サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/06/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-114401-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

夏の終り

著者 瀬戸内寂聴

妻子ある不遇な作家との八年に及ぶ愛の生活に疲れ果て、年下の男との激しい愛欲にも満たされぬ女、知子……彼女は泥沼のような生活にあえぎ、女の業に苦悩しながら、一途に独自の愛を...

もっと見る

夏の終り

税込 440 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
Win .book 118.4KB

夏の終り 改版 (新潮文庫)

税込 506 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻子ある不遇な作家との八年に及ぶ愛の生活に疲れ果て、年下の男との激しい愛欲にも満たされぬ女、知子……彼女は泥沼のような生活にあえぎ、女の業に苦悩しながら、一途に独自の愛を生きてゆく。新鮮な感覚と大胆な手法を駆使した、女流文学賞受賞作の「夏の終り」をはじめとする「あふれるもの」「みれん」「花冷え」「雉子」の連作5篇を収録。著者の原点となった私小説集である。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

著者は一番の作と言っておりました。

2013/09/04 13:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おこめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私としましては、私小説などのジャンル分けをする前に、この人たちの行動のその心境を、度々ページを閉じては考えさせられた作品であると言いたいです。
 きっと、本音だけで書いたらこういう作品になるのだろうな、とも思いました。
編集や書籍を扱う人の手をよく通ったなとか、ついつい裏側を考えてしまう程、この時代に出せた奇跡も念頭に。
 男性にはちょっとお勧めしにくい作品…でも容赦ない現実とそんなに変わらないかな~とも思ったりしています。
 「かがみ」のような作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半世紀前の作品

2016/09/26 15:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知子は離婚の原因となった若い男性凉太と再会し、8年間不倫関係にある慎吾との間で揺れる。慎吾の妻と、凉太との4角関係でドロドロになりながら、生きていく知子。
いまから50年以上前の作品とは思えない内容で、よく出版されたと思う。心のありようが細かく描かれて、ある種のみずみずしさも感じる。寂聴さんは若い時からすごかったということですかねえ。すごいとは、変な意味ではなく凄みというか達観してるというか、とにかくすごい。自分の語彙の少なさにイライラ。適切な言葉が見つかりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昭和の女傑誕生す

2003/01/15 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 女は怖い、です。
 今や古典に説法にTVにと八面六ぴの大活躍の寂聴さんですが、この作品の主人公は妻子ある作家と不倫関係にあり、かつ若い恋人との間を揺れ動くお話。内面の吐露が微細余さず描かれます。
 女ってこーゆーこと考えてるのかー。そしてこういう風に泣くのかー。はぁー。
 若い頃は美人でモテモテだったんでしょうね。そして現在までにいたるわけだ。いや、今の寂聴さんだってだって活力に溢れて十分に魅力的、まだまだいけます。
 昭和の女傑誕生の瞬間です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/09 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/10 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/22 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/21 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/04 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/25 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/08 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/14 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/13 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/03 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/29 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。