サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

キマイラの新しい城(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/07/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-275817-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

キマイラの新しい城

著者 殊能将之 (著)

「わが死の謎を解ける魔術師を呼べ」フランスの古城を移築後、中世の騎士として振舞い始めた江里。750年前の死の真相を探れ、という彼の奇想天外な依頼で古城を訪れた石動戯作(い...

もっと見る

キマイラの新しい城

税込 648 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

キマイラの新しい城 (講談社文庫)

税込 751 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「わが死の謎を解ける魔術師を呼べ」フランスの古城を移築後、中世の騎士として振舞い始めた江里。750年前の死の真相を探れ、という彼の奇想天外な依頼で古城を訪れた石動戯作(いするぎぎさく)は、殺人事件に遭遇する。嫌疑をかけられた江里が向かった先は……。ミステリの枠に留まらない知的エンタテインメントの傑作! (講談社文庫)

目次

  • 第一之書 幻獣の塔
  • 第二之書 トキオーンを求めて
  • 第三之書 嵐を呼ぶ剣

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

時空を超えた二つの殺人

2013/10/19 01:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪ややネタバレ≫

前作「鏡の中は日曜日」に続く、探偵「石動戯作(いするぎぎさく)」シリーズの五作目。

不動産会社社長の江里陸夫は、フランスの崩れかけた古城―シメール城を、日本の千葉県に移築・再建し、アミューズメントパークを開いた。
しかし、城には亡霊が棲まわっていて、江里に憑依してしまう。
亡霊は、フランスの一領主の血筋で、十字軍にも参戦したエドガー・ランペールという騎士であり、シメール城の塔の中で、殺害されたのだという。
憑依された江里は、エドガー卿として振舞い…、というか外面は江里のままだが、内面(心)はエドガーとなった。
そして、750年前の自分の死の真相を明らかにするべく魔術師を呼ぶよう要求した。
重役たちは困り、探偵石動に調査を依頼した。
石動は、エドガー卿への聞き取りや当時の状況の再現などを行い、謎を解こうとする。
そんな中で、殺人事件が起きてしまう。
第一発見者となった江里(=エドガー)は、疑いを掛けられるのを恐れ、シメール城から失踪する。
探偵石動は、750年前と現在の二つの殺人事件の謎を解く破目になってしまった…。


物語は、エドガーからの視点と客観的な描写を、交互に描きながら進行する。
面白いのは、750年前のフランス貴族であるエドガーから見た、現代人や文明の描写だ。
彼からすれば、初めて目にするもの、理解できないものばかりであり、彼の抱く感想や評価はそのまま現代文明批判につながる部分もある。
エドガーは、時折当時を回想する。
特に、十字軍遠征の際の攻防や苛烈な状況の描写は、真に迫るものが感じられる。

本作は、殺人事件の謎を解くという点で当然ミステリではあるのだが、750年前の亡霊が憑依するという点ではファンタジーの要素も含んでいる。
そして、物語後半では、殺人事件とはまた別のある謀り事の真相に近付いたエドガーが、八面六臂の活躍を見せる。
この辺り、本筋の殺人とは離れた、エドガー卿の小冒険譚となっていて、読んでいて実に楽しい。
「ハサミ男」を読んだ時も、エンタテインメント性に溢れた作品だと思ったが、本作はそれにも増して、様々な手法を用いて読者を楽しませてくれる。

生真面目なミステリファンには、受け入れがたい部分もあるかも知れないが、気軽にミステリを楽しみたい人には、うってつけの作品だと思う。
読後に残る余韻は、著者らしいものになっていて、殊能ファンとしては満足のいくラストだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇天烈なストーリー

2017/07/15 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知『ハサミ男』の作家の作品。カーの作品の引用が出てくるのも個人的には好み。750年前に死んだフランスの亡霊が、アミューズメント運営会社の社長に取り憑いて、750年前の自らの殺人事件の解決を依頼するという奇天烈なストーリー。犯人が誰かというより、この設定と、750年前の外国人の視点で、今の日本を見た記述が、実に楽しかったです。なかなか発想力豊かで、結末もある意味、え〜そりゃないやろ的な感じで楽しく読めました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/31 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/31 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/11 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/12 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/09 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/04 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/09 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/23 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/03 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/26 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/22 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/21 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。