サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/06/25
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-102005-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

山椒大夫・高瀬舟

著者 森鴎外 (著)

人買いのために引離された母と姉弟の受難を通して、犠牲の意味を問う『山椒大夫』、弟殺しの罪で島流しにされてゆく男とそれを護送する同心との会話から安楽死の問題をみつめた『高瀬...

もっと見る

山椒大夫・高瀬舟

税込 539 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.6MB
Android EPUB 4.6MB
Win EPUB 4.6MB
Mac EPUB 4.6MB

山椒大夫・高瀬舟 改版 (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人買いのために引離された母と姉弟の受難を通して、犠牲の意味を問う『山椒大夫』、弟殺しの罪で島流しにされてゆく男とそれを護送する同心との会話から安楽死の問題をみつめた『高瀬舟』。滞欧生活で学んだことを振返りつつ、思想的な立場を静かに語って鴎外の世界観、人生観をうかがうのに不可欠な『妄想』、ほかに『興津弥五右衛門の遺書』『最後の一句』など全12編を収録する。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

「百物語」が好き

2019/03/18 23:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔々、中学か高校のころ読んだはずなのだが、読み終わっても記憶がよみがえってこない。ちゃんとした読み方をしていなかったのであろう。「山椒大夫」は森鴎外が元の説話をソフトにしている、安寿は拷問されないし、山椒大夫も惨殺されない。これは作者自身の好みの問題と本人は語っている。この短編集の中では、私は百物語が一番好きだ、今紀文と呼ばれていた飾磨屋が主催した百物語、しかし主人公は舞台裏をしってしまったこともあり白けて先に帰ってしまう。この飾磨屋はのちに没落することになるのだが、百物語を開催したころには金は底をついていたという話もあるらしい、それに飾磨屋に寄り添う太郎の貞女ぶりもいい、名作だ。もちろん、「高瀬舟」がいい作品であることも間違いない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今でもまだ問題です

2001/10/16 15:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高瀬舟を読むと弟を安楽死させた兄の行動が本当に正しかったのかやはり疑問に思ってしまう。この問題は未だに、またこれからも議論されるべき問題である。3年に一回はこの本を読んで安楽死について考えてみるのも良いのでは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/03 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/13 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/13 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/20 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/10 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/07 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/15 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/08 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/13 05:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/28 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/07 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。