サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/01/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-767924-8
一般書

電子書籍

ちがうもん

著者 姫野カオルコ (著)

自分の気持ちがうまく言えない。もどかしい、くやしい。そんなことが、こどものとき、ありませんでしたか? これは、あなたの物語です。1960年代、まだダサかった日本。関西の田...

もっと見る

ポイント40倍

ちがうもん

03/18まで5pt

税込 597 217pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.4MB
Android EPUB 5.4MB
Win EPUB 5.4MB
Mac EPUB 5.4MB

ちがうもん (文春文庫)

税込 597 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の気持ちがうまく言えない。もどかしい、くやしい。そんなことが、こどものとき、ありませんでしたか? これは、あなたの物語です。

1960年代、まだダサかった日本。関西の田舎町。3歳の少女はなぜ「特急こだま」の玩具を買ってもらったのか。4歳の少女はオバサンが何をしているのを見たのか。6歳の少女は夏休みにどんな初体験をしたのか……。こどもだったからこそ鮮明に焼きついた記憶。大人のためのリアルな童話とも言うべき短編集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

こだまが欲しかった本当の理由

2010/01/13 11:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大きくなってみると、
小さい頃にわからなかったことや、
思い込んでいたことが、
いろんな見方ができるようになる。
聞けなかったことが、
時間の経過ですんなり聞けたりする。
そして、突然、
まざまざとよみがえってくる小さい頃の記憶。
大人になって、ちがう見方を知ってしまったとしても、
小さい頃の、無知で、
でもバカにかんがいい少女たちに、
「純粋なこども」をえがいた作品よりも、
ぐっと共感できました。

一番最後の話「特急こだま東海道線を走る」は、
女の子がこだまを欲しがる話で、
彼女は別にこだまが好きなのではなく、
3歳10ヶ月なりの精一杯の理由で、
こだまを親にねだります。
その姿に、ちょっと泣きそうになりました。

ちがうもんちがうもんちがうもん、
それ以外の言葉がでてこずに、
歯をくいしばっていた小さい自分の肩を、
そっと抱いてあげたくなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ちがったよ!

2017/03/12 14:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙が滑稽だったので、なんか軽めの面白本だとおもったら、違った。また外したよ、、子供の時の思い出いろいろをベースにした短編集。姫野さん、敏感で暗い面を察する子どもだったのね。察しはするんだけど当時の力じゃその内容を完全に把握できず、もやもやを大人になるまでひきずり、大人になって解決している。「そういうことだったのか」と。能天気な子ではなかったんだな。ひとつやふたつ、大人の謎に惑わされ「あれどういうことよ?」と思ったことあるけれど、ここまでは。強い感受性を持ち続けたからこそ作家になったんだろうな、姫野さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な感覚に陥る

2019/03/31 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代背景が自分が生まれるちょっと前なのに、なぜか情景が思い浮かぶ。自分が子供の頃のいいことや苦いこと含め、確かな記憶、思い出とはいかないけど、何か思い出す。モヤモヤするようでモヤモヤしない。なんか自分が子供の頃に、そんなこともあった気がするわと思う、でもはっきりと思い出せないそんな短編集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/03 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/22 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/25 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/17 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。