サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/04/04
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790055-7
一般書

電子書籍

銀座ママの心得

著者 林真理子 (著)

「こんなことがあっていいの…」被災地の光景に涙してばかりはいられない。精力的なボランティア活動をするイケメン青年たち、人生経験を生かして東北の未来作りに奔走する仲間に触発...

もっと見る

銀座ママの心得

税込 550 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.5MB
Android EPUB 5.5MB
Win EPUB 5.5MB
Mac EPUB 5.5MB

銀座ママの心得 (文春文庫)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「こんなことがあっていいの…」被災地の光景に涙してばかりはいられない。精力的なボランティア活動をするイケメン青年たち、人生経験を生かして東北の未来作りに奔走する仲間に触発され、超オリジナル支援策「銀座のママプロジェクト」を立ち上げる。髪を高く結い上げて、さあ超高級クラブにご出勤! 「週刊文春」人気連載、激動の一年!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2011年はどのような年でしたか?

2014/06/07 09:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、週刊文春連載中のエッセイ1年分を文庫化したもので、本巻は2011年(平成23年)分です。
 林氏のエッセイを読むのは、「野心のすすめ」以来の2冊目です。「野心のすすめ」と比較すると、軽妙な語り口で押しつけがましくなく、一つの話題が5ページ程度ですので、サッと読むことができました。
 内容は、時の話題を盛り込みながら、林氏の日常を切り取ってエッセイに仕上げています。ネタ探しを含め相当大変だと思いますが、本エッセイは、2011年の時点で連載を始めて25年間が経過したとのこと。感服しました。
 一方で林氏の日常は、当然のことではありますが、庶民から見ると浮世離れしていて、いかにも人生を謳歌しているなあと思われる姿は、何とも羨ましい限りです。また、かなりのミーハーというか、大衆迎合的で、そういった点も長期連載を可能としているところでしょう。
 好き嫌いはあろうかと思いますが、私は共感を覚える箇所(常に上から目線の小倉キャスター評や全くつまらない男のビッグダディ評等)もあったりして、楽しく読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“あの日のそのあと”風雲録 だったとは。

2014/05/27 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BeNe - この投稿者のレビュー一覧を見る

1頁目を読み始めて「???」。既に読んだ「“あの日のそのあと”風雲録」が改題された文庫でした。「銀座ママ」体験部分だけをスピンアウトして書かれたエッセイだと思っていたのですごくがっかりしました。でも「“あの日のそのあと”風雲録」を読んでいない人には林真理子さんの目を通して描かれた何気ない日常が楽しく綴られたテンポよく読めるエッセイだと思います。本は本屋さんでかうべきかなーと少し思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/05 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。