サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

経営センスの論理(新潮新書)(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 88件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/10/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610515-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

経営センスの論理(新潮新書)

著者 楠木建 (著)

会社をよくするのに必要なのは、「スキル」よりも「センス」を磨くことである。会計技術であれ英語力であれ、単なるスキルをアップさせても「経営」はよくならない。「よい会社」には...

もっと見る

経営センスの論理(新潮新書)

税込 648 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.8MB 無制限
Android EPUB 5.8MB 無制限
Win EPUB 5.8MB 無制限
Mac EPUB 5.8MB 無制限

経営センスの論理 (新潮新書)

税込 799 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会社をよくするのに必要なのは、「スキル」よりも「センス」を磨くことである。会計技術であれ英語力であれ、単なるスキルをアップさせても「経営」はよくならない。「よい会社」には根幹の戦略に骨太な論理=ストーリーがあり、そこにこそ「経営センス」が光るのだ──。本格的な経営書として異例のベストセラーとなった『ストーリーとしての競争戦略』の著者が縦横に語り尽くす「経営の骨法」。

著者紹介

楠木建 (著)

略歴
1964年東京都生まれ。一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)教授。専門は競争戦略とイノベーション。著書に「ストーリーとしての競争戦略」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー88件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「スキル」よりも「センス」

2014/09/28 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社をよくするのに必要なのは、「スキル」よりも「センス」を磨くことである。と、切れ味もあり心地良くもあるフレーズは、おそらくは世代を超えて受けるであろうと思う。

本書中にも下記のようなフレーズやセンテンスがある。

良し悪しよりも好き嫌いを!

競争戦略の本質は「違いをつくること」である。

他社との違いを明確にして、自社独自の戦略を打ち出して競争に勝つ。
それが経営者の仕事だ。

抽象と具体との往復運動を繰り返す、このような思考形式がもっとも「実戦的」で「役に立つ」というのが僕の見解である。

人間が何かに継続的に取り組めるとしたら、その理由は2つしかない。
「意味がある」と「面白い」、このどちらか(もしくは両方)である。


眠っていた感性、埋もれていた感覚を、ごく当たり前に近い、そして且つ
わかりやすい言いかたで刺激を与えてくれる。
そして、その刺激が新たな「気づき」や「思いつき」を生み出してくれそうな
気がする。著者の本を読んでいると、そんな力が出てそうに思う。
そこに、著者の存在意義があると思われるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経営センスを磨く戦略論理を超えた面白い論理展開

2017/09/13 21:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セーヌ右岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、まず、優れた経営者の独自の戦略ストーリー構築の「抽象」とアマゾンやアップルの「非連続の中の連続」戦略やコマツの戦略等の「具体」を提示している。また、「グローバル化」時代に求められるコミュニケーションのスキル、多様性の先の「統合」という経営の本質、「ものの見方」や「構え」を確立するための他者との議論による「ものの見方の相対化プロセス」の重要性を説いている。さらに、日本の事業特性やスポーツへの取組等日本特有の実態を通じた競争戦略論等への論理展開、「面白がる力」の背景等人間の内面に関わる論理にまで展開していく。4年前に読んだ本書であるが、今回再読してみても、単なる経営論を超えたコクのある内容をユーモアも交えて幅広く展開し、面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センスとスキルは別物

2015/03/26 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ストーリーとしての競争戦略』が非常におもしろかったので。実例をふんだんに取り入れているので読みやすかった。センスとスキルは別物。自分の持っているものを磨いていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一読するのもありかも

2013/10/19 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:greeenmango - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の考える経営のセンスとはどのようなものか。興味深かった。凝り固まった思い込みや自分の価値観を見つめなおそう考える方は、少しでも参考になるところもあるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦略とは?

2013/09/23 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

下期の業務計画を戦略的に作る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センスとは何?

2015/08/24 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ところ点 - この投稿者のレビュー一覧を見る

センス、というのがキーワードのようだが、結局のところ、センスを生かすにはどうするか、あるいはセンスを重要視する組織(会社)にするにはどうすればいいかというのがよくわからない。センスとは好き嫌いで決めることかも、とか、センスのある奴を見つけて教育する、などというのがあるが、何となくイメージ止まりになっている。
暗闇から出ようとして、この本を読んだら、深い霧に入ってしまった、という感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/16 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/13 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/09 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/22 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/15 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/09 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。