サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~11/26

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 155件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/11/01
  • 販売終了日:2017/03/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-382450-5
一般書

電子書籍

検察側の罪人

著者 雫井脩介 (著)

検事は何を信じ、何を誤ったのか――。ある事件をめぐりベテランと若手が対立。その裏に隠された真実とは。慟哭の長篇ミステリー登場!東京地検のベテラン検事・最上と同じ刑事部に、...

もっと見る

検察側の罪人

税込 1,572 14pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.0MB 無制限
Android EPUB 6.0MB 無制限
Win EPUB 6.0MB 無制限
Mac EPUB 6.0MB 無制限

検察側の罪人

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

検事は何を信じ、何を誤ったのか――。ある事件をめぐりベテランと若手が対立。その裏に隠された真実とは。慟哭の長篇ミステリー登場!

東京地検のベテラン検事・最上と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野が配属されてきた。ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。最上は、男が今回の事件の犯人であるならば今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる――。正義とはこんなにいびつで、こんなに訳のわからないものなのか。息を呑む展開、慟哭のラスト! 待ちに待った雫井ミステリー最高傑作、誕生。

著者紹介

雫井脩介 (著)

略歴
1968年愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年新潮ミステリー倶楽部賞受賞作「栄光一途」でデビュー。05年「犯人に告ぐ」で大藪春彦賞受賞。ほかの著書に「途中の一歩」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー155件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

犯罪小説の手本

2016/02/26 23:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

フィギュア・スケートを扱った「銀色の絆」が好きだったが、この人の持ち味は矢張りミステリだと思う。時効になってしまった強姦殺人の容疑者が、老夫婦刺殺が起きて再び捜査線上に浮上。検事や弁護士らを通し、”正義”を考えさせられる一冊。やや現実離れした部分もあるが、許容範囲内。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰かに救われて欲しかった。

2017/11/25 13:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これ映画化してどうすんだろう…と思うくらい、最初から最後まで気分が悪かった。
松倉が裁かれないのには確かに腹が立つけど、かといって冤罪を作ろうとする最上もすごく嫌だったし。というか、捜査ってあんなにでっち上げやゴリ押しがまかり通っちゃうもんなのかな…。
せめて登場人物の誰か一人でも、救われて欲しかったと思ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そんな簡単に...?

2014/03/08 16:27

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

冤罪にまつわる物語。
文章は読みやすく、一気に読める。
キーマンは最上と沖野の二人で、主にその二人からの視点で物語は進められていくが、テーマの割には若干テンポが良すぎる感じもした。
もっと他の登場人物からの視点も組み入れれば、それぞれの人物像も生かせて重厚感が湧いたと思う。
終盤が半沢直樹風にまとまっていなかったところは良かったかも。
それぞれが苦悩を感じていたところは人間らしさが感じられ、晴れわたるような清々しい結末ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/28 07:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/09 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/10 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/11 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/15 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/20 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/22 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/03 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/28 07:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/11 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/27 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。