サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

ビューアアプリダウンロード&インストールキャンペーン ~7/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 56件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/06/25
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-105601-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

歌行燈・高野聖

著者 泉鏡花 (著)

飛騨天生(あもう)峠、高野の旅僧は道に迷った薬売りを救おうとあとを追う。蛇や山蛭の棲む山路をやっと切りぬけて辿りついた峠の孤家(ひとつや)で、僧は匂うばかりの妖艶な美女に...

もっと見る

歌行燈・高野聖

税込 473 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 842.3KB
Android XMDF 842.3KB
Win XMDF 842.1KB

歌行灯・高野聖 改版 (新潮文庫)

税込 473 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

飛騨天生(あもう)峠、高野の旅僧は道に迷った薬売りを救おうとあとを追う。蛇や山蛭の棲む山路をやっと切りぬけて辿りついた峠の孤家(ひとつや)で、僧は匂うばかりの妖艶な美女にもてなされるが……彼女は淫心を抱いて近づく男を畜生に変えてしまう妖怪であった。幽谷に非現実境を展開する『高野聖』ほか、豊かな語彙、独特の旋律で綴る浪漫の名作『歌行燈』『女客』『国貞えがく』『売色鴨南蛮』を収める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー56件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

美しい日本語の調べに酔う妙味

2006/05/02 04:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の中から「歌行燈」について言及することとしよう。
「歌行燈」は、二つの過去(老人達に語る芸者お三重の過去と、うどん屋に語る門附の喜多八の過去)が同時進行しつつもゆるやかに次第に急峻な流れとなってくりひろげられるのである。
二人の老人は能役者の恩地源三郎と小鼓方名人辺見雪叟。
門付けに落ちぶれたのは源三郎に勘当された甥の喜多八である。
芸のできない芸者(ただ能を一差し舞えるだけ)のお三重。
喜多八に辱められ憤死した按摩の宋山。これらの人物の過去をからめて能楽「海士」の秘曲に乗せて鏡花は能楽の序破急にあわせるごとく言葉の調べの極みを尽くすのである。
「肩に綾なす鼓の手影、雲井の胴に光りさし、艶が添って、名誉が籠めた心の花に、調べの緒の色、颯と燃え、ヤオ、と一つ声が懸かる。」
「緑の黒髪かけて、颯と翳すや舞扇は、銀地に、その、雲も恋人の影も立添う、光を放って、ともしびを白めて舞うのである」
…と、美しい言葉の調べはまさに鏡花の美。
能楽の序破急にのり言葉の調べの美しさはその極みに達するのであるが、本書の主題は「芸」。
芸の至高、深み、恐ろしさ、法悦を言葉に尽くした先にあるもの、それが本書であろうか。
美しい日本語の調べに酔う妙味を味わせてくれる鏡花の傑作中の傑作。
※解説で吉田精一氏は「歌行燈」の素材について:
宝生九郎、と天才的な門人瀬尾要との関係を視野に入れつつも、鏡花の叔父、宝生流の名手松本金太郎と作中人物恩地源三郎は宝生流家元、九郎の人柄を加味して練り上げたものだろうとしている。
2005年2月7日付けの中日新聞芸能欄に「歌行燈」のモデルと題するコラムが載っていたので一部を付しておこう。
「主人公の転落の能楽師恩地喜多八には、数人のモデルがいるとされてきた。その一人が明治中期、宝生流シテのホープから失墜した木村安吉である。名古屋の能楽の歴史に詳しい能楽師筧鉱一さんによると廃藩後、尾張藩士から能楽師に転身した木村治一の息子安吉は、深い仲となった日本舞踊の師匠にタブーを破り仕舞いを教えて破門。能楽界から追放されたという。
ある日、素人謡会に呼ばれた安吉が端役ながら「そこのき候へ」の一句を謡いそのすさまじさに並み居る連中が震え上がったという。後に能楽界に復帰するも不遇の内に早世したという。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽玄なお化けものがたり

2001/08/13 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッピング - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「高野聖」は、妖怪の登場する物語。旅の途中、飛騨の峠にさしかかった僧は、往来のできない道を進んでしまった薬売りを追っていく。苦手な蛇や大量の蛭に道を阻まれつつも歩き続けた僧は一軒の山家を見つける。そこには艶かしい美女がすんでいた…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/12 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/10 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/25 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/24 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/15 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/23 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/06 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/21 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。