サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

優しくって少し ばか(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/08/30
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-749536-2
一般書

電子書籍

優しくって少し ばか

著者 原田宗典 (著)

男は、いけない。女もいけない。いけない二人が一緒にいるから、なおいけない。けれど一人じゃいられない。答えは出ないと知りながら、次から次へと問題提起。重なったり、離れたり、...

もっと見る

優しくって少し ばか

432 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

優しくって少し ばか

432 (税込)

優しくって少し ばか

ポイント :4pt / 紙の本より65おトク

販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
Win XMDF 290.2KB 無制限

優しくって少しばか (集英社文庫)

497(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男は、いけない。女もいけない。いけない二人が一緒にいるから、なおいけない。けれど一人じゃいられない。答えは出ないと知りながら、次から次へと問題提起。重なったり、離れたり、擦れ違ったり、傷つけたり。危うい男と女の関係を縒り合わせて編んだ、問題の多い六つの中短編。第八回すばる文学賞佳作受賞作品を収録の、原田宗典の第一作品集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

男も女も

2002/06/25 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田氏のエッセイしか読んだことのない人には、少しびっくりするというか、意外に感じるかもしれません。私もそうだったので。
この本には、女の怖さや不気味さが描かれていておもしろかったです。「雑司ヶ谷へ」は女が中絶をする話なのですが、男側の気持ちも、女側の気持ちもわかるし、どうしようもない現実というのが強く伝わる話です。小説の書き方が、技術的でもあり感覚的でもある、何度も読みたくなるなと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センスのいいラブソング

2002/02/19 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんぼや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 短編がいくつか納められた作品集。
 中でもタイトルにもなっている「優しくって少しばか」がセンスよく、気持ちのいいラブソングのような響きをもっている。ある朝の隣に寝ている彼女との会話を中心に少しだるい朝のようすを書いた作品なのだが、原田さんらしい、言葉のいいまわしや間のとり方が絶妙。日常的で飾り気の無い素朴な日々、でも優しさが暖かい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男という生き物がかわいく見えてくる

2001/02/13 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神は小さき所に宿る、という言葉があります
 ぼくは神さまはあまり信じませんが、この場合の神は、愛に置き換えられるような気がします。ごく些細なこと……例えば階段を下りる時に君の足元から目を逸らさずにいること。眠る前に肩が出ないように毛布を掛け直してあげること。悲しそうな顔をしていたら理由は聞かずにそばにいてあげること。そんな所に、愛は宿っていると思えるのです……。
 だからそんな所から、ぼくは君と始めたいと思います

 こんな素敵な手紙が書けちゃう「ぼく」が主人公の『優しくって少しばか』。物語は、彼の一人語りで進んでいく。
 彼女のふとした言動に、いちいち反応し、内心あれこれ思いを巡らす「ぼく」の姿に、思わず笑みがこぼれてしまう話だ。
 初めは少し読みにくく感じる文体(不自然な箇所で改行されたり、句読点があるべきところになかったりする)も、整頓されていない、彼の生の心の声を聞いたような気持ちにさせる、良い効果を生んでいる。

 『優しくって少しばか』は、男の視点で書かれた小説だけれど、女性にこそ、読んでほしい。通常、表に出てくることのない心の言葉が物語中に溢れていて、男性の楽屋裏を見たかのようなうれしさが、そこにはある。
 また、気取りがち、強がりがちな男の人の、素の部分を見ることで、男という生き物が、なんだか、かわいらしくも見えてくる。

 恋愛モードに入っている女性に、お薦めの一冊。
 ただ、『優しくって少しばか』に登場するカップルは、とても素敵な二人。自分と自分の彼との間には、こんな素敵な関係はないと、溜息をつく結果になることもあるので、要注意。
 また、収録されている表題以外の作品は、『優しくって少しばか』とはカラーが異なる。とても不気味な作品もあり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/29 03:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/22 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/28 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/18 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/08 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/30 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/15 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/10 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/04 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/15 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む