サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 文藝春秋
  6. 文春新書
  7. 侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/04/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-660954-3
一般書

電子書籍

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか

著者 呉善花 (著)

目下、最悪の事態に立ち至っている日韓関係。かの国の徹底した「反日」は、日本では「日帝による植民地支配」が根本にあると考えられていますが、呉善花さんは「そうではない」と説き...

もっと見る

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか

税込 817 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか (文春新書)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目下、最悪の事態に立ち至っている日韓関係。かの国の徹底した「反日」は、日本では「日帝による植民地支配」が根本にあると考えられていますが、呉善花さんは「そうではない」と説きます。古く14世紀から、朝鮮半島では「日本人は侮辱に価する民族」と考えられてきたのだと。その起源は、中華帝国周辺の諸民族を「文明の遅れた野蛮で侵略的な夷族」と蔑視する、古代以来の「中華主義」にあります。朝鮮半島は長らく中華帝国の属国としてあり、最後の王朝である李氏朝鮮は、自らこそ中華主義を正しく継承する唯一の国であると誇ってきました。韓国の「侮日観」はこの李氏朝鮮時代500年の間に根付いたものなのです。
2013年7月、親族の結婚式に出席するためソウル・仁川空港に到着したものの入国を拒否された著者も、かつては反日少女でしたが、転じて日本に帰化しました。自らの体験を踏まえた独自の視点で、政治、経済、歴史、文化等、多角的に「侮日」文化を掘り下げる本書は、著者による反日韓国論の「総集編」といえます。

著者紹介

呉善花 (著)

略歴
1956年韓国生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。拓殖大学国際学部教授。98年、日本に帰化。「攘夷の韓国開国の日本」で第5回山本七平賞受賞。山本七平賞選考委員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「文民政府」による事後立法

2019/08/16 15:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

李朝に端を発するという花夷秩序、観朝軍事政権から「文民政府」を称する廬武鉉政権になって制定された「日帝強占下親日反民族行為真相糾明に関する特別法」に基づく言論弾圧など、前著でも取り上げられているが何度読んでも心寒くなる。日本人に向けられた野蛮で劣った民族という侮日観を知ると厭韓感情も当然、ということになるだろう。それでも最も近い外国だから適当に距離を置いて付き合う(裏切り前提で)ぐらいしかないのかなというのが正直な感想(個々人がどうこういう問題ではなく)。ともかくもっと隣国のことも日本自体の歴史も学ばないと・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして、日本は敗れる

2014/04/20 17:54

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のこれまで主張をまとめたような本であり、さして新味はないが、それでもなお、ハッとさせられる。韓国人が、文化、道義で日本人を劣った存在と見なしている根本がよくわかる。韓国の人たちにとっては、これは理屈ではないのだ。長い歴史の中でしみこんできた性といってもいい。
著者は軽く指摘しているが、17世紀初頭、満洲族が北東アジアにふたたび興隆、清帝国を打ち立てていく過程で、朝鮮王朝の人たちは、満洲族を見下しつづけている。満洲族の騎馬部隊に何度も国土を蹂躙され、国王が逃げ回る事態になってもだ。朝鮮半島は、数十年まえの豊臣軍の侵攻よりも危ない状況下にありつづけたが、朝鮮王朝は満洲族蔑視をやめなかった。満洲族と組んで、新たな東アジア世界を樹立する選択肢もあったはずなのに、その選択肢ははなから眼中にない。
結果、どうなったか。逆ギレした満洲族は朝鮮王朝を完全屈伏させ、屈辱を与えつづけた。彼らにとって苦い過去のはずだが、それは薬にはならず、忘れ去られているようだ。こもまた彼らの思い込みの強さであり、「見たいもの」しか見えない、見たくない性の表れだろう。
これに対して、日本人は事実を示し、合理的な手続きで韓国に理解を得よう、あるいは韓国人の意識を変えようとしている。でないと、韓国の反日世界宣伝にやられるいっぽうとなるのだが、敗れるのは日本のような気がする。
合理的でない、思い込みのほうが、理性による世界像の組み立てよりも勢いがあるうえ、強さを持続できるのだ。合理的な説得は、材料を挙げ尽くした時点で、勢いを失いやすい。日本人の説得は長続きせず、日本人の飽きっぽい性格が手伝うと、もう韓国を止められないだろう。相手は、北東アジア最強だった満洲族を見下しつづけた人たちなのだ。いくら日本が大国であろうと、そんなことおかまいなしだ。おそらく、韓国人にとって大国とは中原王朝のみなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/20 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/22 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/16 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/29 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/22 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/22 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/21 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/04 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。