サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. サイボーグ・フィロソフィー : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』をめぐって
サイボーグ・フィロソフィー : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』をめぐって

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/12/20
  • 出版社: NTT出版
  • ISBN:978-4-7571-4200-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

サイボーグ・フィロソフィー : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』をめぐって

著者 高橋透 (著)

先端テクノロジーは私たちをどこへ連れていこうとしているのか。私たちは、このテクノロジーを受容することで、どのように変容するのか。人間は何になろうとしているのか。人間である...

もっと見る

サイボーグ・フィロソフィー : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』をめぐって

2,333 (税込)

ポイント :21pt / 紙の本より583おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

サイボーグ・フィロソフィー 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』をめぐって

2,916(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
10%OFFクーポン
「電子書籍ストア 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

先端テクノロジーは私たちをどこへ連れていこうとしているのか。私たちは、このテクノロジーを受容することで、どのように変容するのか。人間は何になろうとしているのか。人間であるとはどのような意味なのか。

目次

  • はじめに
  • 第1章 浸透しつつあるサイボーグ(01 日常のテクノロジー風景
  • 02 デジタル・テクノロジーの構造分析、そしてサイボーグ化へ)
  • 第2章 ブレイン‐マシン・インターフェイスとナノテクノロジー(01 ブレイン‐マシン・インターフェイス
  • 02 ナノテクノロジーとサイボーグ)
  • 第3章 サイボーグと『攻殻機動隊』(01 『攻殻機動隊』
  • 02 「ゴースト」)
  • サイボーグは永遠に生きるのか。-森博嗣『スカイ・クロラ』をめぐって(01 不死と再生
  • 02 『スカイ・クロラ』と再生するキルドレたち)
  • 第5章 サイボーグの心(01 ハーバーマスの『人間の将来とバイオエシックス』

著者紹介

高橋透 (著)

略歴
東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻満期退学。同大学文化構想学部教授。専攻は、表象・メディア論。著書に「サイボーグ・エシックス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サイボーグという存在をどういう風に考えればいいのか

2009/11/18 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は、早稲田大学のメディア関係の教授。
 副題には、押井さんの監督作品が上げられていますが、
実際、触れられているのは、全体の紙幅の2/5ぐらいで、サイボーグ(クローンも含む)
についての最先端の考え方と理解について書かれたものです。
 
 よく手塚さんは、自身の作品や発言の中で全体のパーツの9割以上がロボットな生命体は、
生命体じゃなくて、ロボットといえるのではないかみたいな?問題定義をしていましたが、
 本書でもよく似た問題定義はされています。
部品として(物)の人体、(骨なんかがあげられています)そしてゴーストと士郎正宗が呼ぶ、
(本書では、押井版、SAC版、士郎版それぞれものゴーストの定義が紹介されています)
生命としての揺らぎ、精神、魂の揺らぎ、、。
どの辺で折り合いをつければいいのか、正に模索中といったところ、、。

 本書で上げられている課題や技術は、その考え方、捉え方自体を、
SF映画、SF小説から助けてもらわなくてはいけないように、
(押井さんは、実は、若い頃SF作家になりたかっと言うほどのSFファンで
 SFとして自身の作品を取り上げてもらって喜んでいると思います)
実用化されたいるものは殆どありません。
 著者のサイボーグに対する考え方も最後に
サイボーグとは、物と人との間を揺らぎたゆたう存在と、纏めて書かれていますが、
"たゆたう"という言葉を使っているように
 その捉え方自身に曖昧なものを多分に含んでいます。
なんか、読んでもはっきりしなかったのは、事実。

自分でその定義や捉え方を掴まないといけないみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/10 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/28 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

哲学・思想 ランキング

哲学・思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む