サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 104件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/02/07
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-106305-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

あすなろ物語(新潮文庫)

著者 井上靖

天城山麓の小さな村で、血のつながりのない祖母と二人、土蔵で暮らした少年・鮎太。北国の高校で青春時代を過ごした彼が、長い大学生活を経て新聞記者となり、やがて終戦を迎えるまで...

もっと見る

あすなろ物語(新潮文庫)

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.9MB
Android EPUB 3.9MB
Win EPUB 3.9MB
Mac EPUB 3.9MB

あすなろ物語 改版 (新潮文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天城山麓の小さな村で、血のつながりのない祖母と二人、土蔵で暮らした少年・鮎太。北国の高校で青春時代を過ごした彼が、長い大学生活を経て新聞記者となり、やがて終戦を迎えるまでの道程を、六人の女性との交流を軸に描く。明日は檜になろうと願いながら、永遠になりえない「あすなろ」の木の説話に託し、何者かになろうと夢を見、もがく人間の運命を活写した作者の自伝的小説。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー104件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

人が成長するということは、人生のままならさを知るということなのかもしれない

2009/11/20 22:04

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 両親と離れ、祖母とともに土蔵で暮らす少年、梶鮎太。これは彼が少年から青年へ、そしてやがて新聞記者となって終戦を迎えるまでに至る成長を描いた物語。

 鮎太の成長にあわせて6つの掌編で紡がれる連作集です。
 私は最初の「深い深い雪の中で」がことに強く印象に残りました。
 血のつながらない祖母りょうの縁の者である若い女・冴子が鮎太の生活に闖入してくるところから物語は始まります。やがて彼女が起こす悲劇を目の当たりにして、鮎太ばかりでなく読者も、冴子の抱えた心の闇をしかとはつかみきることができません。世の中の成り立ちのようなものをその心ではまだ消化しきれない幼い少年の目を通すことで、冴子の情死は痛ましさよりもむしろ妖しいまでの美しさを放つものとして描かれます。人生の解きほぐしがたい込み入った事情に初めて触れてしまった少年の、戸惑いのようなものが伝わってくる物語です。

 そして鮎太の長じて後の壮年期を描いた「星の植民地」も、私の心に触れるところが多い物語でした。
 妻も子もいる歳になった鮎太が、オシゲという若い女と情を交わし、やがて別れていく。
 そこにもまた人生の尋常一様ではない様子が巧みに描かれています。吐息をもらしながら読み終えました。

 表題にある翌檜(あすなろ)は、いつかヒノキになろうと望みながらもその願いの叶う日が来ることはない哀しい存在を表しています。この物語の中の鮎太も自らの思いが果たされることはなく、人生のむずかしさを感じながら日々を過ごしています。

 そんな彼の姿を見ながら思うのは、人生は一筋縄ではいかない、という苦い思い。そしてまた、人生は一筋縄ではいかないからこそまた、味のあるものでもある、という甘美な思い。
 相反する二つの気持ちが胸に根を張っていくことを強く感じる小説なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望を持つということ

2003/07/05 17:40

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akkom - この投稿者のレビュー一覧を見る

人には希望が必要。けれど、挫折や絶望があってこそ、希望がある。
「明日はこういう自分になりたい」と願っていてもそう容易くなれるものではない。けれど、そう願わなければ、人の成長は無い。
井上 靖氏の作品は、いつも人間の生き様を改めて振り返らせる。「あすなろ物語」は、人はどんなに年を重ねても希望が無ければ、死を見つめるしかなくなるのではないかという事を感じた。そして、同時に希望はいつだって、そこにあるという事も。
何度でも読み返してみたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明日こそはヒノキになろう 明日こそは立派なヒノキに 明日こそは、明日こそは

2022/03/04 18:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

明日は檜(ひのき)になりたいと願うあすなろの木の逸話が、明日は何ものかになろうと希望を抱き苦悩する人々の姿に重なり、哀しく愛おしい。成功する者は檜であり夢見る者はあすなろだとしたら、多くのあすなろが育つ時代こそ、戦争体験を経た著者の望むものではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世の中にはこんなに素晴らしい小説があるなんて!

2001/01/26 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カウント伯爵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この素晴らしい名作の書評を僕が書くなんておこがましいにも程があるとは思うが、今までの人生で最も繰り返し読んだ小説である。余程いいなぁと思った小説でも、そう何度も読み返すことは多くない。でも、本棚に並んでいる『あすなろ物語』の背表紙を見ると、またあの読後感を味わいたくなってついつい手にしてしまう。どれをとっても魅力的な短い章に分かれている事も手伝って、あっという間に読み終わってしまう。読み終えた後は、各章に登場する女性の誰が一番素敵かなぁなどとふやけたことを考えたり、なんて自分には“克己”というものが足りないのかとしょんぼりしたり色々だ。これからも何度この名作を読み直すのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あすは檜になろう

2018/08/13 09:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの時代でも、若者は未来に希望を抱いています。
明日こそは檜になりたい。
日中戦争や太平洋戦争にかけて、主人公(自伝的小説の作者自身?)の少年期から壮年期までの成長が描かれていて、物語のエキサイティングな山場があるわけではありませんが、一気に読んでしまいました。
「・・・あすなろうは一人もいなかった。誰もがただ暗い戦争が終るのを待つだけの絶望的な毎日を送っていた。」
戦争の悲惨さを表したこの一文が印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あすなろ

2002/07/16 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鮎太という人間の少年時代から新聞記者になるまでの物語。6章に分かれているのですが、それぞれに女性が登場します。鮎太の成長というのも読んでいて楽しかったのですが、それぞれの女性たちが魅力的でその点がこの作品を鮮やかに見せていると思います。あすなろになろうとしてなれない人間のせつなさが意地らしく感じられる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ASUNARO

2000/12/30 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katokt - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『希望の国のエクソダス』村上龍に出てくるASUNAROをみてたら無性にこちらの話が懐かしくなって手に取った。

 孤独というのではないけど、なんていうんだろう、どこか第三者的な感覚がつきまとってはなれない。疎外感とでもいったようないつまでも自分の物にはならないような感覚が全編を貫いている。それにしても放り投げだされたように終るラストは、昔はものたりなかったような気もしたけれど、今読むとすがすがしくさえある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昔読んだが

2017/06/07 09:51

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容はもう覚えていない。45年位前なので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/11 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/09 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/23 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/30 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/03 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/10 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。