サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 801件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

著者 著者:三上 延

珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸...

もっと見る

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

税込 616 5pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.7MB 無制限
Android EPUB 4.7MB 無制限
Win EPUB 4.7MB 無制限
Mac EPUB 4.7MB 無制限

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

税込 616 5pt

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

ビブリア古書堂の事件手帖 4 栞子さんと二つの顔 (メディアワークス文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。 金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが ──。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー801件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

この文庫本を胸に・・・・

2013/04/07 18:04

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

4巻目を待ち望んでいました。
売れ筋の本がよく展示されていますが,どういう訳か,この「ビブリア古書堂の事件手帳」には引きつけられるものがあって,迷わず手にしました。
1巻から3巻まで,一気に読んでしまいました。
同じように,4巻目も一気に読んでしまうのかと思うと,なんだか勿体無いような気持ちになりました。
だから,ゆっくりゆっくり・・・・と読み始めたのですが,すると,この本が何だか愛しいものの様に感じられ,思わず胸に抱きしめていました。
今は,ちょうど真ん中あたり・・・・これからの展開が愉しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待とおり!

2013/05/04 15:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coomama - この投稿者のレビュー一覧を見る

4巻待ち望んでおりました。ますます筆が冴えわたり期待とおりの世界にうっとりです。
しかし、不覚にもなにげに見てしまったテレビ放送の内容。。エピソードはたくさんあるのに最新作を題材にしてほしくなかったです。5巻は即効、購入なくては!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビブリア古書堂の事件手帖4

2013/03/08 17:11

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本に纏わる物語り以外にも店主とアルバイトの男性との恋愛の物語にも注目して見て頂きたい。

今後どのようになって行くのかとても楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続きが気になる

2015/08/24 15:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はいつものように短編ではなく、一冊を通しての長編小説です。とても読み応えがあっておもしろかったです。とても続きが気になるストーリーですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母、智恵子登場

2015/07/04 23:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

今回は、一冊丸々江戸川乱歩のはなし。
私自身、初めて自分から手にした本というのは、新潮文庫の『江戸川乱歩特選集』という短編集でした。
「屋根裏の散歩者」や「ソロバンの恋」、「二銭銅貨」も入っていたと思います。
今回のビブリア古書堂では二銭銅貨が暗証文字を解くヒントになっています。
しかし、いつもながら古書の知識はすごいですね。
そして、今回は母、智恵子さんがついに登場。
大輔と栞子の関係共々今後の展開が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古書を媒介に人を思う気持ちを丁寧に描いています。

2013/02/25 00:25

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:があ - この投稿者のレビュー一覧を見る

10年間連絡の無かった栞子の母から電話があった。目的は分からない。
その翌日、鎌倉の雪ノ下の館からビブリア古書堂に依頼が入る。
稀代の推理小説家・江戸川乱歩のコレクションを譲り渡す代わりに、ある男性が残した金庫の鍵を開けて欲しいという……

テレビドラマ化され賛否両論(個人的にはテレビドラマの脚本には満足していますが)の「ビブリア古書堂の事件手帖」4巻目。

4巻目にして初の長編になっています。
取り上げる作家は江戸川乱歩。
探偵小説、推理小説にはまるきっかけになる人も多いはず。ウチも小学校の暗い図書室でむさぼるように読んでいました。

1巻目から謎の存在だった栞子の母が登場し、栞子や妹の文香との関係性や古書を媒介に人を思う力を丁寧に描いています。

短編も良いですが、登場人物が整ってきたので長編でじっくりと描いているのが素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマより面白いかな

2013/03/04 00:36

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸川乱歩を下敷きにしたミステリーやラスボス感の母親の登場、なかなか面白かったです。でも、栞子さんと五浦くんの仲が少し進展したことが最大のポイントでしょうか。江戸川乱歩は未読ですが、怪人二十面相とか、少年探偵団のうたとか、かすかに記憶があります。今度読んでみよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが、

2013/03/24 00:21

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さや坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の様子だとか、本と人との係わり合いに面白みがあり引き込まれる。
ただ、自分としては一巻と同様の中のデザインがよかった…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕が馬鹿だったすぐ読めば良かった

2013/09/24 11:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズの最初の巻を読み、そのあまりの面白さにここでも大絶賛のレビューを書かせて頂きました。しかし実はこの4巻は買ったまましばらくの間、「積ん読」状態になっていました。その理由の一つは、今更ですが過日放映されたテレビドラマにげんなりさせられた事。それと3巻目を読んだあたりで、どうもマンネリのような物を感じてちょっと飽きを感じてしまった事。今では完全に私の邪推だと認めますが、「売れたから慌てて続編を作った」、みたいなイメージを持ってしまって、どうもすぐにこの4巻を手に取る事が出来なかったのでした。
ところが読み終わってみて、おかしな邪推や偏見でこの4巻を手に取らなかった自分が実に馬鹿だったと痛感しました。このシリーズはこれまでの3巻までそれぞれについて何かを感じ何かを言うと言うより、この4巻まで読んで総じて何かを感じ取るべき。それくらい、この4巻は完成度高かったと感じます。
これまでの巻では、いくつかの古書で一つのテーマを綴り上げて物語としていた感じですが、この4巻では「江戸川乱歩」を題材に使って、これまでの4巻分のストーリーを総じてまとめた印象があります。そう最初から、ちゃんとここまで物語が出来ていたのだなと感じさせる部分がそこここに見受けられ、先に書いたような大反省をさせられる事になりました。
この4巻自体としての事件、トリックも非常に興味深い上に何度もひっくりかえってまるで飽きさせません。また通巻で懸案となっていた、主人公栞子さんと母親の親子関係も何だか一気に見えて来る。またアルバイト五浦との微妙な関係も、げんなりとしない程度の、これまた微妙な進展を見せて好感度高し。そして物語の、「次の展開」を感じさせる終わり方も申し分なし。まごうかたなき素晴らしき作品、まだ未読の方は1巻から一気にこの4巻まで読まれる事をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古書店女主人と、古書にまつわる謎解き。5巻。

2013/03/17 09:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:potman - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は江戸川乱歩。そして、シリーズ通して追っていくと思っていたお母さんまさかの登場。
1巻まるごとで一つの話をやって、お母さんの足取りを探すクエストは終え、そして大輔はデートと告白までクリア。
これからは、栞子さんが他人と付き合う自分と向き合えるかと、お母さんの追う古書に焦点が寄っていくのだろう。
そうなると、それが見つかっても次なる、とかが出せて、いくらでも続けることもできそうだ。
まあしばらくはマンネリを心配することもないし、楽しませてもらえそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

4作目は乱歩一色

2017/06/11 20:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

4作目は長編。今回の古書のテーマは乱歩!乱歩好きには垂涎の話題でしょうが、ミステリー好きを自称してるくせに、実は私は乱歩を今まで読んだことがなく(´・_・`)。これを機に読んでみよかなぁ、とも思いました。でもほかにも読みたいもんいっぱいあるし。。。で罪作りなシリーズですっ。話自体は栞子の母親がいよいよ登場!いきなり栞子と対決。5作目以降の展開がますます目が離せません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乱歩だものギラギラになるんですね-面白い

2014/04/29 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お手伝いの五浦大輔君は栞子に惚れている。しかし、彼女の方は本以外のことは殆ど奥手の天然で中々噛み合わない。所で今回は栞子さんのお袋が出てくるが、栞子以上に本好きはいいが、好きすぎて病気になっている厄介な人物。今回は江戸川乱歩に惚れ込んだ死んだ男の話だが、その遺産の蔵書の他に開かずの金庫の中に入っている乱歩の生原稿がメインのテーマである。「押し絵と旅する男」の初稿を乱歩が気に入らなくで破り捨てた。つまり本になった原稿は後から書き直したものと云うことになるが、その破いたはずの原稿が裏張りされて残っていたと云うことである。栞子は純粋にその原稿を読んでみたいという思いに駆られたようだが、母親の方は読むという興味と共に、幾らになるかと云うこともあるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん・・・

2013/04/10 15:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toro - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きな本ですが、先にドラマを見てしまったので・・・
私が先に本を読んでいたら、これまでのようにドラマではどうだろうと
差を楽しんで見ていられたのでしょうが・・・
本が発売されてそれ程経っていないのにドラマになってしまってはちょっとつまらなく感じてしまった。
でも、次も購入するのでしょうね。
時間をおいて読み直してみたいと思います。
このあと、どうなるのか楽しみなので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乱歩尽くし

2013/05/11 19:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MUNINN - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだかんだで4巻も買いました。ついにお母さんの登場で少し話の盛り上がりがあり、意外とおもしろ くなってきました。
 にしても、電話で声真似する母親ってどうなんでしょう? 今回は複数の謎ではなく一貫した依頼で乱歩の小説が色々登場するタイプでした。 依頼の顛末よりも巻末で母・智恵子と連絡をとってた人物が意外すぎておどろきました。 最初に出てきた時まさかこんなに今後も登場する人物だなんて想像もしなかった。井上さんもですけど。まあ、私はしのぶさん夫妻が好きですが。 五浦さんの洞察力もだいぶ磨かれてきたようなので、今後の展開にちょっと期待ですね。 最後は栞子さんのために一人で謎解きしたりするのかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった。

2017/03/16 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みきママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

頭が良い栞子さんの推理力で話は進んでいくので、先が気になって後半は読み進みが早くなってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。