サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~11/26

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/03/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790034-2
一般書

電子書籍

ディアスポラ

著者 勝谷誠彦 (著)

“事故”により日本列島が居住不能となり、日本人は世界中の国々に設けられた難民キャンプで暮らすことを余儀なくされた。チベットのラサから2000キロ離れたここ、メンシイにも日...

もっと見る

ディアスポラ

税込 591 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.8MB 無制限
Android EPUB 5.8MB 無制限
Win EPUB 5.8MB 無制限
Mac EPUB 5.8MB 無制限

ディアスポラ (文春文庫)

税込 715 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“事故”により日本列島が居住不能となり、日本人は世界中の国々に設けられた難民キャンプで暮らすことを余儀なくされた。チベットのラサから2000キロ離れたここ、メンシイにも日本人の難民キャンプがある。国連職員としてキャンプを訪れた“私”の目に映ったのは、情報から隔絶され、将来への希望も見いだせないまま、懸命に「日本人として」生きようとする人々の姿だった――。3・11に先駆けること10年、破滅的な原発事故で国土を失った日本人を描き、日本人のアイデンティティを追究した予言的傑作「ディアスポラ」をはじめ2篇を収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新年早々暗い気持ち…

2019/01/11 13:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

年末に八重洲ブックセンターに行ったら「勝谷誠彦追悼コーナー」があったので買ってしまった。「解説」で百田尚樹氏が書いているように純文学の名作だ。読んでいて本当に気持ちが暗くなる。たぶん東海村の事故(バケツで核物質を混ぜたら臨海しちゃったという笑い話。笑い話でも現場の人は悲惨な死に方をした。)に触発されての作品と思うが,多くの人(いわゆるエリートね。現場にはいかない人たち)が笑い話にしていた中で,これだけの作品を紡ぎ出していたとは知らなかった。ほんとうに惜しい人を亡くしてしまった。そして現在,フクシマ(カタカナで書くとあのこととわかるらしい)を経験したわれわれにはより切実に感じられるはずだ。だから読んでいてすごく落ち込んでしまった(株価が下がって大損していることもありますが…)。しかし百田尚樹氏が指摘しているように読んで楽しい本ではないので「本屋大賞」は取れない。彼が指摘していないことを更に言ってしまえば芥川賞も取れない。だって名作なんだもの。読者を感動させるような作品は,つまらない小説ばかり書いている選者の嫉妬心をあおるだけ。だから途中で投げ出したくなるような作品しか芥川賞は取れない。英訳されたらノーベル賞は取れるかも。日本が無くなる話なら白人は大喜びでしょう。でも死んじゃったらもらえないか…。やはりなんとしても長生きをしなければなりませんね。合掌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本を大切の実感の仕方がわかる本

2017/07/30 08:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさぎさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本における諸外国からの脅威を事実で表すと多くの説があり、解説が難しい。
本書は小説だ。だから、一方的に、ストーリーがつくられている。つまり、日本にこんな脅威があったとしたら、どうなるだろうと問題提起している。まったくの現実にないことではない。だからといって、大げさに書かれている。大げさに表現されることで、危機感を感じることができる。これぐらいの刺激剤がないと考えることをしない。日本を大切にしようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/07 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/06 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/28 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/09 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。