サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/02/28
  • 販売終了日:2017/03/31
  • 出版社: マガジンハウス
  • ISBN:978-4-8387-1247-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

美女入門PART2

著者 林真理子 (著)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使...

もっと見る

美女入門PART2

税込 545 4pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 44.4MB
Android EPUB 44.4MB
Win EPUB 44.4MB
Mac EPUB 44.4MB

美女入門PART2

税込 545 4pt

美女入門PART2

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 44.4MB
Android EPUB 44.4MB
Win EPUB 44.4MB
Mac EPUB 44.4MB

美女入門 Part2

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
モテたい、痩せたい、カッコよくなりたい! すべての女性の関心事を、マリコ流に鋭く分析&実践。20万部を超える大ヒットとなった前作の勢いをそのままに、待望の「第2弾」がいよいよ発売です!

目次

  • マリコストリート・リターンズ(お久しぶりです。
  • ブルーの皿の思い出
  • マリコ式ファッション再生術 ほか)
  • 美人のつくり方(美人のつくり方
  • 失恋の記憶
  • バーゲンいろいろ ほか)
  • 美人礼賛(魔がささない人生なんて
  • 夜を制するものは、体重を制す
  • 寝巻と女の人生 ほか)

著者紹介

林真理子 (著)

略歴
1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒業。「最終便に間に合えば」と「京都まで」で直木賞受賞。他に「不機嫌な果実」「胡桃の家」「みんな誰かの愛しい女」など著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

美女への道

2001/09/20 22:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 美女入門のパート2ということで前作の美女入門よりもパワーアップしたように感じるのは私だけだろうか? やはり美女を突き進むと怖い物なしなのでしょう。
 林真理子さんの素朴な疑問、質問、体験に思わず笑いが出てしまう。普段から美に対して鋭く目を向けているからそこなのだろう。それが美女への入門の第一歩なのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

林真理子女史が書くからこそ真実がある「美女」学の秘話。

2001/03/26 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:澤木凛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 林真理子女史に対しては世論はどうとらえているのだろうか。一般的にブス/デブの代名詞として扱われているのか、それとも単なるブランド好きとして見られているのだろうか。いや、文学としてとりあげるなら「官能小説に走ってしまった女流作家」ということになるのか。まあ、どれもあたっているようであたっていないようで…。

 私は彼女は日本人の典型である、と思う。いや、正確には「少し古い日本人の」という方が正しいか。彼女は基本的にまじめな人である。そして田舎から出てきて都会というものに一生懸命紛れ込もうと努力した。都会で認められ、賞ももらい、故郷に錦を飾った。でも根っこは田舎の普通の娘さんなのだ。お嬢でもなければ、都会育ちでもない。芸能人大好きなミーハーだし、ハイソな人々にあこがれもあるが、気後れしてしまう。しかし、彼女はあえてその中に踏み込んでいこうとする。その世界を知ってみたいとする。こんな世界もあるのね、と友達(つまり一般の人々)に知らせようとする。自分だけが知っているからちょっと自慢げになったりもする。いつでも背伸びしてハイソな世界に入っていたい、その背伸び感覚が彼女の持ち味だろう。

 もちろん、本当にハイソな人々は努力なんてしなくても美女だったりするし、努力しているところを人に見せようなんて考えもしない。私はこんなに努力しているんだ、でもダメなのねぇ、というのが林真理子女史が旧日本人たる象徴的な事実である。まあいずれにしてもこの本は肩をはらずに読むことは出来る。そして、林さんも頑張っているのねぇ、私もちょっとはダイエットでもしてみよう、と思ったらそれで十分なのだろう。この本を読んで林真理子女史を本当に鬱陶しいと感じる人もいるだろうな、その人はきっと彼女と同じ感性を持っている人だと思う。案外多かったりするのかもしれない。全く無関心でいられる人が本当のハイソな人に違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/15 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/15 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/27 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/02 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。