サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 803件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ペンギン・ハイウェイ

著者 森見登美彦 (著)

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペン...

もっと見る

ペンギン・ハイウェイ

税込 341 3pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS .book 625.7KB
Android .book 625.7KB
Win .book 624.5KB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー803件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

きれい

2018/05/28 22:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんでん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、あらすじを読んで ・・・ん? となりましたが、読み進めていくうちにこの不思議な世界観に引き込まれていきました。

読んでいる途中で時間が大きく開くと上手く内容に入っていきづらいと思うので、休みの日などに始めから最後まで一気に読むことをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画とほぼ同じ

2019/01/11 22:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画が気にったので購入してみました。
基本的な話の流れとしては、映画と同じで、映画の出来がいかに良かったかが逆にわかりました。
文章自体もそんなに難しくないので中学生ぐらいでも普通に読めるのではないかと思います。少年の儚い初恋や少年期の胸躍る冒険などが巧みに文章で表現されており、大人でも楽しめる文学小説だと思いました。
若干想像力が試される部分もありますが、映画と併用して読んでもらえると寄りイメージがわきやすいのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この方の作品が好きで、読みました。

2014/10/21 00:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の作品が好きで、読みました。
児童文学に近い不思議な話。文章がきれいで1ページの内容が濃いです。不思議な話で、説明が出来ません。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

森見氏の世界に浸れる

2021/01/13 21:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品の発表が2010年、主要人物にこの世の人じゃない人が混じっている設定はその6年後の作品、「夜行」にしっかりと受け継がれている(二つの世界に跨る悲しい余韻が残る、そしてなじみのある京都の出雲路橋あたりが舞台の一つになっていることもあって大好きな作品)。この作品は京都を舞台にしたものの多い作者の作品とは違ってどこが舞台化は不明、どこからともなくペンギンが街に繰り出してくるという奇想天外なストーリーで始まるのだが、しっかりとした読み応えのある作品になっているのはさすが、そして魅力的な女性が登場するというのもさすが。小説に登場するこどもたちの会話を読んでいて、私も思い出した、いつか親が死んでしまう、そして自分も死んでしまうと考えるだけで悲しくなっていたことを、憎たらしいやつだったがかわいいところもあったあのころの私

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年の成長物語

2018/09/23 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴジラ世代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年と謎めいたお姉さんとのやり取りが絶妙!どんどん物語に引き込まれていく。
村上春樹氏の「海辺のカフカ」を連想させる少年の成長物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パステルカラーのSF

2015/03/22 05:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

歯科医院のお姉さんはペンギンをつくり出すことができる。大人に負けないくらい賢いアオヤマくんは毎日ノートをとって、ペンギンとお姉さんを研究する。読み終わるのが惜しくてゆっくりゆっくり読み進める。パステルカラーの新しいSFを生み出した森見氏にコーラで乾杯。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一言で表すならあったかい

2014/01/28 23:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミミック - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭から少年の自己紹介が始まります。 私はこれでこの本を読もうと思いました。実に作者の持ち味が出てきていると感じたので…


中盤は少し退屈するかもしれませんが、序盤、終盤が非常に読んでて楽しくなった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しいイメージ

2013/07/11 16:52

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:私はラスカル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペンギンってたいていは可愛いイメージで描かれることが多いけど
不思議で怪しいイメージのペンギンって初めてだな
新しいイメージだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アオヤマくんはきっと

2020/12/31 12:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

アオヤマくんはきっと、将来「海」の謎を解明するに違いない。
そして。
最後がこんな結末になるとは思わなかったです。
意外でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

荒唐無稽

2018/10/21 02:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペンギン・ハイウェイとはペンギンが海から陸に上がるときに通る道のことだそうですが、そういったシーンは出てこない。単に主人公というか作者が気に入ったから使ったというだけのよう。
研究好きの小4の少年と歯医者に勤める不思議なお姉さんのなんだこりゃなペンギン綺譚なのですが、サブキャラは仲良しの女の子とガキ大将という藤子不二雄の漫画のような王道設定です。
一見子供達の探検ごっこのようですが、最後には大人達の理解が得られず苦労しながらも世界を救うという壮大な内容になっていて、結構活劇ぽくなります。
舞台のモデルとなっているのは、作者が幼少の頃過ごした奈良県生駒市の北大和という地区だそうで(その割には誰も関西弁を使っていないな)割りとリアルに描かれているのですが、それに対し話があまりに荒唐無稽すぎて違和感を感じます。
主人公が小4なのに、他の森見作品に出てくる大学生のようなくどいキャラになっているのも今ひとつ好きになれないところです。
子供が主人公の作品にしては母親より父親がキーパーソンになっているのが珍しいところかな。
一応日本SF大賞受賞作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アオヤマくんのメーテル

2017/02/23 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

歯科医院のお姉さんはアオヤマくんにとってずっと大事な人であり続けるんでしょうね。それだけでかなり幸せを感じる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一夏の思い出

2015/11/28 23:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大西科学の「さよならペンギン」と並ぶ、ペンギンSFの傑作。
 ペンギンと言えば、エヴァンゲリオンに出てくる温泉ペンギンのペンペンが最も有名だが、本作のペンギンはもともとペンギンの形さえしていない。それなのに、しっかりとペンギンの味を出しているのである。

 森見登美彦の文章は、まわりくどくて読みにくいものが多いが、本作では、「僕」のカマトト(死語?)ぶったとぼけた味と相まって、すんなりと話しに入って行けた。
 お姉さんの突き放した上から目線の対応も良し。

 少年の一夏の淡い想い。しかりと受け止めていつの日か返してあげたい。そんな気にさせる一品だと思う。
 角川文庫は時々、こんな風変わりな作品を出してくれるので目が離せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

穏やかな森見作品

2015/03/20 01:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

森見作品というと、「黒髪美人とモテないダメ大学生」のコントラストがデフォルト(言い過ぎですね)ですが、本作は「少年とお姉さんとペンギン」の物語です。そのため、全体的にほんわかしたSF作品に仕上がっています。

勿論、森見さんらしい楽しい文章は健在ですが、若さとバカが全開の他作品に比べるとやや落ち着いた作品です。違う方のSF作品として捉えた方が良いかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ペンギンも可愛いが男の子も可愛い。

2015/12/15 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は小学4年生の男の子。住んでる所に突然出現したペンギン達。
歯科医院のお姉さんが関係しているらしい。お姉さんを研究するぞ!
男の子が精一杯背伸びしてる感じが可愛くて仕方ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF!

2013/09/06 10:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:xx - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったけどあまり勉強にならなかった。
読後感があまりよくない。 
森見登美彦はやっぱ恋文!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。