サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/09/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-758819-9
一般書

電子書籍

紳士の言い逃れ

著者 土屋賢二 (著)

ツチヤ先生のユーモア・エッセイ最新作! 「わたしは転んだわけではありません。道端に自発的に横になったのです――」。人類は生き延びるために火を使い、言語を作り、そして「言い...

もっと見る

紳士の言い逃れ

税込 581 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

紳士の言い逃れ (文春文庫)

税込 583 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ツチヤ先生のユーモア・エッセイ最新作! 「わたしは転んだわけではありません。道端に自発的に横になったのです――」。人類は生き延びるために火を使い、言語を作り、そして「言い訳」を発明したというツチヤ史観が炸裂。「人生最後の日」「もしも記者会見でこう言ったら」「わたしはただの錦鯉です」など、騙されるほうもおかしい年季の入った怒濤の言い逃れ60篇。この往生際の悪さ、土屋先生の独壇場です。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

言い逃れ

2020/09/13 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

土屋賢二さんの本は解説まで面白いのでお得な気分になれます。似たような内容が多いのですが、肩ひじ張らずに読めて笑えるところが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時事問題もツチヤ節

2015/10/11 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災当時に書かれたモノを含んでいるエッセイ。
どんな事柄もツチヤ師の手にかかればツチヤ節になる。
著者紹介が笑いを誘い、本編の途中は少し飽き飽きしてきたが、後半に巻き返しがあり、最後の解説は国語学者・金田一秀穂氏で見事に締めくくられている。
一編が約4ページと少ないのが良い。暇つぶしにこっそりと読みたい文庫。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「文章は時代を映す鏡である」?

2015/09/21 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛べ!ここがローストビーフだ !? - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまに鋭いことを言うのだが、ただそれだけだ。
週刊誌の雑多な記事の中ではキラリと光るのかも知れないが、
それを集めて本にしたとなると、くすんでしまう。

第一に、言い回しがウザくなる。
気の利いたジョークもここ一番に効くのであって
そればかりでは、引いてしまうのに似ている。
マニアには「たまらない味」といったところか。

第二に、前後の時代背景がないまま、オチだけ集められても
何のこっちゃ?となってしまう。
コラムの前後の週刊誌の時事ネタにうんざりしている時に
「ツチヤの口車」なる連載があれば、掃き溜めにツル的な幻想にひたれる。
ところが、ツルばかりを集めると、ただの動物園になる。

そうはいっても時代を超えて光るものもある。

「三歳前後の子どもは可愛い。子犬や子ネコと同じくらい可愛い。違いは、犬やネコはいつまでも可愛いということぐらいだ」と著者。

やっぱり、マニアには”たまらない”ようである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/23 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/23 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/24 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/04 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/03 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。