サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

佃島ふたり書房(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/04/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-263012-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

佃島ふたり書房

著者 出久根達郎 (著)

佃の渡しが消えた東京五輪の年、男は佃島の古書店「ふたり書房」を立ち去った。大逆事件の明治末から高度成長で大変貌をとげる昭和39年まで移ろいゆく東京の下町を背景に庶民の哀歓...

もっと見る

佃島ふたり書房

税込 550 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

佃島ふたり書房 (講談社文庫)

税込 598 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

佃の渡しが消えた東京五輪の年、男は佃島の古書店「ふたり書房」を立ち去った。大逆事件の明治末から高度成長で大変貌をとげる昭和39年まで移ろいゆく東京の下町を背景に庶民の哀歓を描く感動長篇。生年月日がまったく同じ2人の少年が奉公先で知り合い、男の友情を育んでいく。第108回直木賞受賞作品。(講談社文庫)

目次

  • 第一章 雪ふる佃の渡し
  • 第二章 藤の花薫る
  • 第三章 その人は年上の庇髪
  • 第四章 鬼火あやしき黒い大川
  • 第五章 雪のした卒塔婆小町
  • 第六章 蛍の光佃の渡し
  • あとがき

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

この小説はとりこぼすことなかれ、もったいない!本から受けた感動に感謝した人が、本によってそのお返しをしようとした素晴らしい小説。第108回直木賞。

2001/07/26 11:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 味わいとしては、森田誠吾の『魚河岸ものがたり』、池波正太郎の株屋の丁稚時代のエッセイとよく似ている。
 つまり東京らしい東京と、そこに暮らす男の人が抱える苦悩や情熱が、信頼感のおける筆致で描かれている。

 人生の酸いも甘いもかみわけた、「野暮天の愛嬌をもった粋」なおじさんたちの書く世界に私は弱い。
 若い男の人じゃ、こうはいかない。こういうおじさんたちと、3時すぎからそば屋でたらたら飲みながら話を聞くのが最高だ。そんな気分にさせられる。

 直木賞を取った本だと知っていた。でも題名から、古本屋さんを営む夫婦者の交流みたいなものをイメージしていたが、全然ちがっていた。
 あらすじは語ってしまえば簡単である。

 幸徳秋水らが処刑されることになった大逆事件のあった明治末ごろ、古書の世界に入ったふたりの少年が奉公先で知り合った。何と生年月日がまったく同じ。どうやら命名の由来も、その日にあった出来事にちなんでいるらしい。
 主人公の郡司は物覚えがはやくて、はすっこい。目も利いていて飲む打つ買うの遊びにもたけている。もう一方の六司は温厚な性格で、ヤマっ気がない。野暮天である。
 だが、ふたりは気が合う。助け合いながら古本の商いを知るうち、いつか二人で店を持ちたいと夢を持つ。

 古書が取引される市場でやり手と一目置かれるダクばあさんの佃島の店「ふたり書房」に、縁ができる。ばあさんの助けで店を開くための資金を稼いでいたふたりには、ばあさんの姪の千加子をめぐって切ないものが流れる。やがて父親がふたりのうちどちらでもない女の子を千加子が産む。澄子と名づけられる。

 物語は、ふたつの時代に橋を架けながら展開していく。
 奉公時代のふたりが大逆事件に縁をもった明治の末から時系列に流れる物語。そして、千加子が死の床に伏せ、娘の澄子が継ぐことになった「ふたり書房」と郡司が絡む昭和30年代後半。
 波乱の人生を送った郡司の昔と今が交錯するところに、実にさまざまなものが描かれている。

 佃島という土地の幕府に対する位置などの歴史、渡しや祭り神輿の独特な文化、皇居とともに大震災で焼けずに残ったときの賑わいなど。古書業という不思議な商売の世界。投機的な要素と、日本の教養を支える異なる面の描写。本というものの価値。
 男にとってのけじめ、それを体に残そうという彫り物の世界。複雑な出生に左右される人の哀しみ、やるせない男女間の愛のもつれ。世代を超えた友情や信頼。左翼思想の目ざしたものと行き着いたところ。高度成長による町の変貌と人心の変貌。
 よくぞこれまで多くの要素をからめとり、物語に織ったと驚いてしまう。そして何よりも強く感銘を受けるのは、書き手の情の深さ。人に対するそれと本に対するそれ。
 本のために神さまがこの作家に古書店を営ませ、本を読ませ、本を書かせたのだということがよくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/13 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/19 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/17 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/09 06:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/31 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/23 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/27 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/13 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。