サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

街場のアメリカ論(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/09/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-777368-7
一般書

電子書籍

街場のアメリカ論

著者 内田樹 (著)

ウチダ先生が今回俎上に載せるのは、ズバリ「アメリカ」。私たちが「アメリカの圧倒的な力」と思いなしているものの一部は、明らかに私たちがつくり出した仮象である――。本作のベー...

もっと見る

街場のアメリカ論

税込 649 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.8MB 無制限
Android EPUB 5.8MB 無制限
Win EPUB 5.8MB 無制限
Mac EPUB 5.8MB 無制限

街場のアメリカ論 (文春文庫)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウチダ先生が今回俎上に載せるのは、ズバリ「アメリカ」。私たちが「アメリカの圧倒的な力」と思いなしているものの一部は、明らかに私たちがつくり出した仮象である――。本作のベースとなっているのは大学院の演習での講義と、聴講生たちとの対話。ファストフード、アメリカン・コミックなど身近な題材から始めつつ、いつしか本質に迫るウチダ節が炸裂! アメリカを論ずることで、「日本らしさとは何か?」が見えてきます。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

日本人が理解しているアメリカ像

2011/01/16 09:37

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 内田樹のアメリカ論である。本当に興味深く読め、途中ではたと膝を打つ場面も多かった。但し読後に一度冷静になる必要があると考えているところだ。

 僕にとって一番不思議だったのは「はたと膝を打つ」自分自身である。なぜなら僕自身は殆どアメリカを知らないからだ。仕事でアメリカに行った回数を考えてみても大した数字は出てこない。アメリカ人の友人がいるかと考えても、知り合いレベルで数人だろう。アメリカの新聞を読んでいるわけでもない。アメリカの映画を観ることは好きだとしても年に数本程度だ。一言でいうと、「全くアメリカに関する知見がない」ということが僕自身の実態である。
 そんな僕がなぜ本書を読んでいて「はたと膝を打つ」のだろうか。アメリカを知らない人がアメリカ論を読んで頷いてしまうとはどういうことなのか。


 極言すると本書とは「日本人が理解しているアメリカ像」を切れ味よく書きあげた本なのだと思う。僕もアメリカを知らないとはいえ「日本人として理解しているアメリカ」という一種の共同幻想のようなものを持っているということなのだろう。そうして、その幻想をきれいに説明する言説に出会った際に感じる一種の既視感が、僕をして僕の膝を打たしめると考えることで、漸く理解出来てきたような気がする。


 それはそれで重要な事なのだと思う。自分自身がある種の共同幻想に取り込まれていると理解することは、相対化することでもあるからだ。自分を少し離れたところから見つめるという作業は、常に大事なのだと僕は考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/07 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/17 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/02 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/09 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/01 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/19 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/02 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/11 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/08 06:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。