サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/12/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-767972-9
一般書

電子書籍

緋友禅 旗師・冬狐堂

著者 北森鴻 (著)

2010年、48歳の若さで亡くなった北森鴻さん。「旗師・冬狐堂」は古美術に造詣が深かった北森さんが精魂傾けて取り組んだ、まさに代表作といえるシリーズです。旗師とは店舗を持...

もっと見る

緋友禅 旗師・冬狐堂

税込 628 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

緋友禅 (文春文庫 旗師・冬狐堂)

税込 628 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2010年、48歳の若さで亡くなった北森鴻さん。「旗師・冬狐堂」は古美術に造詣が深かった北森さんが精魂傾けて取り組んだ、まさに代表作といえるシリーズです。旗師とは店舗を持たない古物商のこと。旗師・冬狐堂こと宇佐見陶子は、銀座の画廊で見たタペストリーに魅せられ、現金で全作品を買う約束をする。しかし期日になっても作品は届かず、それどころか作者は死に、作品は消えていた――。騙しあいと駆けひきの骨董業界を生き抜く美貌の一匹狼を描く古美術ミステリ、ここに開幕!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (14件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冬の狐ネメシスに化ける

2006/01/11 06:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

同氏のもう一人のヒロイン考古学者・蓮丈那智に比べると、本シリーズのヒロイン・宇佐見陶子は、美貌においては拮抗しそうだ。だが、クールさにおいては、那智の方が断然優っているように思われる。とはいっても、陶子が情に流されない冷静な判断が全く出来ないわけではない。
むしろ店を持たない流れ旗師だから、瞬時の判断力は日々鍛えられ、
普通の人よりは鋭敏な感覚を持っている。その点は、時折出てくる競りや価格交渉の場面で提示される。だが一方で、自らを「物事に積極的に関わっていこうとするタイプではない」といいながらも、彼女は厄介な事件に出くわす度に、首を突っ込み、どっぷりはまってしまう。
陶子は、小さな画廊で見かけたタペストリーに惚れ、全作品を
即金で買い上げた。ところが、期日になっても品物は届かず、作者の家を訪れると、そこには作者の死体が…という表題作もその一つだ。
この作品や他の短篇「陶炎」「『永久笑み』の少女」「奇縁円空」において、
陶子はネメシス(復讐の女神)を演じる。騙されたり、喧嘩したり、
必ずしも良好な関係を築いていたとは言い難い人達に対して、彼女がそこまで義理立てするいわれはない。けれども彼女の矜持、作品への愛、倫理観が、絶対悪を許さない。その毅然とした態度に、惚れ惚れする。
惚れた挙げ句に本人に「あなたは実はとっても優しい心の持ち主で、冷たい肌の下には、人一倍熱き血が流れているんじゃない?」 などと聞こうもんなら、やっぱり答えては貰えないだろう。あくまでクールな彼女の側で練馬署の犬猿コンビ・根岸と四阿刑事やカメラマンの硝子ら冬狐ワールドの面々が、意味ありげな笑いを浮かべている様子が、目に見えるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/30 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/18 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/04 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/07 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 05:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/26 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/18 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/25 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/30 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/02 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/26 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。