サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

小学館BOOK全品ポイント60倍(~6/2)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法
プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/10/17
  • 販売開始日:2013/10/17
  • 出版社: すばる舎
  • ISBN:978-4-7991-0262-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

著者 石井琢磨 (著)

現役弁護士は、どのようにして心理学の知識を活用し、老練な相手との交渉に負けずに結果を出しているのか――。それらのノウハウを紹介するのが本書。勝訴もしくは和解というゴールに...

もっと見る

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

1,013 (税込)

ポイント :9pt / 紙の本より499おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

1,512(税込)

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大60倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大60倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年5月27日(土)~2017年5月31日(水)23:59

電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「20%OFF 電子書籍クーポン【先着5,000名様限定】」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月29日(月)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現役弁護士は、どのようにして心理学の知識を活用し、老練な相手との交渉に負けずに結果を出しているのか――。それらのノウハウを紹介するのが本書。勝訴もしくは和解というゴールに導く弁護士の「心理学を用いた人を動かす技術」は、日々シビアな交渉の場に身を置くビジネスパーソンに必ず役立ちます。

目次

  • 1章 まずは警戒心を解こう
  • この「友好ムード」で手強い相手は〈従順〉になる
  • 2章 敵対関係から連帯関係へ
  • ムダな争いを避ける「落とし所」の見つけ方
  • 3章 コレで納得感がさらに増す
  • ムリせず誘導できる「五つの心理技法」
  • 4章 狙いどおりの「合意」を得られる!

著者紹介

石井琢磨 (著)

略歴
相模川法律事務所代表。弁護士。消費者事件の弁護団複数加入。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絶対に手放したくない本

2017/01/21 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白金魚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

買ってから何年か経ちますけど、たまに第5章の部分だけを読み返します。
この部分で、著者の、この本を書くまでの人生の歩みが語られ、心理、精神論の重要性が語られます。
私にとっては、常に手元に置いておきたい貴重な本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/08 06:07

投稿元:ブクログ

チェック項目12箇所。本書では、心理戦に直面したときの身の施し方や制し方について具体的に紹介していきます、心理技法はいくつか組み合わせることでその効果が高まります、ぜひ「合わせ技」の威力を実感してみてください。①相手から怒りをぶつけられ「感情的になったとき」、②対等でない相手からの要求を受け「視野が狭まったとき」、③自分のペースを乱され「動転したとき」、このように動揺すると、冷静な判断ができなくなり、相手のペースに乗せられます、交渉の場数を踏んでいる相手だと、意図的に私たちの心をかき乱し、ペースを乱そうと、心理戦を仕掛けてくることもあります。交渉に心理戦はつきものです、人の心を一定の方向に誘導する、「心理戦」を制するには、相手の攻撃をかわしながら、「連隊関係」に持ち込むことが欠かせません。スマートフォンの小さな画面を見せるより、分厚い六法の中から一ページを開いて見せるほうが、「なるほど」と言ってもらえる確率が高まるのです、六法に付箋が貼ってあったり、線が引かれていれば、なおさら説得力が増します。あるケースでは、次男が「亡くなった父が遺言で長男にだけ財産を渡した」と怒っていました、怒りの理由は、「自分の取り分がない」という点以外に、「知らないところで相続がすすめられていた」ことに怒っている場合が多いのです、怒りの背後には、「相手とつながっていたい」という欲求や、「自分もプロセスに加わりたい」という欲求があります、本当の意味で怒りを鎮めるためには、落ち着かせるだけでなく、これらの欲求を満たしてあげる必要があります。私は、お客さんから勧められると、暴走トラック雑誌を買ったり、怪しいラーメンを食べに行ったりしています、「連合の法則」をフル活用するためです、このような「行為の法則」を使うのは、煩わしい、プライドが許さないと感じるかもしれません、しかし、すべては心理戦で相手を安心させ結果を出すための投資です、「等価交換」と考えましょう。そもそも相手が本当は怒っていない可能性もあります、たとえばヤミ金融や暴力と散々怒鳴ってきた後に、こちらが「じゃあ、そろそろ話しましょうか」と切り出すと、「あ、そうすね」などと急にソフトになったりします、「ヤミ金が怒鳴っている間は、パソコンのゲームをやって適当に聞き流してるよ」とアドバイスしてくれました。共通の敵は、実在する人物である必要はありません、ルールであったり、相場であったり、先例なども有効です。雑誌の法律特集で、弁護士がコメントを出す際の写真を見てみましょう、一定の割合で本棚をバックにしています、なぜでしょうか、説得力を上げるためです、バックの本と弁護士は一体化して見えるようなのです。席を選ぶ際には、相手側からなにが見えるかもチェックしましょう、相手側の席に座ってみたら、「マンション建設反対」というのぼりが見えて、あわてて席を変更したことがあります、交渉をまとめたいのに、相手の目に「反対」という文字を見せるわけにはいきません。心理戦の憂鬱度を下げる方法……一つ目は「忘れちゃえ」ということです、もちろん、仕事ですので、やりとりを思い出せるような形で残してはありますが、脳の中にとどめることを減らしたのです。最後のアドバイスが、「相手の負の感情に共感しない」ということです、相手の感情を自分の感情のように感じるという意味の共感は、リスクを伴います、もちろん、この意味での共感をすることで相手に好かれることはあります、ただ、共感によってストレスを受けすぎることもあります、自分がつぶれるくらいなら、共感なんてしないほうがマシです。

2014/03/09 15:59

投稿元:ブクログ

すごくためになる内容だった。
面白かった。
・人物だけでなくルールや相場、先例も共通の敵になりうる

・まずは仲間意識を持ってもらうことから交渉ははじめる

このような具体的なテクニックが満載だった。(使えるかはまた別の問題)

けど、日常は法廷ではないからそこは意識しとかないと。

2014/10/25 17:34

投稿元:ブクログ

背景:
エンジニアこそしっかり交渉力を持っていかなければ、良いサービス、良い労働環境を作り出すことはできないと考え、「交渉力」興味があったので読んでみた。

所感:
今まで自分は理詰めで議論をして行くのがビジネスマンであり、至高であろと考えていたが、まだまだ人間として甘かったと感じた一冊。

エッセンス:
敵対心むき出しの相手にはどう接するか
・相手の感情の後ろにある「欲求」に着目し、それを満たすためにはなにをしたら良いかを探る
・怒りの矛先を他に向ける:状況を分析し、「味方になった方が得だ」と説得させる。

相手の本体を調べる
・交渉の際、「決定権のない人間」に交渉しても無駄になることが多いので、目の前に居る相手がどこまでの権限を持っているかを確認する。
・「それは○○さんがお考えになったんですか。すごいですね。」と第三者の存在を探る。

2章:無駄な荒そうを避ける落としどころを見つける
心理戦で人を動かす流れは
感情に対処する▶︎論理的に説得する▶︎感情に対処する
である。
・怒られたら、怒り返すな。疑え。(脅されたり、怒りをぶつけられたら、その真意を探る)

水面下で何かを与える
・例えば、時間に遅刻した相手に対して皮肉を言うより、「大丈夫でしたか?なにかあったのか心配になりました」と罪悪感を抱かせることが大切。人は罪悪感を解消するために行動を起こすから。

抽象化することで合意を得る
・多くの紛争は解決されたいと考えられているので、そのレベルまで抽象化して方向性を合意してから具体的な解決内容の話をすると、一緒に解決するという方向性が見える。
(ex:インテリア商品を売りたい場合、「良いものを囲まれるって大切ですよね」(抽象化、合意)▶︎良いものの例として「インテリア商品に具体化」)

3章:無理せず誘導できる5つの心理的技法
さりげなく基準を設定する
・ある基準を持ち出されると、それに引っ張られてしまう。判断に影響を与える条件付けを「アンカリング」という。心理戦において目的が数字による解決の場合、交渉中に相手に見せる数値には気をつけなければならない。

サンクコストを消費させる
・相手が価値を置いている者を少しずつ消耗させ、「ここまで頑張ったんだから」と思わせ、利用する。

4章:論破されない交渉術
・追いつめるのは前提事実を確定させてから
悪い例
弁護士「この写真を見てください、ホテル街を歩いていますね。不貞行為をしたんですね?」
夫「確かに歩きましたが、偶然通っただけです。」

良い例
弁護士「女性と二人でホテルに行きましたか?」
夫「行ってません」
弁護士「誤解されるような行為をしたこともありませんか?」
夫「ありません」
弁護士「この写真を見ると、ホテル街を歩いてますよねぇ」
先に相手の論理の前提事項を確定させてから崩すと、相手の論理は破綻していく。

相手を論破した後の逃げ道の与え方
・論理破綻させ��後には、事故満足の勝利宣言を控え、相手に逃げ道を与える。その先にこちらの狙っていた解決方法を置いておけば良い。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む