サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:予約キャンペーン(0515-31)

春を背負って(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/03/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790047-2
一般書

電子書籍

春を背負って

著者 笹本稜平 (著)

主人公の長嶺亨は大学院卒業後、サラリーマンをしていたが、父親の訃報をきっかけに奥秩父の山小屋を継ぐことになった。そんな亨をサポートしているのが「ゴロさん」。父親の大学の後...

もっと見る

春を背負って

税込 630 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.9MB 無制限
Android EPUB 5.9MB 無制限
Win EPUB 5.9MB 無制限
Mac EPUB 5.9MB 無制限

春を背負って (文春文庫)

税込 637 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主人公の長嶺亨は大学院卒業後、サラリーマンをしていたが、父親の訃報をきっかけに奥秩父の山小屋を継ぐことになった。そんな亨をサポートしているのが「ゴロさん」。父親の大学の後輩で、ひょんなことからホームレス生活をしていたが、亨の父親と再会。父親の死後は亨を手伝い始めた。ある日、年配の刑事がゴロさんそっくりの指名手配のチラシを持って亨の家にやってきた。あまりにも謎に包まれたゴロさんの過去。亨の心にうまれた疑いの灯――。奥秩父の山小屋を舞台に、山を訪れる人々が抱える人生の傷と再生を描く、感動の山岳ヒューマン小説。監督・木村大作、主演・松山ケンイチで感動の映画化!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

最高でした!

2014/04/07 18:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tiillnoma - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに良い小説に巡り合いました。
登場人物、ストーリー、情景描写、どれもが素晴らしい。
今すぐ続編が読みたくなりますよ。(出るのかな?)
映画も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山が教えてくれる、命と生き方。

2014/05/28 07:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの笹本作品とは、少しテイストの違う本作品。これまで氏の山岳作品と言えば、山のスーパーヒーローのような男たちが、エベレストやK2のような世界に冠たる山脈に挑む、ハラハラドキドキの冒険活劇!といった感じでしたが。それらの作品と同じものを求めてこの作品に入っていくと、ちょっと拍子抜けするかもしれない。物語の舞台は秩父。決して高いとは言えない2千m級の山にある、とある山小屋。そこで父の遺志を継ぎ、山小屋経営を始めた男の物語だ。
当初は一人でどう経営を成り立たせて良いのか困難を極めていた主人公。直に「お父さんに世話になった」という理由でゴロさんという山のプロが協力してくれる。さらに物語のヒロインとも言うべき美由紀が参加するようになるのだが。二人とも、決して楽な人生を送ってきたわけではなかった。形は違えど二人とも、物語中で一度は命を落としかける。それも山の危険で、ではなく「人が生きる事の因果」とでもいえる理由で。
そうこの物語が教えてくれるのは、人生色々、生き方も色々。そして命の大事さ。うーん、こう書くと一気に陳腐な雰囲気になってくるが、それを自然と山が教えてくれるとでも言うべきか、もちろん決して陳腐な物語では無いのでご期待を。
冒険活劇では山の厳しさしか感じられないが、「ああ、山に行ってみたいなぁ」と思わせる一作。これからの時期にも、とても良い一冊と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこり

2015/03/25 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坦々麺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

笹本氏の冒険・謀略小説にあるハラハラドキドキ感はないものの、とても引き込まれる内容だったと思う。秩父という比較的マイナーなロケーションにもかかわらず、山の魅力が十分伝わってきた。山という美化しがちな場所に来る人は全てが善人ではなく、悪人もいることが(あたりまえだが)新鮮に感じ、山小屋で働く人の苦悩が解った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

H26.3.30読了

2014/04/09 16:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹匠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山小屋を舞台にした連作短編集。同じ趣味を持つので想像以上の面白さ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/06 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/06 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/10 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/23 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/02 05:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/05 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/24 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/25 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 05:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。