲良しパーティーの話が読めたらいいな。クレイの、紳士で人のいいところに、小さい頃にときめいてから今でも変わりません☆

2015/11/14 15:08

投稿元:ブクログ

珍しくノルが大きく表紙に登場。
ストーリーとしてはクエストは全くなく、お家騒動のゴタゴタを解決という感じでスケールは小さいもの。
フレンツ・メーロス二世にかかった呪いを解呪する目的だったけど、呪いも何も人間の仕業で呪い自体は何もかかっていなかったというオチ。
その悪さをした人間を成敗するストーリー。
それにしても簡単にパステルの運命の人、カシアスとお別れになって、何か伏線があるのかな?と思いきや、今の所ナシ。
これからのパーティの行く末の話も出てきて、どんな風になるのか当分このままでいてという感じ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む