サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ノンフィクション・ルポルタージュ
  5. 講談社
  6. 【期間限定価格】2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
【期間限定価格】2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/06/28
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-218376-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

著者 米国国家情報会議 (編),谷町真珠 (訳)

2030年は今とはまったく違う世界になっています。1995年に国家としてのピークを過ぎた日本の国力は人口減少・高齢化とともに衰えていきます。2015年にはアメリカもピーク...

もっと見る

29%OFF

【期間限定価格】2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

12/20まで通常864

605 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より475おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 17.7MB 無制限
Android EPUB 17.7MB 無制限
Win EPUB 17.7MB 無制限
Mac EPUB 17.7MB 無制限

2030年世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

1,080(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2030年は今とはまったく違う世界になっています。1995年に国家としてのピークを過ぎた日本の国力は人口減少・高齢化とともに衰えていきます。2015年にはアメリカもピークを迎え、「唯一の超大国」の地位から脱落します。経済発展著しい中国も2025年あたりを境に経済が失速、日本と同様高齢化社会を迎えます。「新しい時代に日本はどう変わっていくべきなのか」を考えるための格好の書です。

目次

  • 第1章 メガトレンド 「2030年の世界」を決める4つの構造変化
  •  メガトレンド1 個人の力の拡大
  •    貧困層は5割(5億人)減る?
  •    台頭する新・中間所得者層
  •    購買力が衰えていく米国と日本
  •    他
  •  メガトレンド2 権力の拡散
  •    中国の覇権は短命?

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

現実化する2030年

2015/03/29 00:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鎌倉ニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

そんなに遠くない2030年。この本を読んでから数か月経過したが、
この本に書かれていることがリアル化している、あるいはしつつある
ような気がする。
今度読めば3度目になるが、若者も是非読んで、これからの世の中で生きていくうえでの一助にしてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカが2030年までに辿る道

2013/08/10 16:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:D5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

このレポートは、アメリカ大統領選によって選ばれた大統領が、アメリカ情報機関に渡され必ず読むレポートだそうです。
アメリカのアジア戦略が中国中心に傾いている現状に納得。
それに続くインドや、成長するアフリカ諸国。
成長が停滞する、現先進国のEUや日本。
アメリカの新エネルギー。

基本的にアメリカ中心に語られています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり米国らしい分析です

2017/09/15 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セーヌ右岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を手に取って初めて、2030年までを見通し、米国国家情報会議が大統領選に合わせて4年に一度本レポートを新しくし、新大統領就任前に渡し、国家戦略を練る材料としていることを知り、さすが米国だと思った。本書は2012年の大統領選後のものであるが、内容は、権力の拡散、人口構成の変化、食料・エネルギー問題の連鎖等の構造変化のメガトレンドと世界経済、国家の統治力、大国衝突の可能性、地域紛争等のゲームチェンジャーについて分析し、見通しを立てているものである。全体に興味深い見通してあるが、一番関心をそそられたのは、国力比較の新モデルでは、中国が米国に並ぶのは、2040年以降と一般的にいわれるより後ずれすること、インドの経済成長が伸び、「世界一の経済大国」としての中国の地位は以外にも短命となる可能性があること等でした。4年前に初めて読んで以降、現在でも本レポートの分析は的を得ていると思います。トランプ大統領は最新のレポートをどのように読んだのか知りたいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

米国の政策の基礎となる未来予測

2014/01/03 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pappy - この投稿者のレビュー一覧を見る

米国国家情報会議による近未来予測で、とくに米国の政策の基礎となるビジョンが示されている。この予測が当たるかどうかではなく、米国政府はこの予測を基に政策を決定していることに注目するべきだろう。
本書で繰り返し強調されているのは中国の台頭であり、未来予測で最も好ましいとされているのが「米中協調」型シナリオである。当然、現アメリカ政府はこのシナリオの実現に力を入れている。中国が衰退する可能性として、労働人口の減少と生活水準の向上に伴う民主化運動の活発化を挙げているが、その可能性は低いだろう。中国の労働人口は戸籍にないものを含めればかなり豊富で、マスコミやインターネットの監視も強力に行なわれているのでほとんどの民主化運動は早期に潰すされてしまう。
しかし、国民の不満をガス抜きする目的での日本批判は今後も継続されるだろう。そして、このような中国の行動に対して、「米中協調」型シナリオの実現に勤しむ米国は中国に強い熊度で対応してくれることはない。中国がバックにいる限りは、米国は北朝鮮にも強い対応をすることはないのだ。
いち早く高齢社会に至った日本は、もはや復活することは考えられない。今年の新規予測では、ギリシャ同様にオリンピック後の日本の経済破綻の可能性に言及されているかもしれない。
中国が覇権を取った後のことはあまり書かれていない。現在の中国の日本への対応は、国民の不満のガス抜きにしては行き過ぎている。年10%を超える軍事費の増加を考えれば、対外的野心があるのは明らかだ。日本は米国に頼らない中国への対応策を真剣に考えなければいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/26 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/17 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/17 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/24 06:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/27 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/02 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/10 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/05 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/02 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。