サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 512件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/09/13
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • ISBN:978-4-344-40551-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

火の粉

著者 雫井脩介 (著)

累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年前に無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた...

もっと見る

火の粉

税込 796 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

火の粉 (幻冬舎文庫)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年前に無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い……。武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴む。しかし梶間家の周辺で次々と不可解な事件が起こり……。最後まで読者の予想を裏切り続ける驚愕の犯罪小説!

掲載中の特集

ミステリー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー512件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

じわじわと侵される恐怖

2007/01/30 18:37

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ssc - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品を読んですぐ、雫井脩介先生の他作品を買い漁りました。
非常によかった!
何がよいかというと、じわじわと、自分の居場所を奪われる恐怖!
視点となる登場人物の誰もが、感情移入がしやすい人物なだけに、恐怖、苦悩が、自分の事のように伝わってくる!
自分の居場所が、悪意ある誰かに奪われていく恐ろしさといったら!
どうなるのか、どうなるのか、と読みながら焦り、ページを読み終える前に、めくってしまったり……
最高でした。ダレがなく、スピーディーです。
私としては、最悪のオチを予想しておりましたが、
このオチならば無難かな、と思わせられるものでした。
後味は(私的にはですが)悪くないと思うので、バッドエンドの作品が苦手、という方にもお奨めできる一作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

犯人は誰なのか。最後まで目が離せない!

2005/12/02 23:52

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄い本を読んでしまいました。
物語は、裁判官である勲が無罪判決を言い渡した男が、勲の家族が住む家の隣に引っ越してくる話。その事によって、不可解な出来事が次々と起こる…。
ストーリーは予想できるというか、こうなっていくのかな?というのは分かるのですが、その証拠というか、謎が紐解かれていくさまが本当に絶妙で面白くてハラハラさせられます!最後までどうなるかわからない上、最後はこうきたかー!!!とびっくりしました。
それからこの物語のポイントになる「冤罪」や「子育てにおける虐待」などもしっかり調べて書かれてるので、事件に深みとリアルさが増し、またお勉強にもなります。
興奮して一気に読んでしまい、口の中がからからになりました(笑)
マジおすすめです!
この人の作品、他にも読んでみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「犯人に告ぐ」が楽しかったので、その流れで読みました。

2014/10/30 22:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「犯人に告ぐ」が楽しかったので、その流れで読みました。
隣人の狂気の話。無駄がなく、感情表現もうまいです。ラストもまとめて素晴らしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も、思い通りにならず声を出して悔しがった

2005/02/16 02:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

率直に、おもしろかった。
隣人のせいで今まで平和だった家族がどんどん泥沼にはまっていく。
雪見(嫁)がどう頑張ろうとも報われない。
くやしさやもどかしさで声がでる。とにかく早く真相が知りたくて一気読みしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自らに降りかかる火の粉を振り払うように

2004/10/12 10:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なかちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人を裁くという事の難しさ、
そして裁判官一家に忍び寄る影。
それはゆっくりとそして確実に…

何気ない日常に思えた一家を襲う
その結末とは。

果たしてその裁き方が正しかったのかどうか、
法曹界に一石を投じる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマよりいい

2016/08/20 09:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見て読み始めました。ドラマよりも終わり方はよかったと思います。そしてドラマより、なぜ犯人がそのようにしてしまうかを理解できる内容でした。ドラマがちょっと脚色しすぎというか、行きすぎていたのかなと思いますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれる恐怖

2016/05/18 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく最初から最後までドキドキハラハラさせられ続ける。展開がある程度読める分、その通りに進んでいく恐怖。映像化されるのも頷けるが、やはり原作にはかなわない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人は実際に体験しないと知り得ないことが多いかもしれない。自分の身に火の粉が降りかかってから気づくことも多いのだ。

2010/07/31 17:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原沙知絵さんが出演されていた2時間サスペンスドラマ「火の粉」を、再放送も含め数回観ていた。そこで、原作が気になり、本書を手にするに至ったわけだ。
というわけで、既にあらすじは知っている。結末も知っているはずだった。

しかし・・・。
やはり2時間ではおさまりきれないほどの内容の濃さに、ドラマとは違った印象を受ける。
特に義母の介護を続ける尋恵の気持ちは、身に迫るほどのリアリティがあった。
その義母を突然失った尋恵の喪失感も・・・。

裁判官であった梶間勲。法廷では第三者として、事件を客観的に眺め、情に流されることなく粛々と判決を下してきた。武内の事件もそうだ。子供を含め3人を殺害したとして被告席に座らされている武内を死刑にするのか否か。被害者の遺族が何と言おうと、検察がどんな証拠を出してこようと、そこにわずかでも矛盾点がある限り、無罪と断じた。
死刑宣告への恐れも確かにあったのだろう。というより、その気持ちの方が強かったのだろうと思う。
ただ、裁判官としては幾つも扱ってきた中の1つの事件に過ぎないのである。

そのはずだったのに、その被告人だった武内が隣家へ引っ越してくる。
そう。火の粉が自分にも降りかかってきたのだ。もう第三者ではない。当事者だ。

人は実際に経験してみないと知り得ないことが多くあるのだろう。火の粉が降りかかってから、気づくことがあるのだ。

隣は何をする人ぞ・・・。
一人の人間を信用するためには、何が必要なのだろうか。
本人の言葉? 態度?
それだけでいいのだろうか・・・。

ドラマにはなかった最後の展開には驚かされた。
やはり、ミステリは原作を読むに限る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じわりと滲むような恐怖が真に迫る

2011/09/17 20:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日読んだ「クローズド・ノート」が好印象だったので購読。

怪しげな隣人サスペンス。元裁判官の梶間家の隣に、かつて無罪判決を下した男・武内が引っ越してきた。偶然か、それとも・・・。ミステリアスな設定が興味心をそそる。どこぞの海外サスペンス映画で見たような気もするけど。

じわりと滲むような恐怖が真に迫る。結構なページ数だったが、先が気になってしょうがなく一日でイッキ読みしてしまった。最近、口当たりのよい秀作が続いたので、この毒っぽさは良い転換になった。

女性の人物描写が巧み。女流作家と見紛うぐらい。「クローズド・ノート」は若い女子一人称で少々面食らったが、今回はとてもナチュラルで感嘆。嫁姑問題に揺れる女性たちのやり場のない閉塞感や微妙な立ち位置。それが隣人武内の出現によって堰を切ったように憤怒する様がとてもリアルに描かれている。おまけに梶間家の男たちの情けないことといったら。俊郎の間抜けっぷりが特にツボ。その辺もまたリアル。

クライマックスから結末に掛けてがこじんまりとしてしまったのが惜しまれる。如何にもな2時間サスペンス調。これはこれでベタに分かりやすくていいんだけど、私的にはもう一捻りほしかったな。真犯人は武内か? それとも被害者遺族の池本夫妻か? あるいはグルか? 真相解明はもっとギリギリまで引っ張ったほうがよかったかも。金属バットのトリックも切れ味悪かったし。まあ本格ミステリじゃないからいいんだけど。しかし武内を冤罪被害に悩む善人として描写しながら、巧みに布石を落として行く前半のスピード感と絶妙なバランス感覚は実に見事な出来栄えだった。「黒い家」や「ミザリー」などが好きな人ならきっとハマる筈。

冤罪も怖いが誤審無罪も怖い。ともあれ、すっかり気に入ってしまった雫井さん。次はやっぱり「犯人に告ぐ」かな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

隣人のその笑顔は信用できるのだろうか?ふと気付くと家の中に入り込んでいる他人はいませんか?そしてその人の見せてない顔はもしかすると…。

2004/11/27 13:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

無罪判決をした男が今度は「隣人」として再び目の前に現れる。
自分にとって犯罪者との関わりなど対岸の火事だと思っていた梶間にとって突如目の前に現れた笑顔の隣人・武内は「火の粉」なのだろうか。
偶然? それとも我が家を狙ってきたのか? 戸惑う梶間だが自分が無罪と判決した人物を怪しむわけにもいかず、また隣人となった武内は梶間の家族にいつの間にか入り込んでいく。
祖母の介護に疲れ果てていた妻の心の隙間に入り込み、息子とも友達のようになっていく。
だが彼の出現により梶間家では続けて事件が起きる、そして唯一彼を疎んでいた嫁の雪見は迫害されるかのように家を出されていくのだが、この流れが実に巧みなのだ。
明かに「黒」に近い武内なのだが、彼を犯人だと信じて雪見に近づく被害者の親族と対決する場面などは思わず自分の方が色目で武内を見てしまっていたかのように反省させられてしまう。

彼は本当は殺人者なのか? それとも本当にただの親切な隣人なのか? この判断がなかなかつかずに読む手が止まらないのだ。

この物語の殆どが主人公の梶間勲の視点からではなく嫁の「雪見」の視点で語られるため彼女が感じる怖さ、心の動きが読む側と共鳴してしまうのだ。
その雪見の焦りや苛立ちが事件の真相や全体像が見えてくるにつれ、ページを捲るのがもどかしくなってしまう、そしてある人物に対して「何でわからないのだ?」と思わず声に出してしまうのである。

「冤罪」は恐ろしい、これだけはしてはいけないことなのだがまたその逆もありうる。
人が人を裁くことへの限界を感じ、そしてもし「隣人」が「火の粉」となり知らず知らずに我が家の中へとけ込んでいっていたとしたら? その恐怖を感じる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで、一気に読んでしまう

2014/01/31 12:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛騨牛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと不気味な、不穏な空気が漂っていて、それが気になって落ち着かないので読んでしまう…。読後は、安堵というよりも緊張から解放された疲労感が強かったです。火の粉というタイトルにも、うぅーんと唸ってしまうかもです。これを、自分にとってあり得ない話と思うか、あり得ると思うかは、また意見の別れ
ところでもあり、考えずにはいられないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

梶間家、頑張れ

2017/11/04 15:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公である梶間勲は元裁判官。裁判官としてどうあるべきかを学生に教授しているようだが、社会人として家庭人して夫としてどうあるべきかには関心がない。
主人公の妻は姑や小姑に苦労して神経をすり減らしているものの、社交的で家庭内をうまく切り盛りしている良妻賢母。特に息子の嫁に対しては理想的な義母てある。しかしその社交性がアダとなった。
主人公の息子の妻である雪見は逞しい。家族を守るため戦う。
それに比べて主人公の息子は幼い印象。いい年をして社会的な責任を果たしていないと頭でっかちのお子様になるのかもしれない。

裁判官も人間であるから真実が見えるわけじゃない。出された証拠から導き出される結論がどうであるか、それによってどう認定するかであって、間違えることもあれば、疑念が残るため推定無罪とせざるを得ないこともあるだろう。
自らが下した全ての判決に自信を持てる裁判官がどれほどいるのか。悔いたり恥じたりすることもあろう。

勲の動きは確かに遅かった。でも最後の最後に踏ん張ったと思う。元裁判官としては批判もあるかもしれないが、それこそ人間としてなすべきことをしようとした。結果として行き過ぎだったにしろ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンになったきっかけでした。

2017/02/17 18:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rena - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品を読んで、
雫井脩介さんの他の作品も読んでみたい
と強く思いました。
残忍さもありますが
最後まで読み切ってしまう
引き込まれる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

それなりに読んでいて緊張してくる

2016/09/09 06:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまり凝ったミステリーではないけども、コワイ人が生活に侵入してくる様に緊張してしまう。それで途中でやめられなくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

歪んだものに振り回される恐怖を味わいました

2016/07/06 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:類似 - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の流れは至ってシンプルですが、故に邪念を抱かず素直に世界観に入り込めます。

犯人の過去に至っては、警察がなぜそれを裁判で提出出来なかったか、何故過去が明かされなかったか、そこまで行き着くだろうという突っ込みをせざるを得ない部分もありましたが、実際の捜査可能範囲もこんなものかもしれないと納得できるレベルで、特別、読み進めるに足枷になることもありませんでした。

何事もないゆったりとした日常に、徐々に蔭が落ちはじめ、最後、疑いが確信に至ってからの描写は大変スピーディーで、飲み込まれるように、畳み込まれるように読み進めました。

ラストも清々しいもので、心地好い後味を持って、読み終えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。