サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 182件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/04/11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-103406-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

黒い雨(新潮文庫)

著者 井伏鱒二

一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島――罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、“黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕...

もっと見る

黒い雨(新潮文庫)

税込 737 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.7MB
Android EPUB 4.7MB
Win EPUB 4.7MB
Mac EPUB 4.7MB

黒い雨 改版 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島――罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、“黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日常を、無言のいたわりで包みながら、悲劇の実相を人間性の問題として鮮やかに描く。被爆という世紀の体験を、日常の暮らしの中に文学として定着させた記念碑的名作。野間文芸賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー182件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

日本人必読の書

2003/09/08 05:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はけの道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が、広島に原爆が落とされた…というのを耳にしたのは、国民学校2年生、空襲警報のサイレンが鳴り、隣組の子供たちが集まり挙って近くの空き地の防空壕に避難した時であった。誰か大人の人が「広島にエライ新型爆弾が投下され、一瞬目が眩む光りが空を覆ったそうな…さっき、ラジオで、そういっとった」。確かにこの耳にその言葉だけが残っている。あれから、もう半世紀以上。読もう、読もうと思っていた「黒い雨」をやっと、読み上げた。哀しい、実に悲惨だ。この小説は、最近、ようやっと出版された実録「重松日記」を下敷きにして、井伏鱒二が作品として纏め上げた物だそうだ。こちらの方も少し、目を通して見たが、実録だけにもっとその被爆状態、又風景が生々しく、哀れだ。井伏作品も、唯、淡々と筆が運ばれていくのだが…読者にとってはもの凄い「戦争」「核兵器」への「怒り」が込み上げて来る。最終ページに来て、やっと読者はある安らぎを覚える。
きおらかな小川の流れに逆らってあの黒い雨を潜り抜け登って来た、鰻の毛子(うこ)達。元気良くはなめを養魚池の水面に「ジュンサイ」。そして原爆症の姪の快復を五彩の虹に占う主人公の朴訥とした姿などに、なぜかホッとした物を感じさせる。これは、口に苦い良薬である。是非若い人たち、全日本人に読んで貰って、人類の平和、幸福について考えて頂きたい書物である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

確かにあった忘れてはいけないこと

2015/09/29 14:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から読みたかったので、読んで良かったです。
とても影響されました。実は読んでから広島に行ってきました。
本に登場する場所をすべて歩いてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでおくべき本

2021/11/27 08:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

長年存在は知りつつも楽しい話でないことはわかっていたので敬遠していた本。被爆した姪の結婚が被爆を理由として中々まとまらず、縁談をまとめるために被爆日記を清書する男性の話。清書している時点と原爆が投下された前後が織り交ぜて語られているため、原爆投下当時の話ばかりを連続して読まされることがなく思っていたより冷静に読めました。こんなひどい状態から現在の状態まで復活した広島は本当にすごい。悲惨な状況下でも他者のために心を尽くして動いた人がいたことも、非常時でも駅や病院で人々が列を作って順番を待っていたことも、日本人は捨てたもんじゃないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒い雨

2021/10/10 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雄ヤギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆投下時やその直後に広島市内にいた夫婦と姪の物語。戦後、健康診断を受けて以上なしと診断されていた姪だが、被爆したという噂を立てられて縁談が次々に破談となる。
ある縁談に際して、仲人から被爆していない証拠に、原爆投下前後の日記があれば見たいと言われ、姪の日記と夫の日記を浄書する。その日記の内容が物語の本体となる。
原爆の惨状もさることながら、同じ広島でありながら戦後の対応がひどすぎないか、と感じる。原爆症の人に対して昼間から釣りをして「いいご身分ですね」というなど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原爆とは

2019/01/31 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「広島や長崎が原爆されたことを忘れとる。みんなが忘れとる。あのときの焦熱地獄ーあれを忘れて、何がこのごろ、あの原爆大会じゃ。あのお祭騒ぎが、わしゃあ情けない」被爆者のひとり、庄吉さんの叫びが心に痛切に響いた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原爆の悲惨さがよく描かれている

2015/08/23 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆被害の悲惨さがよく描かれている。原爆というものがどれだけ非人間的なものなのかがよくわかる。日本人として一度は読んでおくべきだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜか前向きになれる本

2015/12/18 11:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アトレーユ - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読。井伏の人物の描き方が好き。井伏は【ユーモラスな描き方】と言われるがこの作品では重いテーマを扱っている。戦争の最前線ではなく、最後方の戦時の生活。それを、市井の人たちを中心に据えることで、身近に感じさせる。これの前に読んだ『俘虜記』は実際に敵兵と対峙する前線だから、恐ろしいけど“自分にはありえない場面”…という対岸の火事な気持ちが、心のどこかで持ってしまう。良し悪しの問題ではない。同じ戦争でも場所によって、立場によって、人の(登場人物の)見え方や感じ方が違い、この読み比べが、とても興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繰り返し読みたい

2017/10/23 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆投下という重たいテーマだったけれど、読みごたえがありました。何度も読んで理解を深め、被爆地に足を運んで自分の目で確かめたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗い内容なので覚悟して読んでください

2016/04/11 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

みなさん知っているでしょうが、原爆に関する本です。

はだしのゲンのようなマンガではないので、ひどい描写はないですが、やっぱりあまり楽しい内容ではないです。

ただし、かなりの傑作だと思います。読んで損はないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/13 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/07 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/25 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/31 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/07 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。