サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

0時 OP 20%OFFクーポン(0728-29)

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/10/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-770557-2
一般書

電子書籍

石の猿 上

著者 ジェフリー・ディーヴァー,池田真紀子

現代米国ミステリの最高峰、J・ディーヴァーの代表作「リンカーン・ライム」シリーズ第4弾! 中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた...

もっと見る

石の猿 上

税込 806 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

石の猿 上 (文春文庫 「リンカーン・ライム」シリーズ)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代米国ミステリの最高峰、J・ディーヴァーの代表作「リンカーン・ライム」シリーズ第4弾! 中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物“ゴースト”は、自分の顔を知った密航者たちの抹殺を開始した。科学捜査の天才ライムが後を追うが、ゴーストの正体はまったく不明、逃げた密航者たちの居場所もわからない――。果たしてライムは冷血の殺戮を止められるのか。2003年「週刊文春ミステリーベスト10」第5位。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

中国マフィアを相手にするライム

2012/04/30 21:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ディーヴァーの描くリンカーン・ライムのシリーズである。これが4作目となる作品である。1作目のボーン・コレクター、2作目のコフィン・ダンサー3作目のエンプティ・チェアーに比べるとだいぶ落ち着いてきた感がある。毎回毎回発展と進歩があるのがこのシリーズの特徴だと思う。同じ調子で描かれているわけではないが、今回もお得意のどんでん返しが用意されている。

 今回は中国の難民が米国に流れ着くところから始まる。実はこれにも最後に驚くべき種明かしが待っている。このシリーズの共通点を上げれば、凶悪で狂気の殺人鬼がライムの相手として登場することであろう。あっさりと兜を脱ぐようなヤワな殺人鬼では物足りない。散々弱い者を痛めつけて悪虐非道ぶりを見せ付け、読者の怒りを買うだけ買ったところで、ライムと対峙させる。

 これで相互にハンディはなしだ。ここから両者が策略をめぐらし、互いを意識し、試合が始まるのである。策略は秘中の秘であるはずだが、これが漏れてしまう。味方のどこかにスパイがいるのかも知れない。疑心暗鬼になる。

 この辺の駆け引きがなかなか面白い。何故作戦が漏れてしまったのか。これが本作品の最も重要な部分かもしれない。シリーズのこれ以降の作品でもほぼ同様の仕掛けが再登場してくる。

 今回登場するのは中国人が多いが、中国の福建省は華僑が多いところだそうだ。この中国人の風俗、習慣がよく登場する。そのなかに、「六十歳は老年期の始まり、尊敬の念を抱かれる年代の始まりとされ、華々しくお祝いをするのが伝統」と記されていた。福建省の言い伝えであり、お祝いの習慣であろう。人生の真理を言い当てているような気がする。含みのある言葉であると感じた次第である。

 本書ではライムの手術の話が出ていたが、リスクのある手術を受けるのか否か。ストーリーへの影響はさしてないようだが、案外これが何かの伏線になっているような気もする。しかし、それはまだ先の話であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

4作目

2021/03/09 15:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

多分デルレイ死なないと信じますけどドキドキします。
ちなみにコー捜査官?は怪しすぎませんか?
情報源がゴーストにいるって書いてたしそれかな?とも思いますが、自分が捕まえたいFBIに逮捕させたくないって気持ちからっていう可能性もありますよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハズレなし

2018/05/23 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハズレのない本を読みたい気分のときは海外作家ならジェフリー・ディーヴァーを私は選びます。

おなじみのリンカーン・ライムシリーズの第4弾です。
最近はあまり日本のニュースでは聞かれなくなった中国の犯罪組織・蛇頭が今回のライムの相手です。

上巻は400ページ強ありますが、描かれる時間は
ある日の火曜日午前4時30分から翌日の水曜日の午前1時まで。
このわずかな時間の中での出来事を濃密で緊張感一杯の文章で走り抜けるように描いています。

一度読み出すや途中で止めることができないのが、このリンカーン・ライムシリーズの凄さですが、今回もここまでは期待を裏切ることのない出来です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異文化(不)理解

2011/11/20 08:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ボーン・コレクター』で、年季の入った(すれた)ミステリ・ファンも唸らせたジェフリー・ディーヴァー。彼の作品は、特に「リンカーン・ライム・シリーズ」は翻訳が出たらすぐ読むという熱心はファンは多いだろう。筆者もその一人だが、昨年思い立って原書でこのシリーズをもう一度読みなすことにした。で、つい今しがた読み終えたのが、『コフィン・ダンサー』『エンプティー・チェア』に続くシリーズ第4弾である。
 文字通りの安楽椅子探偵リンカーン・ライム&男勝りの赤毛の美女アメリア・サックスという極めて魅力的なコンビが活躍するこのシリーズ――今回は中国からの違法移民を素材に、例によってドンデン返しを連発して、ジェットコースター・サスペンスを満喫させてくれる。
 4作目ともなれば、二番煎じ的になっても無理からぬところ。本書でも、確かにその気配が無くはない。しかし、マンネリズムというシリーズものならではの宿命(ハンデ)を背負いつつも、『エンプティ・チェア』ではNYを遠く離れた南部を舞台に、本作はNYでもチャイナタウンを舞台にと、趣向を凝らしている。加えて、いつもながらのサービス精神旺盛の姿勢にも頭が下がる。例えば、現場検証については何と水中で沈没船の探索を行うし、ゴーストの正体の割り方や、最後の最後のオチのつけ方(これは米中二国間の微妙な関係を上手く反映している)等、ハリウッド製大作映画並のスピーディーな展開・スケールの大きさ・見せ場の連発で、長尺を決して飽きさせない。
 刊行された時以上に、米中二国間の緊張感が高まっているので、ここに描かれている異文化衝突は一層生々しく映る。だから、中国人が話すブロークンな英語を含め、そういう異質なものが遭遇する時のヒリヒリするような感触、あるいは何ともいえぬ可笑しさはやはり英語で読むほうが伝わるなと、改めて感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカの中の中国人社会

2016/07/09 05:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国人が絡むということもあり、いつもとは違う雰囲気の前半。でも、前半最後はエッ!という感じで、相変わらずの驚かせよう。早く後半を読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライムシリーズにしてはイマイチ

2013/02/08 00:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

敵がそんなに賢くない感じ。その分、いい味出してる刑事が出てくるが、主人公たちの推理を愉しむならちょっと落ちる感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/29 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/09 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/21 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/24 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/06 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/24 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/10 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。