サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. われらの狂気を生き延びる道を教えよ(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/03/14
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-112609-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

われらの狂気を生き延びる道を教えよ(新潮文庫)

著者 大江健三郎 (著)

外部からおそいかかる時代の狂気、あるいは、自分の内部から暗い過去との血のつながりにおいて、自分ひとりの存在に根ざしてあらわれてくる狂気にとらわれながら、核時代を生き延びる...

もっと見る

われらの狂気を生き延びる道を教えよ(新潮文庫)

税込 770 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.5MB
Android EPUB 6.5MB
Win EPUB 6.5MB
Mac EPUB 6.5MB

われらの狂気を生き延びる道を教えよ 改版 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

外部からおそいかかる時代の狂気、あるいは、自分の内部から暗い過去との血のつながりにおいて、自分ひとりの存在に根ざしてあらわれてくる狂気にとらわれながら、核時代を生き延びる人間の絶望感とそこからの解放の道を、豊かな詩的感覚と想像力で構築する。『万延元年のフットボール』から『洪水はわが魂に及び』への橋わたしをなす、ひとつながりの充実した作品群である。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あまりにも充実した作品集

2009/04/24 00:35

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕は大学を卒業してから小説を書いてきた。書いては公募の賞に出してきた。ただ、一度も「プロの作家になりたい!」と思ったことはない。作家というのはいわば「公人」である。その発言に重みがある反面、その責任を負わなきゃならない。
前にも書いたように、僕は昔から文学少年だったわけじゃない。むしろ「文学青年」という言葉があるように、今26の僕は〈ここ最近で〉文学の世界に足を踏み入れたにすぎない。
そういう方向性で3年生きてきて、ほとんどは外国の作家の作品を読んできた。それは自分でもなぜだかは分からない。
ただ、次第に大江健三郎と村上春樹の作品はすこしずつ読むようになってきた。あるサイトで「○○という作家の作品はなぜこうも賛否が分かれるのか?」と書いてあったが、それはその人が文学を知らないからで、文学とは本来、賛否が分かれるものなのである。大江健三郎と村上春樹についても同様のことが言える。激しい賛否がそこにある。
しかし僕は基本的に日本の作家の中ではこの2人を「見本」としてやってきた。好むと好まざるとにかかわらず、彼ら2人の作品は〈教科書を読むように〉自分に叩き込んできた。
この『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』はあまりにも充実した作品集だ。グロテスクなイメージは効果を上げているし、大江健三郎独特の「現実」と「非現実」の〈あわい〉も効果を上げている。
僕はこの2人の作品は〈教科書〉だと思っているから、「とにかく、読むべし!」としか言いようがない。後に、そこから離れてもいいのだ。ただ僕は2人の作品を自分を教育するために用いた。
ただ、上にも書いたとおり、僕はプロの作家になりたいわけじゃない。地方新聞の賞に送ったりしているが、それはプロになりたいから、ではなく、新聞に自分の小説が載るかもしれないという一種の〈お祭り〉に参加するためである。
僕は本名で今まで60件弱の「書評」を投稿してきた。しかし、先日送った啄木の歌集についての「書評」などあまりにも自分について書きすぎていて、これ以上同じことを追究していくと、家族や周りの人に迷惑がかかるかもしれない、と思うようになった。
というわけで、「石曽根康一」名義で「書評」を投稿するのはこれで最後にしようと思う。
次、送るときは、ちゃんとしたニックネームを考えて、送りたい。
僕はあまりにも自分をさらけ出しすぎた。それは僕の望むところではない。
では、さようなら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/01 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/27 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/21 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/26 04:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/19 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/18 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/18 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/17 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/23 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。