サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP 最大50%OFFクーポン (クーポン祭り)(~4/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

巨船ベラス・レトラス(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/02/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-718117-8
一般書

電子書籍

巨船ベラス・レトラス

著者 筒井康隆 (著)

『大いなる助走』から四半世紀、巨匠・筒井康隆が再び文壇の内幕を鋭く描く! パソコンソフト会社で成功を収めた狭山銀次が創刊した、前衛的な文芸誌「ベラス・レトラス」。破格の原...

もっと見る

巨船ベラス・レトラス

税込 620 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.7MB 無制限
Android EPUB 5.7MB 無制限
Win EPUB 5.7MB 無制限
Mac EPUB 5.7MB 無制限

巨船ベラス・レトラス (文春文庫)

税込 626 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大50%OFFクーポン
配布中!
「最大50%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『大いなる助走』から四半世紀、巨匠・筒井康隆が再び文壇の内幕を鋭く描く! パソコンソフト会社で成功を収めた狭山銀次が創刊した、前衛的な文芸誌「ベラス・レトラス」。破格の原稿料に釣られ、常連執筆者となった作家たち。実験的な作風で知られる錣山兼光、ホラー小説の旗手・伊川谷幻麝、盲目の詩人・七尾霊兆、革新的な作品で派手に登場した笹川卯三郎……。そうした作家たちの成功を妬む同人誌作家が爆弾テロを起こすところから物語は始まる。小説世界の内と外は自在につながり、過激なメタフィクションが展開、ついには「筒井康隆」を名乗る人物が語り始める。現代の文学を取り巻く状況を風刺する、ブラックユーモアに満ちた快作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お久しぶりです

2016/02/15 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

忘れもしない”嫌な予感がした”の書き出しで始まり”ええすくれめんとおおお~”の絶叫で終わる「俺の血は他人の血」。これが筒井康隆との衝撃的な出会いだった。あれから30有余年。当時のマイベスト3は「俺の血は他人の血」「脱走と追跡のサンバ」「大いなる助走」。原因不明の下痢になったり、突然関取に囲まれたらどうしようと不安になったり、短編といえどもガッツリ影響を受けていた頃をなつかしく思い出す。筒井康隆全集刊行後距離を置くことに。迂闊に近づけば筒井症候群康隆病を再発するのは必至だから。無性に歯ごたえのある物を食べたくなる時があり、ふらっと本書を手に取ってしまった。気を付けていたのに・・・・。
「大いなる助走」の進化版のような感じ。痛快ドタバタが影を潜めて、10年前くらいの作品だが、古さは感じられない。
狭山社長が「ベラス・レトラス」文芸誌を創刊し、その執筆者達や、その作家の成功を妬む同人誌の作家や、編集者達が現実と虚構の中を行ったり来たりし、クライマックスではサプライズが。
最初の頁に登場人物の一覧があり、人数の多さと、名前の難しさにクラッときた。名前を覚えられず何度も戻り、この人誰だったっけと戻り、始めのうちは集中できなかった。でも久しぶりの筒井作品はやっぱり筒井だあ~とにやけながら読んだ。筒井作品に触れたことのない方は、「大いなる助走」と読み比べるのも一考か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/20 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/29 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/14 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/04 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/15 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。